ロシュ編
蜜編
サク編
蓮火編
アリエス編
黒編
しのめん編
奏湖編
ちこ編
志津編
タイキ編
ゆん編
なつめ編
卵茶編
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
■ロシュ
みく子の元カレ。
二枚目、頭脳明晰、スポーツ万能で浮気者。
みく子と別れてエリカと付き合いながらも、みく子に未練がある人。
■蜜
みく子の現彼氏。
みく子のアバンギャルドなパーマを見て怒った。
世界を救いたいと思ってる人。
■サク
みく子の初恋の人。
みく子のことだけを考えながらも、人生に絶望してる。
悪魔と契約なんかしちゃってる人。
■蓮火
みく子の知り合い。
路上ライブで知り合い、アバンギャルドなパーマを見て
「とりあえず、そのパーマだけは直せよ!」と路上で叫ぶ人。
■アリエス
みく子と同じ研究室の学生。
先輩には卵茶もいる。
教授にいろんな意味で愛されてる人。
■黒
みく子のチャット友達。
るどんとビリヤードしたりもする。
みく子と実際に会ったことはない人。
■しのめん
みく子の友達。
どう見ても二児以上の父親としか思えない老けた大学生。
色の識別が出来ない人。
■奏湖
みく子の元後輩。
大通りにある24時間営業のマックス・ドックスの元気な店員さん。
みく子のライブポスターをそこら中に貼りつけた人。
■ちこ
みく子のストリート友達。
みく子と同じようにストリートで歌ってる。
昼は喫茶店、夜はダイニングバーじゅごんで働いている人。
■志津
みく子の友達。
「ふろーら・しょうだ」でバイトしてる。
落研で「るど」と漫才コンビを組んでる人。
■タイキ
蓮火の兄。
タクシードライバーをしている。
弟の蓮火のことをいつも考えてる人。
■ゆん
みく子の友達。
普段はたまにメールでやりとりしてる。
みく子のライブのポスターを作った人。
■なつめ
みく子の高校の同級生。
高校時代はみく子の生演奏を聴いたりしてた。
現在は立派に社会人をしている人。
■卵茶
みく子のゼミの先輩。
みく子とはよくメールをする仲。
後輩にはアリエスもいるがどちらからも先輩扱いを受けていない人。
■M線上のアリア CM動画 A巻発売編!
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

一日目:しのめん編 01話

光が羨ましかったんだ。

物心付いた頃に、自分以外の人には
『色』という認識がある事を知った。

誰もが自分と同じように
濃淡のみで構成された世界を見ていると思っていた。

折り紙、クレヨン、絵の具、運動会の何組。
全てが同じ色だった。違うのは薄いか濃いかだけ。
色が解らないだけで、いじめを受けるようになった。

次第にいじめられるのにも慣れて
いじめる側はいじめる事に飽きて無視をされるようになった。
その影響で、高校を卒業するまでに友達と呼べる人は一人もいなかった。

地元から離れた大学に入ったけれど
大学での生活も今までと特に変わらない。
講堂の隅に座って黙々とノートを取る。
ただそれだけの日々。

ただ、特別これといって誰も話しかけてこないから
中学や高校に比べると随分楽だった。



そんなある日、いきなり話しかけられた。
最初は自分では無いだろうと思っていたけれど
トントンと肩を叩かれて、驚いて振り向いた。


「ねぇ、ノート写させてくれない?」


そこには綺麗なストレートの髪を揺らしながら
細身の女の子が悪戯っぽく笑っていた。


「黒一色だから見辛いよ?」


そう言いながら僕はノートを彼女に渡した。

彼女はみく子と名乗った。
それから何度か彼女にノートを貸したり
時には簡単な会話までするようになっていた。

気が付くと、彼女を介して別の人とも会話するようになり
その人達を介して、また別の人を知っていく事になった。

それが三年前の話だ。
スポンサーサイト

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

二日目:しのめん編 02話

三年前のあの時から
僕は密かにみく子の事を想っている。

なるべく彼女と同じ講義に出席するようにしたりと
今時の中学生でもしないような微妙な努力を続けている。
しかし、ここ最近は実家の稲刈りの手伝いで大学に来ていなかったので、彼女にももちろん会っていない。


