ロシュ編
蜜編
サク編
蓮火編
アリエス編
黒編
しのめん編
奏湖編
ちこ編
志津編
タイキ編
ゆん編
なつめ編
卵茶編
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
■ロシュ
みく子の元カレ。
二枚目、頭脳明晰、スポーツ万能で浮気者。
みく子と別れてエリカと付き合いながらも、みく子に未練がある人。
■蜜
みく子の現彼氏。
みく子のアバンギャルドなパーマを見て怒った。
世界を救いたいと思ってる人。
■サク
みく子の初恋の人。
みく子のことだけを考えながらも、人生に絶望してる。
悪魔と契約なんかしちゃってる人。
■蓮火
みく子の知り合い。
路上ライブで知り合い、アバンギャルドなパーマを見て
「とりあえず、そのパーマだけは直せよ!」と路上で叫ぶ人。
■アリエス
みく子と同じ研究室の学生。
先輩には卵茶もいる。
教授にいろんな意味で愛されてる人。
■黒
みく子のチャット友達。
るどんとビリヤードしたりもする。
みく子と実際に会ったことはない人。
■しのめん
みく子の友達。
どう見ても二児以上の父親としか思えない老けた大学生。
色の識別が出来ない人。
■奏湖
みく子の元後輩。
大通りにある24時間営業のマックス・ドックスの元気な店員さん。
みく子のライブポスターをそこら中に貼りつけた人。
■ちこ
みく子のストリート友達。
みく子と同じようにストリートで歌ってる。
昼は喫茶店、夜はダイニングバーじゅごんで働いている人。
■志津
みく子の友達。
「ふろーら・しょうだ」でバイトしてる。
落研で「るど」と漫才コンビを組んでる人。
■タイキ
蓮火の兄。
タクシードライバーをしている。
弟の蓮火のことをいつも考えてる人。
■ゆん
みく子の友達。
普段はたまにメールでやりとりしてる。
みく子のライブのポスターを作った人。
■なつめ
みく子の高校の同級生。
高校時代はみく子の生演奏を聴いたりしてた。
現在は立派に社会人をしている人。
■卵茶
みく子のゼミの先輩。
みく子とはよくメールをする仲。
後輩にはアリエスもいるがどちらからも先輩扱いを受けていない人。
■M線上のアリア CM動画 A巻発売編!
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

三日目:なつめ編 01話

みく子…学生時代によくあそんでいた女の子。オレンジ色でストレートの長い髪なびかせて、男の子の注目の的だったな…
たまに彼女、路上でも歌っていたのよね。誰もが振り返るようなキレイな声で。

あれからずいぶん時は経って、私は社会人となってどうにかやっている。あいかわらずみく子は歌っているようだった。時間のある時はたまに聞きに行っていたけど、最近は仕事が忙しくてなかなかみく子に会いに行けないでいた。
風の便りで彼女のことを耳にしてから、急いで仕事を切り上げて彼女の元へ向かった。その日は台風も近付いてきていて大雨だというのに…いつものあの場所に彼女はいた。

「みく子…」
一瞬言葉を失った。

「ぁ。なつめぇ」
少し元気のない声だけど確かにみく子だ。
みく子はあのキレイな髪をどこかへやってしまったのだろうか? 雪のように真白で…なんという髪型なのだろうか。しかも髪だけでなく、全体的にまるで雪うさぎのように真白である。
恐る恐る聞いてみた。

「みく子…その頭どうしたの?」
「…秋だから更衣みたいにしてみたの」とニッコリ笑う。
「更衣って服だよ? 頭まで暖かそうにしなくても…ってその色じゃ暖かくないなかなぁ」
「彼氏になにか言われなかった?」
「それなんだけど…」
急に顔色が悪くなる。

「ここじゃなんだからマックスいこうか?」
そうしてみく子の手を引いてマックスへ向かう。

Lサイズのポテトとドリンク二つ購入して席に着いた。
「…でさぁ…だいじょぶ?」
「うん…」
「何て言われたの?」
「…」
見る間に瞳が潤んでくる。

「私…最低かなぁ…悲しくなって元カレに会っちゃったし…」
「そっかぁ…彼…蜜クンだっけ? 心配していると思うよ?」
「そうかなぁ…?」
「そうだよ?蜜クンすごくみく子のこと大切にしているんでしょ? だから急にイメチェンとかはね…」
「急じゃなかったんだよ…こんなカンジになるんだって言っていたのに彼…」
またみく子の声が沈む。

「彼にも忙しい時だってあるのよ。休みの時はずっと一緒にいるんでしょ?」
「うん…」
「ほら…元気だしてっ♪ 残りのポテト食べてさぁ♪」
「うん…そだね。私、蜜クン好きだもの」

