ロシュ編
蜜編
サク編
蓮火編
アリエス編
黒編
しのめん編
奏湖編
ちこ編
志津編
タイキ編
ゆん編
なつめ編
卵茶編
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
■ロシュ
みく子の元カレ。
二枚目、頭脳明晰、スポーツ万能で浮気者。
みく子と別れてエリカと付き合いながらも、みく子に未練がある人。
■蜜
みく子の現彼氏。
みく子のアバンギャルドなパーマを見て怒った。
世界を救いたいと思ってる人。
■サク
みく子の初恋の人。
みく子のことだけを考えながらも、人生に絶望してる。
悪魔と契約なんかしちゃってる人。
■蓮火
みく子の知り合い。
路上ライブで知り合い、アバンギャルドなパーマを見て
「とりあえず、そのパーマだけは直せよ!」と路上で叫ぶ人。
■アリエス
みく子と同じ研究室の学生。
先輩には卵茶もいる。
教授にいろんな意味で愛されてる人。
■黒
みく子のチャット友達。
るどんとビリヤードしたりもする。
みく子と実際に会ったことはない人。
■しのめん
みく子の友達。
どう見ても二児以上の父親としか思えない老けた大学生。
色の識別が出来ない人。
■奏湖
みく子の元後輩。
大通りにある24時間営業のマックス・ドックスの元気な店員さん。
みく子のライブポスターをそこら中に貼りつけた人。
■ちこ
みく子のストリート友達。
みく子と同じようにストリートで歌ってる。
昼は喫茶店、夜はダイニングバーじゅごんで働いている人。
■志津
みく子の友達。
「ふろーら・しょうだ」でバイトしてる。
落研で「るど」と漫才コンビを組んでる人。
■タイキ
蓮火の兄。
タクシードライバーをしている。
弟の蓮火のことをいつも考えてる人。
■ゆん
みく子の友達。
普段はたまにメールでやりとりしてる。
みく子のライブのポスターを作った人。
■なつめ
みく子の高校の同級生。
高校時代はみく子の生演奏を聴いたりしてた。
現在は立派に社会人をしている人。
■卵茶
みく子のゼミの先輩。
みく子とはよくメールをする仲。
後輩にはアリエスもいるがどちらからも先輩扱いを受けていない人。
■M線上のアリア CM動画 A巻発売編!
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

一日目:黒編 01話

そう、あれはニ年前の夏の暑い日だった。

友達からあるサイトを紹介してもらった。

そして、初めて仲良くなったのが みく子 だった。

今でもみく子とは仲良くやっている。

僕らは、ネットワーク上でよく会話をした。

その会話ででてきたのが『蜜クン、花、歌』のキーワードだった。


『蜜クン』とは、彼氏の事らしい。

どうやら最近その『蜜クン』とケンカしたらしい

原因は髪型らしいんだが。。。

写真を送ってもらい確認したが。

(うわぁ・・・・)