今日のニ限目にある流通科学の講義に出席する為
僕は自分の指定席でもある講堂の一番隅を確保しながら彼女を待った。
しばらくすると周りの学生が、ひそひそと会話を始めた。


「病的に白いよね…」

「なにあのパーマ、似合ってねーよ」

「でもさー、アレでモテてるんだから、なんだかねー」


僕は目が悪い分、その他の感覚が鋭い。
聴覚も鋭いので周りのひそひそ話が充分に聞こえてしまう。

誰の事を言っているんだろう?と思いながら
その話題にされている視線の先へ、講堂の一番後ろへ僕は視線を移した。


そこにはみく子が座っていた。


どこかしら心ここにあらずな、みく子。
周りの「病的に白い」の意味はさっぱり解らなかったけれど、アバンギャルドなパーマが僕の目を惹いた。


「革新的過ぎるだろ、それ」


思わず遠距離からツッコミをしてしまう。
そんな遠距離射撃をしていると、みく子の隣に馴れ馴れしく男が座ってきた。
僕は聴覚に集中した。


「…ミク、昨日はナニ…してただろ?…」

「うん。…」


(おいおいおい、朝から何しゃべっちゃっているんだ、あのニ人!
 「ナニしてただろ?」って何だよ!
 いや、それに対してめちゃくちゃ良い笑顔で「うん」ってなんだ
 認めるのか、認めちゃうのか、僕の、僕だけのみく子!)


僕は興奮冷めやらぬ気持ちで、さらに聴覚を研ぎ澄ませる。


「どう…て…いだろ」


なぜか男の方が怒りながら言っている。


(何を怒っているんだ!こっちだって童貞だ!)


急にみく子と話をしている男と、友達になれる気がした。


「う…ん、ちょ…い…ぶ…」


(ちょ?ちょいぶ?チョイブってなんだ?
 ちょっとした大人のおもちゃ的なアレか?
 どうしちゃったんだ、僕のみく子!
 君はもっと穢れのない子だったじゃないか!)


あまりの興奮に立ち上がろうとすると教授が入って来た。
僕は講堂の前へと向き直りながらも、聴覚だけは講堂の一番後ろに向けた。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

二日目:しのめん編 03話

「流通は、歴史的、人間社会の基盤、災害時、グローバルな社会経済の面から見ても、二十一世紀における重要なキーワードであり…」

教授が流通科学の講義をしている。
でも僕の意識は教授とは反対側に向かっていた。


キュィンキュィィィィン。


僕の聴覚が集中力を高めていく。
別に機械音は鳴っていないけれど。


「後…ナスね…」


(チョイブの次はナスか!
 あれか!あんなこととかかっ!!!)


と思った途端、鉄の臭いを鋭い嗅覚が捉えた。
僕はすぐにポケットティッシュを取り出すと鼻に宛がう。
そう、鼻血だ。

幸い鼻血は処置が早かったので、誰にもバレる事なく事なきを得そうだ。
鼻血の処置をしながら聞こえてきたのは


「蜜クン、彼氏、大ゲンカ、仲直り、一緒に、イク」


途切れ途切れのワードではあるが、こんなの、組み立てれば何を話しているのかはスグに解るってものだ。
大学ノートにワードを書き込みながら思考を巡らす。


(まずは「蜜クン、彼氏、大ゲンカ」だ。
 これは蜜クンという人が彼氏と大ゲンカしたって話だな。
 となると残りの「仲直り、一緒に、イク」は…読めたぞ!

 蜜クンという人が彼氏と大ゲンカしたけども仲直りして、ヤって一緒にイった。と。

 お、男同士?これ男同士!?)


鼻にティッシュを詰め込みながら、改めて聴覚を集中させる。


「でね…すごく…蜜クン…出たの…」


(ちょ、ナニが出たの??って、待て、待て、待て。なぜに泣くんだみく子?
 その事をみく子が知っているって事は蜜クン=彼氏って事か?
 ちくしょう、蜜クンめ。
 いや、どこの誰かは知らないけど、みく子を泣かすなんて…許せん!)


