ロシュ編
蜜編
サク編
蓮火編
アリエス編
黒編
しのめん編
奏湖編
ちこ編
志津編
タイキ編
ゆん編
なつめ編
卵茶編
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
■ロシュ
みく子の元カレ。
二枚目、頭脳明晰、スポーツ万能で浮気者。
みく子と別れてエリカと付き合いながらも、みく子に未練がある人。
■蜜
みく子の現彼氏。
みく子のアバンギャルドなパーマを見て怒った。
世界を救いたいと思ってる人。
■サク
みく子の初恋の人。
みく子のことだけを考えながらも、人生に絶望してる。
悪魔と契約なんかしちゃってる人。
■蓮火
みく子の知り合い。
路上ライブで知り合い、アバンギャルドなパーマを見て
「とりあえず、そのパーマだけは直せよ!」と路上で叫ぶ人。
■アリエス
みく子と同じ研究室の学生。
先輩には卵茶もいる。
教授にいろんな意味で愛されてる人。
■黒
みく子のチャット友達。
るどんとビリヤードしたりもする。
みく子と実際に会ったことはない人。
■しのめん
みく子の友達。
どう見ても二児以上の父親としか思えない老けた大学生。
色の識別が出来ない人。
■奏湖
みく子の元後輩。
大通りにある24時間営業のマックス・ドックスの元気な店員さん。
みく子のライブポスターをそこら中に貼りつけた人。
■ちこ
みく子のストリート友達。
みく子と同じようにストリートで歌ってる。
昼は喫茶店、夜はダイニングバーじゅごんで働いている人。
■志津
みく子の友達。
「ふろーら・しょうだ」でバイトしてる。
落研で「るど」と漫才コンビを組んでる人。
■タイキ
蓮火の兄。
タクシードライバーをしている。
弟の蓮火のことをいつも考えてる人。
■ゆん
みく子の友達。
普段はたまにメールでやりとりしてる。
みく子のライブのポスターを作った人。
■なつめ
みく子の高校の同級生。
高校時代はみく子の生演奏を聴いたりしてた。
現在は立派に社会人をしている人。
■卵茶
みく子のゼミの先輩。
みく子とはよくメールをする仲。
後輩にはアリエスもいるがどちらからも先輩扱いを受けていない人。
■M線上のアリア CM動画 A巻発売編!
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

一日目:ちこ編 01話

私がみく子と出会ったのはニ年ほど前になるだろうか。
彼女から少し離れた路上で、たまに歌っていた頃だ。

離れていても良く通る声で 彼女も歌っていたんだ。


コンビニへの近道になっている彼女の前をいつもゆっくり歩く事にしていた。
オレンジ色の髪にきれいな顔立ち。透き通るような歌声に人垣が出来ている。
時々立ち止まってみると、人懐っこい笑顔も見えた。

