ロシュ編
蜜編
サク編
蓮火編
アリエス編
黒編
しのめん編
奏湖編
ちこ編
志津編
タイキ編
ゆん編
なつめ編
卵茶編
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
■ロシュ
みく子の元カレ。
二枚目、頭脳明晰、スポーツ万能で浮気者。
みく子と別れてエリカと付き合いながらも、みく子に未練がある人。
■蜜
みく子の現彼氏。
みく子のアバンギャルドなパーマを見て怒った。
世界を救いたいと思ってる人。
■サク
みく子の初恋の人。
みく子のことだけを考えながらも、人生に絶望してる。
悪魔と契約なんかしちゃってる人。
■蓮火
みく子の知り合い。
路上ライブで知り合い、アバンギャルドなパーマを見て
「とりあえず、そのパーマだけは直せよ!」と路上で叫ぶ人。
■アリエス
みく子と同じ研究室の学生。
先輩には卵茶もいる。
教授にいろんな意味で愛されてる人。
■黒
みく子のチャット友達。
るどんとビリヤードしたりもする。
みく子と実際に会ったことはない人。
■しのめん
みく子の友達。
どう見ても二児以上の父親としか思えない老けた大学生。
色の識別が出来ない人。
■奏湖
みく子の元後輩。
大通りにある24時間営業のマックス・ドックスの元気な店員さん。
みく子のライブポスターをそこら中に貼りつけた人。
■ちこ
みく子のストリート友達。
みく子と同じようにストリートで歌ってる。
昼は喫茶店、夜はダイニングバーじゅごんで働いている人。
■志津
みく子の友達。
「ふろーら・しょうだ」でバイトしてる。
落研で「るど」と漫才コンビを組んでる人。
■タイキ
蓮火の兄。
タクシードライバーをしている。
弟の蓮火のことをいつも考えてる人。
■ゆん
みく子の友達。
普段はたまにメールでやりとりしてる。
みく子のライブのポスターを作った人。
■なつめ
みく子の高校の同級生。
高校時代はみく子の生演奏を聴いたりしてた。
現在は立派に社会人をしている人。
■卵茶
みく子のゼミの先輩。
みく子とはよくメールをする仲。
後輩にはアリエスもいるがどちらからも先輩扱いを受けていない人。
■M線上のアリア CM動画 A巻発売編!
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

二日目:ゆん編 01話

From:みく子
To:ゆん
Cc:
件名:No title
内容:
ゆんちゃん久しぶりー。
元気にしてる?


どれくらい振りだろう。
みく子からメールが届いた。
珍しい。

「元気だよ。どうしたの、何があった?」

すかさずそう返信をした。
彼女からメールはいつだって
弱気になってるときに送られるから。
でもそんなあたしの心配をよそに

「ううん別に。それよりさ、ケンコバかっこよくない?」

いきなりケンドーコバヤシ?
携帯の液晶越しに話しかけてくるのは
きんきんオレンジカラーのはつらつとしたみく子。
いつまで経っても変わらないイメージ。


なんだ、元気なのかな。
それともメールだけじゃ君に気付いてあげられないのかな。
だから送ってみる。

「明日学食で、一緒にお昼しよう。
 あとケンコバは譲らないからね」

って。
明日オレンジ色の君に会えるね。
スポンサーサイト

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

二日目:ゆん編 02話

酷い女なんだ。
普段はメールのひとつも返って来ない。
実際その言葉は互いに言えることで
数ヶ月に一回、気が向いたら連絡する程度。
相手が生きてるって分かれば満足。
そんな友達のみく子とあたし。


初めて会ったのは二年前。
学食で新入生のあたしの隣に座って
カレーとライスを全部混ぜながら話し掛けてきた。
「大学楽しい?」と聞かれて
「みんなキラキラしててそこが嫌いです」と答えた。
「変な子なんだねー」とみく子はふふふと笑った。
いやあなたも十分変な人ですと思った。
みく子はキラキラしててそこに惹かれた。


大学にはあまり行きたくなかった。
素直で生き生きとした雰囲気がどうしても息苦しかった。
大学でみく子に会うことはあったが、
ちょっとした有名人みたいな彼女と話すのは
どうしても引け目を感じてしまった。
しばらくしてみく子とは会わなくなって、
今ではメールだけの関係になっている。


あたしはいつも彼女に多くを語らない。
それでもみく子は多くを聞き出そうとはしない。
聞かなくても分かってくれているんだろう。
そんな彼女だからこそ、今でも繋がっていられる。


明日の学食お誘いメールを送ると、
みく子から間髪入れずに電話が掛かってきた。



「ラーメンが食べたいの」

「…え?
 あ、学食じゃなくてってこと?良いよ、明日ね」

「今、ラーメン屋さんの前にいるんだー。
 一緒に食べたいなぁ」

…これからってことですか?

