スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

時系列一覧(六日目)



■一日目を読む
■二日目を読む
■三日目を読む
■四日目を読む
■五日目を読む
■六日目を読む
■七日目を読む



■六日目




■一日目を読む
■二日目を読む
■三日目を読む
■四日目を読む
■五日目を読む
■六日目を読む
■七日目を読む


書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

時系列一覧(五日目)



■一日目を読む
■二日目を読む
■三日目を読む
■四日目を読む
■五日目を読む
■六日目を読む
■七日目を読む



■五日目




■一日目を読む
■二日目を読む
■三日目を読む
■四日目を読む
■五日目を読む
■六日目を読む
■七日目を読む


書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

時系列一覧(四日目)



■一日目を読む
■二日目を読む
■三日目を読む
■四日目を読む
■五日目を読む
■六日目を読む
■七日目を読む



■四日目




■一日目を読む
■二日目を読む
■三日目を読む
■四日目を読む
■五日目を読む
■六日目を読む
■七日目を読む


書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

時系列一覧(三日目)



■一日目を読む
■二日目を読む
■三日目を読む
■四日目を読む
■五日目を読む
■六日目を読む
■七日目を読む



■三日目




■一日目を読む
■二日目を読む
■三日目を読む
■四日目を読む
■五日目を読む
■六日目を読む
■七日目を読む


書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

時系列一覧(二日目)



■一日目を読む
■二日目を読む
■三日目を読む
■四日目を読む
■五日目を読む
■六日目を読む
■七日目を読む



■二日目




■一日目を読む
■二日目を読む
■三日目を読む
■四日目を読む
■五日目を読む
■六日目を読む
■七日目を読む


書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

時系列一覧(一日目)



■一日目を読む
■二日目を読む
■三日目を読む
■四日目を読む
■五日目を読む
■六日目を読む
■七日目を読む



■一日目




■一日目を読む
■二日目を読む
■三日目を読む
■四日目を読む
■五日目を読む
■六日目を読む
■七日目を読む


書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

六日目:蜜編 現在 84話

「もしもし、蜜クン!?」

普段より少しだけ温度の上がった声が、受話器から聴こえた。数分前まで唄っていた、透明な声。多少興奮気味ではあるけれど、緊急事態が発生したような声ではない。僕は小さく笑いながら、その声の主に応えた。「うん、お疲れ様、何処にいる?」
「何処にいる、じゃないよ! 勝手に途中でいなくなっちゃってさ!」
「ごめん、ごめん、ちゃんと歌は聴いてたよ」
階段から立ち上がる。多分、彼女は反対方向の裏路地を歩いているのだろう。受話器から商店街の雑音が聞こえる。追いかけるように歩き始める。「本当に? ちゃんと聴いてた?」
「聴いてたよ、だって何処にいたって聴こえたよ、君の歌」
「そう、だったら良かったけど」
怒ったような声で、だけれど彼女は呆れたように笑った。とても自然な笑い方だった。
円状の広場を周回するように歩くと、彼女が歩いているであろう裏路地が見えた。飲み屋通りが見える。受話器の向こう側で、彼女は歩き続けているようだった。心配しなくても行先ならば知っている。ヒトツしかない。「家に向かって歩いてる?」。僕が問うと、彼女は笑った。

「うん、家に向かって歩いてる」


【M線上のアリア】 現在/84


彼女の声は疲れてはいたけれど、想像していた様子とは違っていた。白化が完成し、限界が致死量を越えたのならば、これほど元気に歩ける筈が無い。裏路地の両脇では居酒屋の提灯が揺れている。何処かの店からは音痴なカラオケの歌声。一直線の小さな通り道。

「……もしかして、全てを思い出した?」
「うん、思い出したよ」

体調の異変はそのせいか? と問おうとして、僕は言葉を飲み込んだ。異変など無いかもしれない。単に我慢しているだけかもしれないし、もしかしたら次の瞬間、彼女は倒れてしまうかもしれない。ならば今、話すべき事は、そんな事ではなくて。気持ちを、感情を、心を。今、誰かに伝えようとせずに、何時ならば伝えられるんだろうな。「ミクコはさ……」

「ん、何?」
「君はさ、永遠に生きたいと思う?」

受話器の向こう側で数秒、彼女は黙っていた。そもそもの原点。彼女が部屋を出て行った理由。全てが消えてしまう不安だとか、全てを失くしてしまう不安。それでも僕等は何かを積み上げ、新たに取り戻し、それを何処かに繋げようとしている。何処に?