次第にみく子の泣き声は大きくなってきている。
隣に座っている男がみく子を外に連れ出したようだ。
みく子の大きな泣き声が講堂の外から響いている。

しばらくしてから僕は、講義を抜けてニ人を追いかけた。
僕のモノクロにしか写らない目に飛び込んできたのは
校門の前でニ人が乗り込んだタクシーが発車するところだった。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

二日目:しのめん編 04話

タクシーが走り去った校門をモノクロに見つめていた。

僕が稲刈りの手伝いをしている間に、僕のみく子を取り巻く環境が急変している。

これは由々しき問題だ。
次のタクシーを捕まえて「あのタクシーを追ってくれ!」とでも言おうか。
いやいや、少し冷静になろう。

ぽん。

鼻に詰めていたティッシュを抜き取った。
鉄の臭いが嗅覚を刺激してくる。


「まずはみく子に何があったのかを調べる必要があるな」


妙な使命感を感じながら、僕は図書室へと歩き出した。

図書室にはそこそこの学生が調べ物や読書をしている。
空いていた隅の席に腰掛けると、僕は大学ノートを広げた。


「蜜クン、彼氏、大ゲンカ、仲直り、一緒に、イク」


今持ちえている情報を整理すると、この蜜クンっていうのがみく子を泣かした張本人で、どうやら、みく子の彼氏みたいだ。


「大ゲンカをしたけれど、仲直り…」


呟きながら大学ノートに追記をしていく。
フと、少し離れた窓際の席に座っている学生が気になった。
空いている窓の傍で分厚い本を難しい顔をしながら読んでいる。
本のタイトルは…「一般動物に見られる遺伝的病症」だ。
色は解らない僕の目も、視力は人の数倍は見える。
難しい本を読んでいるな。と思いながらノートに視線を戻す。

そもそも、みく子はなぜ泣いていたんだろう。
彼氏と大ゲンカしたが、仲直りしたんだろう?
それならあんなに悲しそうに泣く事は無いじゃないか。


(まてよ…?)


「一緒に、イク」


(このワードは、もしかすると、彼氏以外の誰かと【何処か】へ【行こう】としたって事か?
 それで逆上した彼氏に…許せん!)


大学ノートに大きく「彼氏=蜜クン=許せん」と書いた。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

二日目:しのめん編 05話

図書室と言えば「本貸出システム」だ。
思い出したように、僕は「本貸出システム」の端末前に移動した。
これは学生IDを入力すれば最近借りた本や、現在借りている本の返却日などが解るシステムだ。

僕は軽やかにみく子の学生IDを入力した。


「90395」


ピッ。とかいいながら端末にみく子が最近借りた本の一覧が表示された。
その本のタイトルの一つに目が止まった。


「一般動物に見られる遺伝的病症」


なんだっけ?ついさっき見た気がする。
目を閉じて思考を巡らす。


(そうだ!窓際の席のっ!!!)


勢い良く振り向いたものの、先ほどそこで「一般動物に見られる遺伝的病症」を読んでいた学生はいなかった。
すぐに端末に向き直り、本検索を開始する。
本のタイトルに「一般動物に見られる遺伝的病症」を入力し検索を実行する。

その本は数日前から借りられていた。同じ本はニ冊と無い。
さっきの学生とみく子は接触しているかもしれない。

この「本貸出システム」にはセキュリティ的に甘い部分がニつある。
一つはその学生本人でなくても、学生IDを知っていれば
その学生IDの学生が借りた本が参照出来てしまう事。
もう一つは、本の貸出番号の一部が学生IDになっている事だ。
多分、誰もそんな事気にしていないけれど。

僕は画面に表示されている貸出番号から、学生ID部分を抜き出し端末に入力した。


「91039」


「サク。彼の名前はサクか」


にやりと笑った顔が端末の画面に映りこむ。


急に後ろから「すいません、端末使いたいんですけど?」と言われて慌てて図書室を後にした。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

二日目:しのめん編 06話

その後、僕はサクという名前の学生を探した。

図書室のある棟をぐるりと回っても見付からず、諦めて再度図書室に戻ってくると、さっきと同じ場所にサクという名前であろう学生は座っていた。
さっきと同じ難しい顔で「一般動物に見られる遺伝的病症」を読んでいた。