ちょっとした挨拶をするようになり、時々ジュースの差し入れなんかして
みく子と少しずついろんな話をするようになった。


「ミックスジュースは奇跡の味よね」

などと真面目な顔で突然言ったりするのがちょっと面白い。

ある時、みく子にたずねてみたことがある。
どうして歌を歌うようになったの?と。
みく子は少し考えるそぶりをしてから真っ直ぐ私の目をみて言った。

「もし私がつなげた声で、誰かが少しだけ笑顔になってくれたら
  それはとっても幸せな事だとおもうのよ。」

その声は、少しの迷いもない芯のあるきれいな声だった。


きっとその思いが浮かび上がっているからこそ、みく子の周りには人が集まってくるのだろう。


日常はとても緩やかに また確実に変化してしまうもので、
バイトや生活に追われることも多くなり、
歌うためだけにこの場所にくることも少なくなっていった。

けれど みく子はいつもここで歌っていて、自分が歌わない日でもみく子の姿をのぞきに来る事も多かった。

ニ週間ほど前だっただろうか、久しぶりに歌い、片付けをしているとめずらしくみく子から話しかけてきた。

「ねぇ、ちこ?」

「ん??」 片付けの手を休めずに声だけで答える

「うぅん、また今度にするわ。バイト遅れそうなんでしょ?」

「うんもぅヤバイのよ。ごめん!次、再来週・・火曜に来るからその時でいい?」

「火曜日ね。わかった、たぶん居ると思うから。ほら!いってらっしゃーい!」


その時は まったく気づかなかったんだ。
次にあうのがこんな風になるなんて。
スポンサーサイト

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

一日目:ちこ編 02話

バイト先へ向かう道の一つ目の路地を曲がる時、みく子と別れた場所を振り返ると
みく子の知り合いだろうと思われる人たちが集まりかけていた。
さっきまでの何か考えているようなみく子の表情はいつものみく子に戻っていた。
(大丈夫みたいだね)
ちょっと安心したあたしはバイト先へと急いだ。

バイト先の【じゅごん】はここから急げば十分の距離に位置する。
花屋【ふろーら・しょうだ】の三軒隣のビルの4Fで
昼は喫茶店、夜は和風ダイニングバーになるこの店の二十一時?深夜まで働いている。
ビルの中にはカラオケやらビリヤード・ダーツバーなんかも入っている。

そういえばみく子は花屋さんでバイトしてるって言ってたっけ。
あたしは、みく子の断片しか知らないことに気づいた。

それから知ってるのは。。。 早足と同じ速度で記憶を回転させる。

蜜くんという男の子と付き合っている事。
バイト先が花屋で志津さんとるどさんは面白い事。
路上で知り合ったたくさんの人たちの事。

ほんっとみく子は知り合いが多いと言うか、顔が広い。
あの人懐っこさだからこそ出来る 特技といっていいくらいだもんなぁ。


「おはよーござまーぁっ」

「やっぱギリで来たかっ」

珍しくチーフがキッチンで出迎えてくれた。

「んにゃっ まだ一分前!!!」

とっさに戦闘態勢に身構える。 いつもなら氷の一個くらい飛んでくるのに、、

「おぇ??」

「おえ??じゃねーの。ちこ、ちょっと事務所においで」

なんかおかしい。。あたし、なんかやらかしたか!?

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

一日目:ちこ編 03話

「まぁ、座ってよ」

心なしか静かなチーフの後について狭い事務所に向かい合うと
変な緊張感が生まれるもんで どーにも居心地が悪い。

悪い話なら早く切り出して欲しいのだけど、煙草に火をつけてのんきに座っている。

「あの。チーフ、あたしなんか・・・」

「んや、ちょっとな、 お前にお願いしたい事があるんだわ」

「ほぇ」 気の抜けた返事になっちまったw

「なぁ、ちこさぁ。 夜の部おまえチーフやんない?」

(!!!???)

「ぃや、急な話なんだけどな、新店舗開店のアシスタントでニ週間ほど此処に出られなくなるんだわ。 その間だけでいいんだけど」


突然のことすぎてどうしたらいいかわからん。。。
要するに、ニ週間だけこの【じゅごん】を守ればいいのか。

「学校どーすんですか。まだ学生ですよ、あたし」

「ほとんど行ってないだろ? そこで学生という盾は出しちゃいかん」

うまいいい訳が見つからないまま なんだかうまく丸め込まれてしまった感は否めない。
あきらかに人選ミスだとは思うのだが、明日からチーフに任命されてしまった。

引継ぎやら雑務でいつもより遅い帰宅になって、ふらふらとそのままベッドに倒れると、低い天井を見上げた。

(明日からか、、まぁどーにかなんべな・・)

ふっと意識が遠のいた瞬間。


「あぁぁ!!! みく子と再来週に約束しっ!!!」

急いで携帯を取り出しメモリを探す。

「ぁ、、、消えてる。。。。」

焦って色々いじってみても消えたメモリは出てこない。

やっぱりあの時 無理をしてでも話を聞いておけばよかった。

今になってみく子の表情が気になる。 落ち着かないまま睡魔に襲われたけれどすっきりしない毎日が続いてしまった。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