「未来に……」
「え?」
「未来にね、進みたいと願う気持ちってね、永遠を望むからよね」
「うん」
「だけれど、もしも永遠が手に入ったら、今度は過去を望んじゃうかもしれないね」

飲み屋通りを抜けると小さな車道に出た。コンビニエンス・ストアが見え、遠くにはファミリー・レストランの看板が見えた。他の店はシャッターを下している。雑音は小さくなり、耳元からは彼女の声だけが聴こえた。今、僕の耳元には、彼女の澄んだ声しか届かなかった。

「例えば、初恋のね、記憶を取り戻したとして……」
「うん」
「過去を大切に出来ない人が、現在を大切に出来る訳が無いと思わない?」
「うん」
「だとしたら現在を大切に出来ない人が、未来を大切に出来る訳も無いんだよね」

そこまで言うと、彼女は笑った。愉快そうに笑った。
吐き捨てるのではなく、受け入れるように、とても満足そうに笑った。
「だから永遠なんて望まない。過去や、現在や、未来の価値が無くなっちゃうから」
彼女が歩く度に、肩に担いだギター・ケースが重そうに揺れる音が聴こえてきた。多分、白化は完成して、彼女の記憶が戻ったのならば、契約破棄の原因になった三男との記憶も、既に戻っているはずだった。だけれど彼女は変わらず、全ての事象が驚く程に変わってしまった現在の上で、尚、変わらず、真白な髪と、真白な肌と、真赤な目のままで、笑っていた。

「ねぇ、蜜クン、君は何の為に生きてる?」

不意に、ミクコが、訊いた。
コンビニエンス・ストアを通り過ぎると交差点が見え、右に曲がると小さな背中が見えた。
ギター・ケースを担いだ後姿。受話器を耳に当てたまま、僕は小さく笑った。「そうだな、」
「何?」
「少なくとも今は、君に会う為に生きてる」

何も気付いていない彼女の背中を眺めながら、僕は言った。
彼女は少しの無言の後で、何も言わずにクスクスと笑いながら、夜空を眺めていた。
過去を受け入れる? 随分と難しい話だ。現在さえ不安定なのに、未来を信じる事も。

何かを失い、悔い、悩み、それでも乗り越えてきた何か。
乗り越えた事さえ忘れてしまった何か。ミクコは何を思い出したのだろう?
解らないけれど、解らなくても良い。呆れる事は沢山あるし、諦めてしまう事も沢山ある。
それでも生きる事に飽きてはいけない。そして最後には死んでいく。

「それは良い理由だね」

それを、僕は受け入れたい。受け止めて、次の世代に受け渡したい。
信号が赤になり、彼女は立ち止まった。僕は歩くのを止めず、彼女に近付いていく。
背中はドンドン近くなる。ゲター・ケースを担いだ小さな背中が、ゆっくりと目の前に近付く。
ゆっくりと目の前に。ゆっくりと目の前に。もうすぐそこに。もうすぐそこに。

「お待たせ」

手を繋ぐ。
驚いた表情で、彼女が僕を見上げる。
瞬間、笑う。

「意外と早かったね」
「意外とね」

過去から記憶を繋いで現在へ。
現在から記憶を繋いで未来へ。

今、ミクコは笑っている。

「何? 何がそんなに可笑しいの?」
「ううん、ちょっとね、あのね、思い出し笑い」

信号が青に変わった。
なので僕等は手を繋ぎ、再び歩き始めた。
道の途中で、とても腹が減っている事に、僕は気が付いた。

ああ、腹が減ったな。

家に着いたら、彼女と一緒にスープを作ろう。

手間隙かけた、世界が素晴らしく思えちゃうような、温かいスープだ。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