「でさぁ…みく子…」
「ん?」
「美容院…気に入らなかったら一週間以内ならタダで直してしてくれるのよ?」
「なつめ…ありがと。けど私大丈夫。ニューみく子で頑張ってみるわ♪」
急に生き生きとしてくるみく子。

「そう…みく子が笑顔でいるならいいわね」

もしかしたら私は間違っていたのかもしれない。ニューみく子として受け入れなければならないのかもしれない。あの笑顔を見たら、自然とそんな気持ちになった。

外へ出るとまだ雨が激しく降っていた。
明日の朝には台風は過ぎ去っていますように。
晴れたらまたみく子の歌聞きに行けるかな。
スポンサーサイト

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

四日目:なつめ編 02話

台風の過ぎたあとの空は遥か遠くまで続いていた。
気がつくと、いつの間にか金木犀の香りが秋風に乗ってきている。
今の仕事が一段落したらまた彼女に会おうと思う。
みく子を取り巻く世界はゆっくりと動き出している。
直接は知らなくてもわかるんだ。この街は今そんな空気でいっぱいなのだから。

先日、みく子からメールがきた。
今度久しぶりに路地で歌うらしく、いろいろな人に声をかけているようだ。気合い入っているなぁみく子…
その日はおそらく仕事は忙しくないはずだから…もしかしたら歌う前にも会えるかなぁ?
それより早くまたみく子の歌が聞きたい。


学生時代彼女のつくる詞に惚れ、その声に惚れた。
とは言っても、同性なので永遠に友達なのだけど。
あの頃からキラキラ光って見えていた。学校の屋上で歌う彼女が好きだった。
たまに私の大好きな歌手の歌も歌ってくれたけど、それよりも彼女オリジナルの曲の方が何倍も嬉しかった。
よく彼女の練習も兼ねてふたりで屋上へ上がって、日が沈むまで歌っているのを見ていた。
そういえば文化祭にもひとりで出たっけ。ギター弾きながら、ひとりひとりにうたうように。
あの屋上でうたってくれた日のように。

あれから彼女のファンもできて、放課後もなかなかふたりだけにはなれない。みんなこぞって聞きたがるからだ。それでもたまに、練習するからって手を引いてふたりだけで屋上へ上がる。
私だけが聞けるんだ、って密かに嬉しかった。

あの頃の歌声を取ったテープは今でもたまに聞いている。
少し悲しくなった時、彼女の声がそっと包んでくれるんだ。

今夜も久しぶりにテープを流してから寝ようかな…
今のみく子の歌を楽しみにして眠りにつこう。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

五日目:なつめ編 03話

急に秋めいて空は高くて日が暮れるのはあっという間。
いつものように疲れた頭だとぼんやりとした景色ばかりの帰り道。

ある街角の花屋の店先には夕方でもまだ鮮やかな色とりどりの花が並んでいる。噂の?「ふろーら・しょうだ」だった。
ぼんやりしているはずなのに急に思い浮かぶ。みく子のライブの時に花束をあげちゃおうか、なんて…ふらりと立ち寄ってみる。

そういえば…みく子は花屋でバイトしているんだっけ…ここだったかなぁ? などと思っていると店長らしき男性が近づいてきた。

「何かお探しですか?」
「ぁ。あのっ、お友達にお花あげたいんですけどっ。今度ライブやるんで…」
「もしかして…うちでバイトしてる子?」
「あの…オレンジの髪の毛…だった子なんですけど…」
「みく子ちゃんやね?」
「そうなんですっ。今度のライブの時にお花あげたくって…」
急に話し始めたもんだから同じこと二度も言ってしまう。

「できたらこう…小さくってかわいいカゴみたいなものに入ったのがいいんですっ。」
「ほぅ…カゴね…こんなんどやろか。最近はやりのプリザーブドフラワー!」
店長さんはちょうど近くにあった小さな鉢に入ったかわいらしい花を持ち出してきた。

「それってどんなのですか?」
「色は鮮やかなまま枯れない花、やね」
「枯れるから花ってキレイなんじゃないんですか?」
「そうとも言うなぁ…ほな、どないしましょか?」
「やっぱり普通の生花にして下さい。元気な明るい色合いで作ってもらえますか?」
「みく子ちゃんのライブに合わせて、やね」
「当日仕事の後に取りに来ますんで。先にお代払っておきますね」
「ほな。当日とびっきりの作っとくわ。びっくりするでー?」