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

二日目:ゆん編 03話

今から?それもラーメンのために?
戸惑うのも無理はない。
だって今日は台風が来ている。
外はひどい雨と風で、出て行きたいとは思えない。

「今から会いたいの」

返答に困ったあたしにみく子はそう追い討ちをかけた。
この小悪魔め。

「分かったよぉー。
 急いで行くから、先に中で雨宿りしてて」

「わーい。ありがと、ゆんちゃん」

ハートマークでも付いていそうな口調。
いつだってみんな彼女の奔放な愛らしさに
見事にノックアウトされてしまう。
悔しいことにあたしもその一人。
正直に言えば羨ましいのだけれど。


そんなことを考えつつ、嵐の中を飛び出した。
待ってろよ、小悪魔。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

二日目:ゆん編 04話

「いらっしゃいませー!」

ずぶ濡れになってたどり着いたのは三十分後。
外の嵐などお構いなしの元気な店員さんが快い。
しかし店内を見渡しても覚えのあるオレンジ色がいない。
代わりにアバンギャルドなパーマをあてた
透き通るほど真っ白な女性がこちらを見て微笑んだ。

「ゆんちゃん、こっちこっち」

張りのある魅力的な声はみく子のそれと同じである。
…これがみく、子…?
動揺を悟られないように平静を装う。

「みく子、お待たせっ」

向かい合わせの席につくが目が泳いでしまう。
顔を上げなきゃ。
目を合わせなきゃ。
あたしは上手く笑えている…?

「久しぶりー!ゆんちゃん変わらないね」

ふふふと笑うみく子は
ずっと会いたかったんだあ、と伏し目がちに言った。
そうだね、とだけ返すと静寂が広がる。


おまちどおさま、とラーメンが運ばれて来て
ようやくあたしは言葉を紡げた。

「ずいぶん急だったね。びっくりした」

「ふふっ、来てくれてありがとう」

笑顔。
ふぅふぅ冷ました麺をすすって飲み込んでから

「ゆんちゃんは、元気?」

真っ直ぐの視線をもってあたしに問い掛ける。

「珍しいこと聞くのね。どうかしちゃったみたい」

「気になるじゃない、可愛い友達なんだし」

気になるのはあなたのことよ、そう言いかけて止めた。
変なパーマはどうにかなるにしても
心底に心配になるほど深く深く白かった。
でも散々周りに不審がられたであろうことを
あたしの口からまた訊ねるのは嫌だった。


「あたしは元気だよ、大学では相変わらずだけどね」

「そっか、良かったあ」

心から安堵したようにみく子は微笑んだ。
そのように見えた。
そして、

「私ね、さよならしようと思うの」

そう呟いた彼女の頬を流れる涙は
いつの間に、どこから来たのだろう。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

二日目:ゆん編 05話

「ゆん…ちゃ…」

いつだっただろう。
静かな真夜中に消え入ってしまいそうな声で
みく子が電話を掛けて来たのはいつだっただろうか。
そんなに前じゃないしそんなに最近でもない。
はっきり覚えていない。
ただあの快活な凛としたあの声が涙を零すのが
大きな衝撃だったことだけが記憶に残っている。
彼女が私に弱音を言ったのは後にも先にもこのときだけだ。


電話口でみく子は多くを語らなかった。
ひたすら泣いていた。
夜の闇と同じように静かに深く泣いていた。
そして発したただ一つのことは

「いつか歌えなくなるかも知れない」

彼女が路上で歌っているのは知っていたし
一度だけ、たった一度だけ聞きに行ったことがある。
歌うみく子は本当に素晴らしかった。
生きることに喜び、たくましく奏でる彼女に
聴衆は魅了され、辺り一帯がきらきらとして見えた。
一段ときらきらしているみく子に嫉妬した。
愛されているみく子に、愛することを知っているみく子に
嫉妬した私自身はその場で一人醜かった。


それ以来私がライブに足を向けることはなかったけれど
歌がみく子にとってどんなに大切なものかは感じていた。
その彼女が唯一私にもらすほど不安に思ったことは
自らの歌声を失うことだった。


大きな不安の前に私はあまりにも力不足で
歌えなくなったってみく子はみく子だよ、
そう励ますことしか出来なかったように思う。
いつもはきらきらしているはずのみく子の
予想もしなかった泣き言に私は少し安心した。
やはり私は醜かった。