六日目:サク編 26話

 ゆらゆらと景色がたゆたう。
 薄闇に霧が混じったような白。それは僕の意識が曖昧なせいだからなのかもしれない。酒に酔ったような気持ちだ。どこかに横になっている。こんな状況なのに、とても気分がいい。船に乗っているように、景色がゆれていた。夢の中にいるかのようでもあった。白夜をまだ体験したことはないけれど、このような色なのかもしれない。景色が揺れて、いい匂いがした。首を横に傾けると、そこが大学であることを知った。首を絞められ死んではいないらしい。そのまま僕は倒れたのだろう。油断すると、またすぐに意識を失ってしまいそうだった。その白い靄の向こうに、花が見えた。何だろう、と思う。桜並木だが、もちろん桜ではない。桜並木の土を覆うように、びっしりとそれは咲き誇っていた。
「秋桜、綺麗ね。サクちゃん」
「あ……」
 声を聞いた。その白い薄闇の中で、何だかとても懐かしい声を聞いた。女の子だった。大学の正門を入った桜並木の中央で、僕はその女の子に膝枕をされているのだ。誰……? 側にギターケースがある。やっぱり僕はまだ夢の中にいるのだろうか。何だか泣きたいくらいホッとする声だった。ずっと、この距離で聞くのことを求めていたような声だった。「ああ――」顔が見えた。その瞬間、僕は涙が出た。なぜだろう。なぜ彼女がこんなところにいるんだろう。みっこだった。同じ大学にいるのは知っていた。何で彼女がここで、僕を膝枕してくれているのだろう。悪魔。最期の代償は何だったろう。思い出せない。悪魔に関する記憶自体が、なぜか薄い。もう、あいつを呼ぶこともないだろう。
 みっこ。
 中学の時の同級生。
 ただ、それだけの人で、高校で別れた。
 でも、彼女の姿を見て涙が止まらなかった。
 次から次へと、涙が横へ流れた。
 みっこの顔が白い靄と、涙で滲んだ。
 ――不完全。
 僕はなぜか、その言葉を思う。
 秋桜? 確かに僕は種を撒いたが、こんな数になるわけがない。
 一つの奇跡を見ているようだった。
 よく意味が分からないことばかりだが、あまり健全な状態とは言えない。僕はみっこから離れようと、体を動かしてみた。しかし、まるで神経が麻痺してしまったかのように上半身が起きない。足も動かせなかった。体が言うことを利かないのだ。「ご、ごめん」僕はなぜか謝りながら泣いた。何で涙が出てくるんだ。手で何度も涙を拭ったが、それは止まらない。そのうち嗚咽さえ、口からあふれ出してきた。意味が分からない。
「無理しないで。サクちゃん。そういうときって動けないから」
「……そういうとき?」
「うん。時間が経てば、動けるようになるよ」
「みっこ。何か久しぶりだけど……何でこんなところにいるの?」
「サクちゃん……」
「あれ? ごめん、何で泣くの?」
「サクちゃんもだよ……」
「うん、ごめん。何でだろう。僕にも分からないんだ」
「ごめんね……サクちゃん……ごめんなさい」
「何で謝るの? あれ? さっきまでライブが――」
「サクちゃん、今まで戦っていてくれたのね? そんなに、心をボロボロにして戦っていてくれたのね?」
「……え?」
「本当に、ありがとう。サクちゃん。良かった。思い出せて。こんな綺麗な気持ちを思い出せて良かった」
 良かった。
 その言葉が、僕の心の奥の何かを揺らした。その言葉に反応して、僕はなぜか全て救われたような気持ちになった。嗚咽は勢いを増し、みっこが僕の髪の中に手を差し入れてくれた。良かった。何なんだろう。何でこんなことになっているのだろう。意味が分からない。でも、良かったって思ってくれて、僕は良かったと思ってる。
 僕は何かを失っている。
 それが分からない。
 いつものことだった。
 でも、悲しみだけじゃない。
 なぜか酷く悲しむ一方で、僕は救われたと思ってる。
「みっこ――。ごめん……。何でだろ、涙が止まらない、ごめん」
「サクちゃん、今ね、私、好きなものが一杯出来たの」
「……うん」
「変化は悪いことなのかな?」
「ううん。違うよ。きっと……違ったんだ」