二日目:ちこ編 04話

やっとチーフ代理も今日でラスト一日。

突然の予約やらで忙しくてみく子に会いに行く事も出来なかったけど、約束は守れそうだ。

今日の行動は必死で考えた。 途中で抜け出して、とにかくみく子に会いに行くんだ。

まだ居ない時間かもしれないけど、じっとみく子からの連絡をまっているよりましだもの。

「神田くん、三十分だけちょっと抜けるね。うまく言っといて」

高校生だけどしっかりした仕事で安心して任せられる男の子だ。

誰にも言わないで抜けるのはヤバイだろうと思い、神田くんだけにはいい訳をしといた。

一度だけうなずくと 小さく手を振ってくれた。


ダッシュでいつもの場所へ向かう。

まだ明るいうちにここを通るのは初めてかもしれない。

ふろーら・しょうだの前を通りすぎようとするとにぎやかな声が聞こえた。

「てんちょ?のあほ?」

「なんや?今頃判ったんかいな。それ・・・・・・・」

そういえばみく子のバイト先の志津さんも関西の言葉とか言ってたなぁ
とにかく楽しいところなんだって話してくれたっけ。
ここだったりして? こんな近くにいたら逆にすごいぞ。


細い路地を入りいつもの場所へ。 やっぱり居ない・・・

周囲を見渡してみても 知ってる顔はなかった。

タイムリミットが迫っている。

急に薄暗くなった道をまたダッシュで戻っていく。


ふろーら・しょうだへ続く通りを今度は店へと向かって走っていると
大学ノートを広げてブツブツとなにか話している男の人が見えた。

「、、つクン、、、許せん 背が高い っと。。」

つくん。。何が許せんのだろうか? 恋敵か? 
それにしてもお父さんっぽい大学生だなぁ。。。

大学ノートには、みく子が通う大学と同じロゴが入っている。

そういえば みく子も同じノートを持っていたっけ。
ちょっとおしゃれ目でいいな と思っていた物だった。



そーーっと店に戻り、すまんっ と手を合わせると 神田君は優しく笑ってくれた。

閉店二十分前にはチーフも出張から戻り、ご褒美にガーベラの花を一本もらった。

このガーベラはみく子のオレンジ色の髪を思い出すなぁ。

結局、みく子に会えず 約束をすっぽかした事になってしまった、。

チーフ代理も任務遂行できたし、明日、またみく子を探して謝ろう。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

三日目:ちこ編 05話

(みく子・・・何処に居るの?・・・)