と声が出てしまわんばかりのパーマだった。

何がすごいってもう、すごいとしかいいようがなく。

これが、ネットワーク上の会話でよかったと

心から思った。

次に印象深かったのが、色だった。

髪の色が見事なオレンジ色をしていたのだ。

肌は溶けていきそうな白だった。

僕は、みく子をなだめながら

話題を変えようと

みく子の好きな歌について聞いた。

彼女は唄を唄ってるらしく

僕はどんな声で唄うのか興味深々で

『音声チャットせぇへん? 唄めっちゃききたいんやけど!』



みく子に訪ねてみた。


みく子は少し戸惑いながらも

二つ返事で返してくれた。
スポンサーサイト

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

一日目:黒編 02話

僕はこのニ年間、彼女を人としてみていなかった。

実際に逢ったこともないし

声を聴いたわけでもない。

本当のとこ、男か女かすら解らない。

なんせ今まで逢ったり、声を聴いたりをしたことがないからだ。


普段、音声なんかで話さないもんだから

『なんか照れるなぁ(笑)』

『そだねー!(笑)』

などと初めは、お互いにちょっと照れた感じで
若干テンション高めに、くだらない会話をしながら
お互いの緊張をほぐした。

しばらくして

『なにがいい?』

唐突に、みく子からの問いに

『んぁ?』っと

間抜けな応答を返してしまった。


『唄…。 聴きたいんでしょ?』と

みく子は、小悪魔的な微笑を浮かべてそうな声で言った。


『みく子の唄いやすい唄でいいよ。』

と何気ない応答にみく子は

『じゃぁねぇ・・・ちょっと待っててね!』

と言い放ち

ガサゴソと一旦席を離れた。


僕は、いったい何をするんだろう?とワクワクしていた。

『お待たせ・・・じゃぁ・・・』と

呼吸を整え

少し間を置いて。

『一番、みく子! 唄います!(笑)』と

みく子は、照れながら言うと

ギターを掻き鳴らし唄った。

(うおっ、生演奏かっ!
  っていうか一番って俺も続かないといけないのかっ)

と思いながら

聞こえてきたモノは

ガラスのように繊細で透きとおるような声で

僕の耳を駆け抜けていき

僕は、みく子に魅了されていった。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

二日目:黒編 03話

初めての音声チャットから

僕とみく子はネットワーク上での会話の他に

音声チャットというコミュニケーションが加わった。


それにしても、みく子の声は綺麗な声だ。

この声だけでご飯三杯はいける(性的な意味で


この声を独占してる『蜜クン』にちょっと嫉妬だ。

いや、ちょっとどころじゃないな。

『み。。。ミ。。。蜜クンめぇ・・・・』

って

名前しか知らぬ男に嫉妬しても仕方ない。




僕には友達が少ない

少ない内の一人で

オンラインビリヤードで知り合った友達がいる

ビックリパーマのるどんだ。


僕とるどんは、ネットワーク上という壁を越えて

リアル(現実世界)でよく遊ぶ。

遊ぶといっても、もっぱらビリヤードだ。

今日もいつものように

右手がぷるぷるするくらいに、ひたすら9ボールをしていた。

さすがに、腕がもたんと思い

『ちょっと休憩しよっか?』

と休憩する事にした。



僕はコーヒーとタバコで息抜きをしていた。

すると突然るどんが

『なぁなぁ黒ちゃん。。。』

さっきまでとは違う雰囲気で問い掛けてきた。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

二日目:黒編 04話

突然、雰囲気を変えての発言だった。

戸惑った僕は、場の空気を変えようと

「どしたん?お腹すいた?(笑)」

と強引に笑わせようと答えると

「ちょ!(笑)
 なんでしおらしくしてる雰囲気だしてるのに
 そんな話になるねん!

 ・・・ちょっと空いたけど。。。」

その意外な返答に思わず僕は爆笑してしまった。

「あはは(笑)
 はぁ…。 んで?(笑)
 どうしたん?(笑)」

僕が笑いを堪えきれず、半笑いの状態で言うと

「もぉ?。
 まぁえぇわ。
 
 んで
 るどの友達の事なんやけどな。」

るどんは、半分飽きれながらも
本題に移って行った。

「めっちゃ可愛くて
 めっちゃ人から好かれてる子がおるねんな。」

「逢ってみたいもんやな(笑)」

「んで
 その子は急にパーマかけてきてん。」

「俺はストレート萌えやけどな。」

「(笑)
 まぁ、普通のパーマとかならいいんやけど
 なんていうの?
 アバンギャルドなパーマやねん!」

「アバンギャルドってなんやねんな(笑)」

「そういう説明しかできんねんもん。」

半ば漫才かのような会話の中

るどんがちょっと真剣な表情で聞いてきた。


「なんで変えたんやと思う?」


意味不明な質問だと思ったが

ちょっと真剣な表情のるどんに

適当に答えるのは、悪いと思い

真剣に答えた。

「ん?。
 
 現状に満足できてなかったんちゃう?」


まだ納得のできないような顔のるどんを見て

僕は、解答を探るように言った。

「何かキッカケがあったんちゃう?」

「何かって?」

「そんなん知らんがな(笑)
 まぁ、例えば彼氏と上手くいってないとか。
 彼氏おるかしらんけど。
 
 周りになんか言われたとか
 その人にしかない理由っていうのがあるんちゃう?