 僕は答えた。なぜかそれは実感を伴って答えることが出来た。今まで長い間受け入れることの出来なかったものを、小さな子供に言い聞かせるように言葉を選んだ。自分の言葉が自分に染み渡る。これを得るまでに、長い時間がかかったように思う。
「きっと違う。そういうことじゃないんだ。きっとさ、魂のような、変化とか不変とかを超えた、大切なものが奥に必ずあるんだ。変化が悪いなんていうのは、その魂が、その時たまたま着ている服を見て、難癖をつけているだけなんだよ」
 僕は言い終わって、うん、と自分で頷いたあとみっこの顔を見た。
 その顔は白く、病的で、髪型も変だ。でもとても生きる力に溢れていた。中学のとき見たみっこのままだった。それが僕にとって、なぜか凄く嬉しくて、無意識に手を伸ばして、みっこの頬に触れた。さらさらとした、柔らかい感触だった。近くに唇があった。いつか、こうして触れたことがある、と思った。でも、そんなことはありえない。でも、きっと、僕は今、魂に触れている。
「みっこ。僕は大丈夫。もう行くんでしょう?」
「うん、すぐ行かなきゃ」
 みっこが僕の頭を優しく下ろすと、立ち上がった。「本当に大丈夫?」心配そうな顔が僕を覗き込む。
「大丈夫だよ」と僕は幾分動くようになってきた体を、虫のように起こしながら言った。
 みっこは僕が起き上がる姿を見ると、少し安心したようにギターケースを持ち上げた。
 みっこは昔から優しかった。
 僕は座り込んで、みっこの顔を見上げた。
 行ってしまう。
 みっこが行ってしまう。
 心が締め付けられるような気持ちを感じた。
 何だろう。
 引き止めたいような気持ちに似ている。
 でも、なぜなのか僕には分からない。
「みっこ、どこに行くの?」
「家に帰るの」
 そう言って、例の悪魔的で、魅力的な笑顔を見せた。
 ああ――。
 何かを思い出せそうな気がした。
 いや、違う。
 新しい何かを、作れそうな気がした。
 記憶の中に。
 もう、失うことのないものを。
「みっこ」
 僕は呼びかけた。
 決定的な何かを告げるために。
 今まで大切にしていた何かに、決定的に終止符を打つために。
「さよなら」
 みっこは僕の顔をじっと見つめていた。
 それから悲しそうで、でも嬉しそうな複雑な表情をした。
「うん、さよなら」
 みっこは歩き始めた。僕はその後姿を見ていた。ずいぶんと長い間、その後姿を見ていた。脆く儚げで、でも、力強い。僕も歩き始めなければ。ふらふらと立ち上がると、僕は横に向かって歩き始めた。コスモスの方へ。でも、みっこから目を離さなかった。最後の最後まで、その姿を目に収めておきたいと、僕のどこかが願っていた。僕は、どこからきているのか分からないその感情を信じて、中学の同級生を見ていた。
 みっこが、振り返る。
 そして、手を振って笑った。
「またね!」
 僕も手を振って、それに応えた。
 やがて、その姿が薄い闇に消えた。
 僕は見えなくなった瞬間に、長い瞬きをした。
 心のどこかで、氷の割れるような音が響いた。
 目を開けて、もう少しだけ歩くと、そこにはやはりコスモスが咲き乱れていた。僕はそのコスモスを踏まないように震える足で慎重に歩くと、一本の桜の下に腰掛けた。うろんげに上を見る。枯れたような枝の向こうに、月が見えた。こんな景色を見た気がした。何が何だか、もう分からない。記憶が整理されていない。たぶん、もう一度寝れば、少しはマシになるだろう。
 目の前のコスモスを見た。
 白やピンクに彩られて、炎が燃えているようだった。それは、とても優しい炎だった。静かで綺麗な花。花言葉は、純潔、真心、調和。よくそんなことを考えたものだ。確かに、花それぞれが、小さくそんなことを呟いているかのように見える。「負けたサービスのつもりか?」僕は呟いた。そんなわけはない、と思いながら。かつて暴虐な劫火を見たことを思い出した。何かを失うことを思った。でも、失ったものはなんだったろう。まだ生きている。魂がここにある。きっとそれらが、どこからか希望を見出して、また進まなきゃならないんだ。ゆらりと景色が揺らいだ。ただ今は、少し疲れた。もう少し、ここで休んでいこう。
 涙の残滓を、僕は手で拭った。
 みっこの歌を思い出して、口ずさんだ。