なんなんだろうこれは。初対面のはずなのに。関西弁は耳を通ってちゃんと脳で理解できているのだろうか。ふっと一瞬そんなところへ意識が飛ぶ。

お代払ってちょこっと浮かれながらの帰り道。なんで花屋なんだろう…なんだか花屋以上の事ができそうな体つきだったなぁ…? あまりちゃんと店長を見てもいないはずなのになぜだかそんなことを思う。
だけど不自然ではないんだよなぁ…それにしてもすべてがあやふやである。
花を買ったこと以外は。

―疲れ過ぎかな。
ライブの日までもう少し。

お昼にマックスへ行った時、壁という壁にみく子のライブ告知ポスターが貼ってあって、トイレの手洗いの壁にまで貼ってあった。なにもそこまで…ねぇ。よほど熱心な子が貼ったんだろう。


そういえば明日は早いんだ。
早く寝よう…

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

六日目:なつめ編 04話

朝は少し寒い。携帯アラームを止めるついでに、寝ぼけたままぼんやりスケジュールチェック。はっと気づく…

みく子のライブ今日じゃんか!

花屋のできごとは昨夜だったらしい。どれだけ疲れているのだろうか。
今日は仕事もそこそこでおかしいくらいに浮かれっぱなし。久しぶりにみく子の歌がきけるのだから。

「じゃっ。お先でーす!」
そう言った先からもう猛ダッシュで。
あ。花屋に寄らなくちゃ。店長も行くのかなぁ?

「すみませーん!」
「お。いらっしゃいー!」
あいかわらず笑顔の素敵な店長さん。

「お花できてますかっ?」
「そりゃもうすごいのが…腰抜かさんときー」
「じゃじゃーん!」
「おぉっーーー! すごい?っ!」
「せやろー? ちっこいけど時間かかったんでー」
「持ち手のとこにもツタがあってな…ほら、みく子ちゃん友達多いし、いろんな繋がりをこれで表してみたん」
「それに色合いも抜群やろ? 元気になるカラーでまとめてみたんや! なんか昨日君、元気なかったやろ?? せやからこれ見て元気もらってや??」
自信満々に説明してくれる店長さん、あげるのは私だけど店長さんもみく子の事知ってるしなぁ。相当気合い入っているのみたい。

「ありがとうございますっ」
「それだけっ?」
「ぅ。いえっ。私まで元気もらえるなんて…嬉しくって…」
「遠慮せんで貰えるもんもろときー」

なんだかすごく笑顔になれる。お花屋さんの雰囲気が素敵だからかな。このままみく子に会いに行こう。

「そういや…後でうちのバイトの子らとライブ行くんやー。間に合うんかいな…」
「きっと…大丈夫ですよっ」
そう笑顔で、根拠もなく返事をしてしまった。

「それじゃっ。またあとで♪」
「ほな。まいどおおきにー」


なんだろう、この浮き足立った感覚は。ここのところ味わってなかった感覚だ。
おかしいくらい笑顔になってみく子のいる場所へと向かう…

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

六日目:なつめ編 05話

事態はいつだって急に動き始める。
ぼんやりなんてしている場合じゃないんだ。

そう。これからライブなのだ。
大切な花カゴが崩れないように…それでいてできる限りのスピードで会場へ。

息を切らせながら着いてみるともう人だかりができている。みく子は…? なんて思っているとどこからかみく子が現れた。後ろに男の人も一緒だ。蜜クン…なのかなぁ?
集まった人の前へみく子が歩んでゆく。ギターケースから取り出してチューニングを始める。

チューニングが終わるとゆっくりと…右手で空を指差した。辺りがシン…となる。

「集まってくれてありがとう。 それじゃあ、今夜の始まりの歌、いきますよ?」

ふっとあの笑顔をみせた。いつもの彼女の笑顔だ。
すべては大丈夫みたいだ。ほっと安心しているとイントロが流れてきた。

「オレンジ」
…そう言って静かに歌い始めた。
あの人の歌なのかな。そう思いながら聞いた。

2曲目…どこかで聞いたことあるような気がする。カバー曲みたいだ。そんなこと思いながら聞いていると、終わってからそっとみく子に近づいた男性がいた。カノジョと一緒らしいその男性はみく子と少し会話をして離れた。
またあの笑顔だ。みんなみんな虜になる…