 でもまぁ変わるって勇気いると思うよー。
 何かしら変えてみると意外と良かったりもするし
 逆に悪くなったりもするわなぁ??
 変わるっていう事は未知の自分を受け入れるって事やし」


言った後で
完全に問題をすりかえてねぇか?
などと思いつつ、考え込んでいたら


「う?ん。。。」

悩んだ表情でるどんが言った。

僕は、真剣に答えたのにその反応にちょっと凹みつつ

「そんなもん本人にしか解らんやろ(笑)

 さっ
 もう一勝負!」

と意味不明な質問を終らせた。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

二日目:黒編 05話

意味不明な質問の後

僕らはいつものように9ボールをしていた。

「ほい、ブレークやってぇ?。」

1から9のボールを綺麗にならべて

るどんに白球を渡す

るどんが真剣な顔で白球を撞いた。


パァン!


九つの球が弾けて

それぞれの球がぶつかり合い


黄色のストライプの球だけが


隅の穴に落ちていった。


「ちょ!」

僕は興奮気味に声をあげた。


ブレイクエースだ。

ブレイクエースとは、ブレイクショットで9ボールを落とす事であり

そうそう狙ってできるものではない。



僕以上に興奮しながらるどんが叫んだ

「やったぁぁぁぁぁ!!!!」

そしてそのまま僕の所にやってきて

「まいったか!」



胸を張り上げて自信満々に言ってきた。

僕は悔しいながらも

「まいりました!」

と軽く頭をさげた。


その後、さすがにやる気が萎え

悔しさが残りつつも

僕とるどんはビリヤード場を後にした。

その後、二人で晩飯を食って

お互いの家へと帰っていった。


家に帰り、携帯を投げ捨てると

「ふぅ?・・・」



僕は、一日分の疲れを吐き出し

布団にダイブすると。

るどんの言ってた子の事を考えた。


「理由ねぇ・・・・」

独り言を吐きつつ考えていると

頭の中にみく子が浮かんだ


アバンギャルドなパーマ

この単語だけで、あの頭がでてきた。

「まさかなぁ?(笑)」

すぐにそれを否定して

僕はそのまま深い眠りについた。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

二日目:黒編 06話

何時だろうか

つけっぱなしのパソコンから

ブオーン ブオーン


音声チャットの呼び鈴だ!