「きっとどこかに種撒いたなら」
「いつか涙を降らせた心開き」
「桜の花が季節を外れて輝いて咲く」
「ちゃんと過ごしてきた日々が」
「痛いくらい優しく生き続けるよ」
「きっとどこかで笑ってる」
「君と同じ世界を生きていく」

 でも、やっぱりどこか寂しい。
 やっぱり、どうしても寂しさは感じてしまうよ。
 僕は膝を抱えて、もう一度空を見た。
 月が冷め冷めと僕を照らしていた。
 どこかで見た月だった。
 現実には、毎日見ている。
 目が覚めれば、少しはマシになるだろう。
 失った記憶も整理されることだろう。
 また生き続けるために。
 強かに紡ぎ続ける。
 僕の記憶の物語。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

六日目:サク編 25話

 記憶が、音を立てて変えられていく。
 その音がどこから来ているのか、初め僕は分からなかった。呻くような、すすり泣くような音だ。地震のように視界が揺れている。しばらくして、気づくことが出来た。視界が揺れているのではなく、僕の体が立っていられないほど揺れているのだ。この音は僕の喉から出ている。僕が泣いている音なのだ。この頬に感じる気持ち悪さは、涙を流しているからなのだ。僕が子供のように泣いている。声を出して泣いている。留めようがない。失っていくものと、失っていたものを同時に感じることが出来る。今までになく、膨大な記憶の消去と書き込みが同時に行われている。その過程で僕は、僕に起こった事実を知った。知ることが出来た、というのが正しい。まるで僕という人生の映画を見ているかのようだった。大きくフィルムの欠けている映画だ。所々の事実だけを映している。悪魔に渡したいくつかの記憶を見た。僕はそれがあったということすら忘れていた。何て凶悪な力なのだろう。何か失わせたという記憶さえ失わせるなんて。
 みっこ。
 みっこもこういうのを味わったんだ。
 僕が捧げたものは、みっこへの恋心。
 みっこが僕に捧げてくれたものは、僕への恋心。
 何でそんなすれ違ってしまったのだろう。
 結果的に、それをただトレードするだけになってしまった。
 二つあったものが一つになってしまった。
 でも、僕は生きている。
 みっこも生きている。
 僕らは、たまたま偶然、生きていくために膨大な代償が必要になってしまったのだ。それを失わざるを得ない状況に、たまたまなってしまった。人が生きていくために、自然と失っていくものよりも遥かに大きいものが必要だった。そうしなければ、二人とも死んでしまっていたから。少なくとも、みっこの願いはそう。生きていくために必要だった。なら僕の願いは? 正解はもう分からない。僕は間違っていたのだろうか。それはもう分からない。僕もあの時点で、ああしなければ生きていけないと思った。そうすることが、それから先の未来を生きていく方法だと思った。本質的に、みっこの願いと変わりはないと思う。
 取り戻したかった。
 ただ取り戻したかったんだ。
 みっこが大切に思ってくれた、僕への恋心。
 それを取り戻してあげたかった。自分のエゴだと言ってしまえばそうかもしれない。でも、みっこに見せ付けたかった。ほら、こんな綺麗なものが、みっこの中にはあったんだよって。こういう経験を僕らは共有したんだよって。それを一方的に失わされたから、僕は取り戻したかった。
 僕は泣いた。
 みっこへの恋心。
 それを片っ端から失っていくから。
 対照的に、悪魔は哄笑を続けていた。
 もう僕から手を離し、両手を広げ、空を仰いでいた。
「旨い! ここまで旨い記憶は久しいぞ!」
「……ばかやろう」
 僕は力なく、悪魔の胸倉を掴んだ。悪魔の方が背が高い。僕は黒いワイシャツをクシャと掴みながら、悪魔の目を見た。何も映さない目。全てを飲み込むだけの目。反射しない目。奪う目。憎しみを込めて胸倉を掴んだはずだったのに、立っているのも苦しくて、僕の体はゆらゆらと揺れた。
 でも、今、一つだけ、こいつに一矢報いることが出来る。
 それを思いついた。
 ここでやっと、こいつに敗北感というものを味あわせてやれる。
 それにきっと、何の意味もない。
 でも、敗北を心に刻んで、僕から去ればいい。
 みっこと僕を好き勝手に弄んだ、その最期に、一つだけ悪魔としての汚点を持っていけ。
「ほう、まだ意識があるか。人間の慣れとは怖ろしいな。意識を失っていた方が楽だというのに」
「お前の弱点は……」
「何のことだ」