何曲目かの後にみく子に抱きついている子がいた。
バイト仲間の子だろうか。
ふと前を向くとみく子と目が合った。

「あ。なつめぇー」
いつものみく子だ。ちょこっと前へ出て、

「みく子、これ…」
そう言って花カゴを渡す。

「なつめぇーありがとぉー。」
スッと一輪抜いた花をそっと耳の脇へ差した。
今の髪の色にも似合うようだ。

「昔…作った曲なんだけど、うまく歌えるかな…」
「僕らの未来」
そう言ってすこしはにかんだ。
やさしくて懐かしいイントロが流れてきた。
あ…っと思わず声が出る。

あの頃同じ制服を着て歌ってくれていた曲だ。うちら二人だけの曲だよって言ってくれたんだ。こんな大切な日に歌ってくれるなんて…そう思うと余計に鳥肌が立ってとてつもなく懐かしくなった。すごく嬉しいのに、いつの間にか目の前が潤んだ世界に変わっていた。
同じ曲なのにあの頃とは違う新鮮な風が通っていく。声は更に透き通って聞こえる。だんだんみく子の姿がちゃんと見えなくなってくる…

いちばん好きだったフレーズ
 「君が笑ってくれたなら この世界は無敵だ…」
あぁ、泣いている場合じゃない。
気が付くと頬まで伝っていた涙。そっと拭ってみく子を見る。すると笑顔のみく子と目が合った。思わず私も…涙の残る瞳で微笑んだ。

歌い終えたみく子の前から少し下がって見ることにした。赤い目で前にいると…また泣いてしまうかもしれないから。

その後もみく子は大切な仲間の歌をうたい続けた。なんでそうわかるかって? みく子のことだもの。いろいろ悩んだって今日ここでうたってくれている。いつもずっと一緒にいるわけじゃない。学校が離れたら知らないことだって増える。それでも、みく子はいつだって変わらない笑顔でいてくれたんだ…

―ちゃんと聞いているはずなのにぼんやりと考え事をしていた。気が付けば12曲目だ。指折り数えていたけどもう足りない…

「次はデュエットでいきまっす♪」

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

六日目:なつめ編 06話

「次はデュエットでいきまっす♪」

そう言ったみく子の目線の先にはギターを持った女の人が居た。ストリート仲間なのかな。
アイコンタクトしているみたいだけど…みく子には負けたみたいだ。ギターを抱えて、みく子の隣へ座った。
少し言葉を交わして、ゆっくりとギターを弾き始める…

「秋空の向う」
並んだ二人のギターから出てくる音はいつもより厚みがあってすごくいい。声の重なりもキレイなメロディに乗っかって流れてゆく。
情景の浮かぶ、透き通ったそれでいてあったかな歌だった。歌い終えた女の人はみく子とハイタッチしてさらっとその場を去った。かっこよいなー。

その後もみく子は歌い続けた。
「バニラ・フィッシュ」
歌い終えた後、マックスの紙袋を渡した子がいた。みく子喜びすぎっ。マックスの子…あのポスター貼ってあったお店の子かな。
ちょこっと喉を潤した後、みく子はそっと言った。

「次で、最後の曲です」
もう…なのか。早いような気がした。
13曲も歌ったというのに。なぜなんだろう。

「今日、私が本当に聞いて欲しいのは、この歌です」
「アリア」

短い曲じゃないはずなのにあっという間だった。さっきよりもっとすごい鳥肌が立った後、また泣きそうになって。いやいやって持ち直して。ちゃんとみく子の歌聞けていたのかな。

「なんか、すごいね」横の方で言っている人がいた。
「生まれ変わった」なんて聞こえてくる。

そうだ。まるで生まれ変わったみたいだ。
それでもみく子はみく子だ。
それだけで十分だと思った。

「どうもありがと」
そっとみく子は呟いた。

歌い終わったみく子にいろんな人が駆け寄っている。
またぼんやりと考え事をしていたらみく子と目が合った。

「なつめぇーお花ありがと」
彼女は一輪私にも耳の脇に差してくれた。

「なつめぇーお疲れ? また聞きにきてよねっ」
「うん…」
なんて言ったけど…いつになるのだろうか。
お花…あげてよかったな。いい事あったなぁ。
お花屋の店長さんと目が合った。にっこり、笑った。

また今度お花屋に買いに行こう。そうして家で飾ろう。
そんなことを考えながら帰った。
みく子の周りにはまだ人がたくさんいた。

透き通った夜空にはたくさんの星が瞬いていた。
あんなにキレイな星だっていつか消えてしまうんだ。
みく子だって、永遠じゃない。

それでも今、みく子は周りに居た人達によって輝き続けている。何がどう変わろうとみく子はみく子だ。避けられない変化ならばせめて受け入れられないだろうか。
なにより不安を感じていたのは他ならぬみく子かもしれないのに。

またいつかいつもの街のどこかでみく子にあえるかな。
変わらない歌をきかせてくれるかな。


道の向こうで黒猫が鳴いている。
実は誰か呼んでいるんだったりしてね。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。