寝ぼけた身体をたたき起こし、僕はパソコンに向った。


「送信者は・・・みく・・・子・・・から?」


急いで僕はマイクをつけ、受信ボタンをクリックした。

「あ・・・やっと繋がった!」

みく子の綺麗な声が

0と1の配列になって僕の耳に入ってくる。


「あぁ、ごめん。
 帰ってきてそのまま寝てたみたいさ。」

僕は半分寝ぼけた声で答えた。

それを聞いて、起こした事を悪く思ったみく子が

申し訳なさそうに

「ごめーん(笑)
 寝てたんだぁ。。。悪い事しちゃったなぁ。。。」

「大丈夫大丈夫
 んで?どったの?」

僕は何も気にせず話を進めた。

「最近、お話してないからしようと思ってさぁ…」

みく子が拗ねたような声で言ったので

それがちょっと可笑しかった。

いや、それ以上に歯がゆい気持ちになった。


「俺はお前の彼氏か(笑)」

「えへへー(笑)」

否定しとこうよ。

心の中でそう思いながら

僕は話を進めた


「否定しとこうよ。」


あっ口にでてた。

「えへへ(笑)
 んでね、今日いろんな事あったんだぁ?」

屈託のない笑いと共に会話は続けられた。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

二日目:黒編 07話

みく子は色々な事を話してくれた。

元彼のロシュの事。

ノートン教授という人に逢いに行く事。

・・・ノートン教授って言うとあの大学の。。。

みく子が実は近くに住んでいるんじゃないかと思ったが

僕は口にださなかった。

ネット友達と言う関係が崩れてしまいそうで嫌だった。


「色々あったんやなぁ?。
 そういや明日の夜っていうか今日の夜か。
 ちょっと変わったバイト行くねん。」

「ちょっと変わったバイト?」

僕の発言にみく子は興味深々だった。

「そそ
 普段はそんなバイトはせんと思うから
 思い切って応募してみてん。」

「どんなバイト?」

「ドアマン!
 ドアマン言うても、アトラクションとかの怪獣ちゃうで!?
 映画とかでパーテー会場とかの入り口にいる
 あのドアマンやで?」

「黒ちゃんが?(笑)」

みく子がバカにするように言ったので
僕はちょっとムッと腹を立てたように

「なんやそのカッコ笑みたいな発言は?
 失礼な!
 俺めっちゃ紳士やっちゅうねん(笑)」

「これはこれは失礼しました(笑)」

漫才みたいなノリが面白くって
お互いに笑いあった。

「さて、そろそろ寝たほうがいいんちゃう?」

夜も遅かったので僕は終了のサインを送った。

「それもそうだね(笑)
 ごめんね起こしちゃったみたいで」

「いいよいいよ(笑)
 ほな・・・・おやすみぃ?」

「はぁい
 おやすみなさーい
 んじゃ黒ちゃんばいばーい」

「ちょいまち!」

僕はみく子を引き止めた
僕は昔からある言葉を使い分けていた。

「俺、昔から[バイバイ]と[またね]って使い分けてるんやん。
 また逢いたい時は[またね]で
 [バイバイ]ってもう逢えへんみたいやん?
 子供っぽいかもしれんけど
 なんか寂しいから使い分けてるねん」

「そっか・・・ごめんね。
 じゃぁ・・・またね!黒ちゃん!」

「またね?」

理解してくれたみく子は言い直してくれて
ささいな事でも僕は嬉しかった。

「もう一眠りするか・・・起きたらシャワーでいいや。」

真っ暗な部屋で僕は独り言を放ち
パソコンの電源を切って
もう一度布団に横たわり
深い眠りについた。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