「共有契約に、分割契約。重複契約。お前は人から奪う方法を知りすぎているんだ。でもそれが弱点だったんだ……。ちくしょう。こんなに僕の記憶を奪っていたなんて。未来をこんなに変えてきたなんて、全く……気づかなかった……」
「お前が望んだことだ」
「そう……、僕が望んだことだ。それに間違いはない。でも……僕の望みが叶っても、僕だけの望みが叶っても! そんなの大きな目で見れば、何も意味はなかった。お前はもう、知っているんだろう、こんなこと。どれだけ愚かな人々を見てきた? 人間は弱いから……。お前みたいのに頼りたくなる。どれだけの人間を廃人にしてきた? ちくしょう。そこまで分かっても、取り戻したかったって、僕はまだ思ってる。ちくしょう……」
「ククク。後悔しろ。懺悔は聞かない。廃人? ククククク。俺は欲望を渡り歩いてきたのだ。ほとんどが最期は廃人さ。救いなどない」
「本当の救いっていうのは……。きっと……。きっと、人と人の間にあるんだ。自分の中にはどこにもない。でも探せば、無数に……」
 ただ悪魔は笑い続けていた。
 酷く冷めた目で、僕を見ていた。
 そんなことはどうでもいいとばかりに。
「――コスモス」
「……何?」
 僕は悪魔を掴む右腕にありったけの力を込めた。これで最期だ。こいつとはこれで最期のやりとりになる。負けるな。今までずっと負けてきた。悪魔と自分に負けてきた。負けるな。これに、きっと何の意味もない。でも、僕には意味を持つ。こいつに、ただ一つ、勝つという意味を持つ。
「賭けに負けた悪魔はどうなるんだ? ふ、ふふふ。どうにもならないんだろうな。お前は自由だから。でも、僕は分かってしまった。思い出せたぞ」
「それは違う。お前は思い出したのではない。事実を知っただけだ」
「お前の認識なんて関係ない。僕の記憶に納まった事実だ」
「意味がない」
「意味ならある」
「どのような?」
「お前の、悪魔の記憶に刻まれる、ささくれみたいな汚点だ!」
「そんなものはない。意味はない」
「僕は、ここにコスモスの種を植えた!」
 瞬間、食べるとき以外は冷静な悪魔から、初めて見せる種類のものを感じた。どくん、と周囲の闇が脈打ったのを感じた。ガツッと僕の腕が振り払われた。その衝撃は凄まじく、もともと立つ力さえあまり残っていない僕は右によれて倒れようとした。もう意識を保つのも精一杯だった。しかし、その瞬間、長い腕が僕の首を折れんばかりに掴んだ。さらにその腕は万力のように、何も力を入れるふうでもなく、僕の体を持ち上げた。「それが何だというのだ……!」悪魔の初めて見せる感情。それは、怒りのようであり、憎しみのようであった。僕はなされるがまま、宙に浮いた。手も足も力が入らず、プラプラと情けなく揺れた。
「何を怒っている。悪魔が」
「食事を不味くしたな! それが何だというのだ!」
「何でもないさ。ただ、お前の食事を不味くした。それだけなんだろ」
「愚か者が……!」
「ぐうっ!」
 悪魔の力が強くなった。首が締め付けられる。今まで精神的なものしか受けなかったから、ここまで肉体的な行動に出るとは予想外だった。でも、僕はこの悪魔に一矢報いた。意識が遠のく。それが記憶を奪われたことによるものなのか、こうして首を締め付けられているからなのか判別がつかない。でもいいだろう。悪魔の顔を見るのは、きっとこれで最期だ。その顔は憤怒に彩られていた。食事を何よりも大事にする悪魔。願いを餌とし、人の記憶を奪い、人の間を渡り歩いてきた。どこから来たのだろう。自分から来たといった。人と人の間に存在する、これもまた一つの真実なのだ。どこに行くのだろう。それは知ろうとも思わない。
 僕はこれからも生きていく。色々なことを経験して、色々なものを得て、そしていくつかを失い、その度に、笑い、泣き、悲しみ、喜び、虚しさを感じ、悔しさを感じ、記憶を大切にしながら、記憶を失くしながら、でも生きていく。悪魔に頼るのはこれで最期だ。思えば長い付き合いだった。でも感傷のようなものは何もない。ただ、最期にやはり少しだけ感謝している僕がいる。生きている。僕もみっこも生きている。
 生きていく。
 二人が願ったその願いは、叶えてもらう。
「さよならだ。コルト」
 悪魔という存在は言った。
 それは肯定を表す言葉。
「イエス」

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

| TOP | 次のページ≫


FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。