雨のしずくが窓を叩いている。

季節外れの台風十八号が近づいております。とかTVで言ってたなぁ。

ぼんやり浮かんだイメージだけをまぶたの裏で追いかける。

みく子 蜜くん 大学ノート 点滅する信号・・・・・・・・

蜘蛛の糸のように張り巡らされた点と線。

めまいを感じてもう一度まぶたを閉じた瞬間 携帯の目覚ましが鳴った。

♪ピッ  

台所でお湯を沸かし 熱い味噌汁を作る。このニ週間のバイトで冷蔵庫の中は空っぽだ。

具なしの味噌汁ほど悲しいモノはないんじゃないか。脳みそを稼動させるには十分か。 



外に出てタクシーを無理やり停車させて乗り込んだ。

「すいません 大通りまでお願いしますっ」

「ふぁはい 大通りですねー」

迷惑極まりない客なんだろうけど 優しそうで安心した。

「とまってくれて助かりました」

「いいんですよー 最近大学生とか若い方を乗せることが多くてー
  この後花屋さんに行くから 丁度よかった」

あぁ ふろーら・しょうだに行くんだ。 こんな雨の中で大変だな。。

タクシーを降りるといつもの路地へと向かった。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

三日目:ちこ編 06話

雨脚は強くなっていくいっぽうだ。

土砂降りの中を歩いていると心が凪いで来る。

どうしてこんなにみく子のことが気になるのだろう。

この地に来た頃、路上で歌ってはいたけれど、それは自己表現だけのものであって
きっと、たぶん、、空気や風景になってしまわないように必死で叫んでいたんだと思うんだ。

でも、みく子と出会って みく子の歌や表情に出会うたび 空気や風景なんて
見せ掛けのものなんだって。呼吸をすることは楽しい事なんだって教えてもらったんだ。

だから 遠くからでもみく子の歌が 姿が見えるたび安心してた。

そうか。 だからこんなにみく子を探すことに・・・・・

気づくとみく子がいつも歌っている場所にたどり着いていた。


さて、、どーやってみく子をさがすか・・・にゃ?♪
携帯が鳴いた。 みく子からだ!! とっさにそう思った。
鞄の中が物だらけでこんなときほど見つからない。
面倒くさくなって鞄をさかさまにして全部落とした。

バサバササーッ 水溜りにお菓子が落ちていく・・・

あぁ水没したらいかんじゃないかっ!
携帯が鞄から滑り落ちる一歩手前で救助する。
(危ない・・やらかすなよあたし・・)

慌て過ぎて震える手で画面を開く。 やはりみく子からだった。

件名:
本文:ごめん こないだ行けなかった。もし来てくれてたらと思って。。
   それから しばらく歌えなくなっちゃった。
   
件名:Re
本文:ううん。あたしもバイト抜けられなくなっちゃって行けなかったんだー
   携帯番号いきなり消えてて連絡できなくてこっちこそごめんよぉー
   しばらく歌えないって、どうしたの?

件名:ReRe
本文:そうだったんだ。了解。  うん、、、ねぇちこ
   変わってしまうことはいけないことなのかな?
   変わらない事なんてなにひとつないはずなのに。

変わってしまう事と歌えなくなる事はどうつながっているのか、今のあたしには想像できなかった。
でも、みく子に今、何かを伝えなければ消えてしまうような気がして思いつく限りの言葉を送った。

件名:ReReRe
本文:いけないことだとは思わないよ。みく子がそう願うなら、
   変わっていくことのほうが大切だと信じるなら。
   あたしは此処で待ってるからね!

送信した後、みく子への答えがこれで良かったのかと不安になった。
こんなちっぽけな言葉しかつなげない自分にも苛立つ。。

雨と風がより一層強くなってきた。みく子からの返事はそれから返ってこなかった。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

三日目:ちこ編 07話

みく子からのメールも途絶えてしまった。

みく子は 何を思っているんだろう。

ここに居る理由を見失ったあたしはふらふらと街を歩いてみる。

おろ?大通りの手前でカメラを持った女の子。こんな雨の中、何をさまよっているんだ? 

必死でカメラを構えている横顔。
どこかで見た、、いや、、会って話した事のある女の子だ。

「あぁ!!奏湖ちゃんっ!!」

一瞬ビクッっと身体が揺れ そーっとこちらを振り向く。

「ちこさんかぁ? もぅびっくりしたじゃないですかっ!」

「ごーめん? 奏湖ちゃん久しぶりだねぇ ほれ、その敬語やーめれって?」


奏湖ちゃんは路上で目が合ってナンパ(?)した女の子だ。

みく子があたしたちを大きな目でキョロキョロ見るものだから、可笑しくって大笑いしたっけ。

「ところでこの土砂降りの中、何をしてるの?」

「雨の写真を撮りにね、思いついたらじっとしていられなくなっちゃって」

「なるほど。奏湖ちゃんの撮る写真は素敵だもんなぁ。」

えへへ と笑う姿がかわいらしい。

「ぁ、奏湖ちゃんの連絡先 聞いておいてもいいかなぁ?」

突然の申し出に笑顔でいいですよ?と言い、メモ帳に書いて渡してくれた。

「ありがと。 台風の中気を付けてね。」

そう言いながら別れ あたしは  どこへ行こうか・・・?

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

五日目:ちこ編 08話

結局 昼過ぎまで彷徨って 風邪を引いた。
奏湖ちゃんに言った台詞を自分で実行しちゃ元も子もないけども、寝込んでワープ出来ちゃうのでラッキーだ。
ぇーとか聞こえた気がしたけど空耳だろう。

チーフに電話すると怒って心配された。治るまで出勤禁止。ありがとうチーフ♪



やっと動けるようになったのはニ日後 まだ胃が痛い。

狭い部屋の中もありえないほど散乱している。ぁ、これは元からか?