三日目:黒編 08話

ピピッ ピピッ ピピッ

「・・・・んん・・・?」

ピピピッ ピピピッ ピピピッ

「・・・・Zzzzz」

ジリリリリリリリリリリリリリリ

「・・・・!!!!!!」

軽快な目覚ましの音と共に飛び起き

即座に目覚ましを叩きこわs

止めた。


時間を見て、余裕がある事を確認すると

目覚めるためにタバコに火をつけて

コップに水を入れた。


煙草を吸い終えると

服を脱ぎ捨てて

シャワーを浴びた。

そして

一日分の伸びた髭を剃り

髪の毛をととのえて

パーティー会場へ向った。

しばらくして大きな豪邸が見えた。

「ここが斉藤家か・・・ 間違いないな。」

間違えようがない

この辺一体で豪邸と呼べるような家を探すだけなのだ。

インターホンを押すと使いの人が出た。

「はぁぃ?」

「あ…本日こちらで働かせていただく黒と申します。」

「あ。。。はぃっ。そのまま奥へどうぞぉ」

可愛い声が返ってきて不安感が吹き飛んだ。

そして言われるがままに僕は斉藤邸の奥へとすすんでいった。

斉藤邸に入るとメイドらしき人に客間に案内された。

その部屋には今日着る為の服が用意されていた。

「その服に着替えたら
 今日の仕事について説明しますのでぇ
 広間に来てくださぁい。」

「はい。わかりました。」

僕は少し緊張しながら返事をした。

「あっ・・・私、桃ニャって言ぃますぅ
 私も、バイトなんですぅ。
 よろしくねぇ?。」

「あっ黒っていいます。
 今日は宜しくお願いしますね。」

お互い自己紹介をし終わると
奥から女性の声が聞こえてきた。

「桃ニャー桃ニャー」

「はぁぁぁぁぃ」

その声に気付くと桃ニャさんはその声の方向に急いで向った。

客間に一人になった僕は、急いで服に着替えた。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

三日目:黒編 09話

支給された服に着替えて鏡を見る。

誰これえええええええええええええええええええ

俺だ。



「さぁ、仕事だ」

気持ちを入れ替えて広間に向った。

広間で桃ニャさんと屋敷の住人らしき人に声をかけられた。

「あっ黒さん!
 こちら斉藤夫人ですぅ。」

「はじめまして、今日はがんばってちょうだいね。」

夫人と聞かされて僕は慌てて挨拶をした。

「あっはいっ
 精一杯頑張らせていただきます!」

「では、私は着替えさせていただきますわ。
 それでは、桃ニャ
 後は宜しくね。」

「はぃっかしこまりましたぁ」

一言言い終えると夫人は奥へと向った。

僕は桃ニャから説明を受けると

開始の三十分前まで休憩をとるべく

タバコを吸って気持ちを落ち着かした。


「ドアマンか。
 扉の前でお客様のお迎えねぇ・・・

 こんな豪邸の客だ。
 どんな人たちがくるんだろーか。」

そんな事を考えている間に

三十分前になった。

「そろそろ行くか。」

僕は、扉の前で姿勢よく待ち構えた。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

三日目:黒編 10話

しばらくすると車が数台やってきた。

僕は、お客様の到着を告げた

「お客様がお着きになられました!」

僕の低い声が屋敷に響く

僕は丁寧に扉を開け

「いらっしゃいませ。ようこそお越しくださいました。」

丁寧に挨拶をし深くお辞儀をした。



次に二人の美しい女性がやってきた。

一人は
黒のドレスに大きなゴールド色のストールを羽織った
シックでセクシーなドレスを纏い

もう一人は
ブラックにブラウンの大きな縁取りのあるドレスに
大きな羽飾りのついた帽子を被っている。

僕でも知ってる。

あの有名なリゾートの令嬢とオペラ歌手の姉妹だ
たしか、スカビオサ姉妹だ。

「いらっしゃいませ。ようこそお越しくださいました。」

丁寧に扉を開き、深くお辞儀をした。


しばらくしてタクシーが止まった。
運転手がやたらとニヤニヤしている。

っていうかしたくもなる。

美しい二人の女性がタクシーから出てきた。


叶姉妹かこれ。


一人は
薄紫色で肩紐がなく
胸のところにドレープの入ったロングドレス

もう一人は
シルクのマロン色の細い肩紐の付いたキャミソールタイプのロングドレス

どちらも深く胸元が開き
腰の辺りまでスリットが入って、スタイルがいい。

そしてなにより

色っぽい。


「いらっしゃいませ。ようこそお越しくださいました。」


手馴れたように丁寧に扉を開き深くお辞儀をした。



続いて到着したの方もまたまた綺麗な人だった。

レースのカチューシャをして
大きなリボンのついたパフスリーブのクリーム色のドレスを着た
女性と

蝶の刺繍の入った
深いブラウン地の着物を
黒のスリムなスラックスパンツと合わせて
うまく洋風に着こなしているスタイリッシュな女性だ。

たしか、カチューシャをしている方がモデルだ。
見たことがある。

そして、スタイリッシュな女性は。。。
有名なファッションアドバイザーだ。


「いらっしゃいませ。ようこそお越しくださいました。」


僕はまた丁寧に扉を開き深くお辞儀をした。


次は。。。
豪華なリムジンが止まり
そこから出てきたのは

爺さんとその孫。。。?

爺さんの方は
黄色と緑のカマーベルトをし
黄色に緑の蝶ネクタイをした黒のモーニングを着た
チャップリンのような人だな。

どことなく気品を感じる。

孫の方は
淡いピンクと白の繊細な刺繍が入った
アシンメトリーなキャミソールタイプの上品なドレスを着た
僕好みの女の子だった。


「いらっしゃいませ。ようこそお越しくださいました。」


今日何回目だろうか
僕はまた丁寧に扉を開け、深くお辞儀をした。

扉が開き、二人の来賓を見た斉藤夫妻はすぐ様駆け寄ってきた。

「ようこそ。ノートン教授」

斉藤夫妻の声が聞こえる。


あれがノートン教授。。。

孫の名前は、エリカっていうのか。


ノートン教授に気をとられていると
もう一台車がやってきた。

その中からでてきたのは

黒のワンピースに黒のボレロ
ピンクのコサージュと
ピンクの靴といった出で立ちの素敵な女性だ。

たしか
有名な水彩画だ。


「いらっしゃいませ。ようこそお越しくださいました。」

さすがに疲れが見えてきたが
僕は丁寧に扉を開き、深くお辞儀をした。


しばらくすると
パーティ開始の合図のように会場内が騒がしくなる。

「ふぅ。。。これで終わりか。。。」


深いため息をついて、僕は体勢を楽にした。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

| TOP | 次のページ≫


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。