みく子が落ち着いて電話を終えてから
私たちは二度とその話に触れなかった。
私はそれを一過性の漠然とした不安だと思っていた。


しかし彼女の中ではずっと続いていたのだ。
終わっていなかった。
みく子は再び繰り返す。
ふたつの食べかけのラーメンを挟んだ向こう側で彼女は言う。

「さよならのライブをしようと思うの」

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

二日目:ゆん編 06話

「なんでっ?」

思わずテーブルを叩いてしまう。
手にしていた箸が落ちた。
何を言ってるんだ?
歌は彼女の生きがいで
歌う彼女はあんなにキラキラしていたのに。

「ゆんちゃんも聞きに来てくれるよね?」

さっきの涙はどこかに消えていて
みく子は笑顔で訊ねて来る。

「みく子のライブが最後なんて嫌だよ…」

混乱した私がそう言うと
彼女はそうだね、とだけ言って微笑んだ。
寂しげな表情がたまらなく妖艶で綺麗で
それを見せられた私は何も言えなくなってしまった。


沈黙のままラーメンを食べ終えた。
美味しかったね、そろそろ行こうか、
そんな当たり障りのない会話をしながら
みく子の後ろをノロノロとついて出口に向かう。
店の外では嵐が勢力を増していて
雨と風にすべてが押しのけられていた。


雨の下、みく子は傘をさすとこちらを振り向いた。
そして私にこう言った。

「変わるのはいけないことかな、ゆんちゃん」

真っ直ぐな視線がこちらに向かう。
そのアイラインを涙が縁取り始める。
強がりな瞳は泣くまいと震えている。

「みく子がどんなに変わったって
 私はずっとみく子のこと好きでいるから!」

気付くと私はみく子を抱き締めて叫んでいた。
空が光って、雷鳴が響いた。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

三日目:ゆん編 07話

翌朝。
台風到来の空の下、大学構内で
私はみく子を待っていた。

「みく子?
 おはよう、うん、ちゃんと帰れたよ。
 ちょっと今から大学来てくれない?待ってる」


それだけ伝えて電話を切った。
少し横暴だったかな。
でも昨日のみく子の呼出に比べたら可愛いものだろう。
それにきっと彼女はすぐに来てくれる。
なんとなく、分かる。


昨晩ラーメン屋の前で別れてから、考えながら帰った。
最後のライブをする友人の為に私に出来ることは何かを。
みく子が何故そんなことをするのかも
むしろ何と決別するのかも分からなかったけれど
変わるのはいけないことかと、彼女は私の前で泣いた。
醜い私に何かを求めてきてくれた。
このままみく子に劣等感を抱いているだけで良いのか
変わらなければならないときもあるんじゃないか
自分に問い掛けてひとつだけ答えを出した。


抱える大きな紙の束から一枚を取り出して
校内で一番大きな掲示板へと向かう。
そこには普段からサークルのポスターなどが
何の統一感もなく所狭しと貼られている。
その真ん中に、他のポスターが隠れるのも気にせずに
堂々と特大サイズのポスターを貼る。
載せられているのはオレンジ色の髪の女性。
書かれているのはSTREET LIVEの文字。
私が出した答えは、――今出来ることをしよう。
そうしてこのポスターを作ったのである。


最後のライブは出来るだけたくさんの人に聞いて欲しい。
出来るだけたくさんの人に今のみく子を覚えていて欲しい。
一晩で仕上げたものだったけれど
雨空の中で、ポスターはキラキラとしていた。
みく子は喜んでくれるだろうか。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

六日目:ゆん編 08話

あの日みく子は私のポスターを見て
久しぶりの満開の笑顔で喜んでくれた。
自分で貼り付けに行くと言って聞かなくて
大量のポスターを両手に抱えて帰って行った。
そのポスターが貼られているのを私は今
マックスの前で目撃している。
店の至る所に貼ってあってやりすぎ感は否めない。
だが、目を引くのは確かだ。今日何人が集まるだろう。
そう、今日。
今日がみく子の最後の、ライブである。


飲み屋通りに着くと、もう既にライブは始まっていた。
人だかりが出来ていて、遠くからは
みく子を確認することはできない。
でもみく子の声は、思いは聞こえてきた。
彼女は力強く、そこに生きていた。


一曲一曲歌い上げていくみく子。
例を見ない一体感が路地を包む中、みく子が高らかに言った。

「次の曲はラブ☆コバ。
 聞いて下さい」

ポップな曲調でケンコバについて歌う。
随分と今までの流れと変わったけれど
私にはちゃんと伝わったよ、みく子。
彼女が繰り返すメッセージは

「どんなに変わったって
 ずっとあなたが好きよ」

変わるのはいけないことじゃない。
変わらないものなんてないのだから。
みんなが怖いのは変わることじゃなくて
あなたを失うことなのよ、みく子。

ずっと大好きだから。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。