ささ、悪い空気の入れ替えを兼ねて掃除じゃ掃除!!

洗濯物をまとめて放り込み 満載気味でスタート。

こぅ 変なスイッチというか、掃除モード確変に突入すると、
普段手を付けない場所まできれいにしたくなるんだなぁ。
他の人はそんなことないのかなぁ??

あらかた地面がきちんとした所で掃除機登場?♪

ガーゴーガーゴー シャリシャリ・・・ ズゴゴゴゴゴ!!!

!?!?  何か吸い込んだ?

ノズルの先を見てみると変色した紙。 つまんで拾い上げると懐かしい文字。

ぁ、楽譜・・・・・・・・

その紙には簡単なコードと歌詞が書いてあった。 ずーっと前にみく子とふざけながら作った歌だ。

「また 歌えるといいな」

夕暮れが近づいていた。 今日こそはじゅごんに行かなくちゃ。

手早く掃除を終わらせてギターをもって部屋を出た。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

五日目:ちこ編 09話

「おはようございまーーーす」

いつもより努めて明るく挨拶をしてじゅごんに入る。

「おまっ! やっと出てきやがったなっ」

きやがったは人聞きの悪い。。。まぁ怒られるのは仕方ない。
夜の従業員の少なさはいつも深刻なのだ。

「すいませんでした チーフ。それから ありがとうございました」

深くお辞儀をしながら しっかりとした口調で頭を下げる。

「ぁぁ、、うん。まぁ 具合悪いのにな、、、俺もそんな鬼じゃないしな。」

上司にはこういう素直な態度がキクのだ。作戦成功♪

ニヤァとしながら顔だけ上げると、悟ったチーフの顔が変わった。

やばぃ・・・・・

「やっぱお前はっ!! わかった もーわかった。
  お前、今日ラストまでな。賄い白飯だけに決定!!」

うあぁぁぁぁぁ まじっすか・・下手に計算するんじゃなかった。。

(チーフのおばかぁ??) 今度は心の中だけで言っておいた。

更衣室で仕事前の一服と水分補給。落書きだらけの狭い部屋だ。

着替えようとロッカーを開けると ギターケース。

「ギターケース? あれ?今日一本持ってきてるのに。。誰の?」

誰の?じゃない。。自分のロッカーだ。鍵もかけてあるし。

よーーーく記憶を辿っていく。

ピンポーン「あぁ!チーフ代理宣言の日に置いて帰ったまま。。」

また忘れるといけないので外に出して置こう♪

時間が迫ってきている。 急げっ!

「いらっしゃいませ?」

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

六日目:ちこ編 10話

本当に賄いは白いご飯だけだった。。。悲しい。。。

残りの片付けと掃除を終わらせ、部屋に帰ったのは明け方の四時。

本気でラストまでだとは思いもしなかった。

久しぶりの仕事で疲れ果ててギターもニ本置いたままだ。

あぁ。。明日、ぃや今日、取りに行こう。。。

倒れるようにベッドに転がると秒殺で眠りに落ちた。





お腹が空いて起きたら午後だった。 そんな日ってありますよね?

自分にいい訳をしながら食事の用意をする。

ナスに豚肉、、たまねぎとしめじ。 適当に切って炒める。
赤味噌と砂糖、ちょっとオイスターソースに一味唐辛子。

余ったたまねぎと卵でスープ。

上等じゃないか。 あたしって天才?☆ ちょっと痛い子なのは気にしない方向で♪

ゆっくりと食事を摂り、午後の優しい空気を吸う。

(ギター 取りに行かなくちゃ。かわいそうだな。)

大事なニ本のギター。 一本は大学合格記念に、もう一本は大切な人からもらったものだ。

よしっ またちょっと胃が痛いけど これは食べすぎだと言い聞かせてじゅごんへ向かった。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

| TOP | 次のページ≫


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。