向かいの席に腰掛けながら聞いてみた。


「サク君だよね?」


するとサクという名前であろう学生はページをめくるのを辞めて僕の方に顔を上げた。


「えっと…んー、ごめん。君誰?」

「まぁ、僕の事はどうでもいいじゃないか」


明らかに不審がっている。
しばらく無言の間が空くと、彼は僕を無視するようにまたページをめくった。


「ねぇ、サク君。君、みく子さんとここで会わなかった?」


さっきよりも早く、でも顔は上げずに目だけを僕に向けて来た。これは何か知っていそうだ。


「君、本当に誰なの?」

「だから僕の事はどうでもいいんだ。僕はみく子さんに何があったのかを知りたいんだ。」

「……」


急に彼は「一般動物に見られる遺伝的病症」のページをめくり出し、とあるページを開いて僕に見せた。
そのページには「アルビノ」と書かれている。


「ただの憶測に過ぎないけどね」


そう言うと彼は儚く笑った。


僕は大学ノートに「アルビノ」と書いて図書室を後にした。
歩きながら、講堂でのひそひそ話を思い出す。


「病的に白いよね…」


「病的に白い」と「アルビノ」が頭の中で交差する。


(みく子はもしかして、それが原因で彼氏と何かあったのか?
 確かに前と比べると顔が薄くなったな。
 白黒の中でより白に近付いたというか…)


そう考えながらキャンパスを歩いていると、ビックリパーマにみく子のような薄い顔色の人物が走り去って行く。


「志津さーん!志津さぁーーーーん!!!」


その人物に「志津」と呼び止められた人物が振り返り
何やら関西弁で「学務課」がどうとか言っている。
その後、ビックリパーマが「志津」と呼ばれている人の首根っこを掴んで連れ去った。


(あれも「アルビノ」なのか?)


それにしても、みく子に何があったんだろう。
突然アバンギャルドなパーマを当てていた。
それは確かに革新的過ぎるほどのパーマだった。まるでちょっと開花した花のようなパーマ。


(花……花?………)


(そうだ!花屋!!!)


僕はみく子がバイトしていた花屋の事を思い出すと
自然と花屋のある方向へと向かっていた。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

二日目:しのめん編 07話

大通りから外れた、静かな裏通りに『ふろーら・しょうだ』という花屋がある。
そこがみく子のバイト先だ。

いつもは店員さんがいるのに今日は誰の姿も見えない。
そっと店内に入ろうと入り口で足を上げたら、積み上げてあったレンガを一つ落としてしまった。
その瞬間、店の中に電話の着信音が鳴り響く。


「はい、ふろーら・しょうだです」


(ヤバイ!誰かいた!)


何がヤバイのか解らないけど、少し離れた路地へ逃げ隠れた。

しばらく隠れて様子を伺っていたものの、みく子は現れない。
店の人がいるのなら直接聞けば良い気がした。

再びゆっくりと花屋に向かう。
その横を女の子が駆け抜けて花屋に入っていった。


(あれ?どこかで見たような…)


その女の子を追いかけるように花屋に向かっていく。


「ぅわわわ????っ」


女の子が躓いた。
原因はさっき僕が落としたレンガだ。
再び走って逃げようかと思った。
しかし、とある会話が僕の鋭い聴覚に聞こえてくる。


「大丈夫ですか?」

「あれ?蜜くん…」


体中の血液がぐるりと回った気がした。
「蜜クン」と呼ばれた男を遠目に確認した。
見つけた。きっと今あの花屋の前にいる男がみく子の彼氏、蜜クン。


「…許せん!」

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

二日目:しのめん編 08話

目の前にいる。
みく子を泣かした張本人が。

僕は大学ノートを鞄から取り出して開いた。
そこには大きく「彼氏=蜜クン=許せん」の文字。

視線を花屋の前に戻す。
背の高い男は大笑いしながら女の子を助け起している。
女の子と普通に接する事が出来るなんて羨ましい。


(ん?)


あまり嬉しくなさそうに起されている女の子、さっきビックリパーマに首根っこを捕まれて連れて行かれた人だ。
確か、名前が「志津」だったかな。


「あれ?…志津…志津?」


ニ、三度呟きながら考える。
僕はあの「志津」という人を知っている気がする。
首根っこ捕まれて連れて行かれる以前から。

思考を巡らせる。
薄っすらとみく子の姿を思い出した。
そうか、みく子を介して出来た友達、だったかも知れない。


(みく子?…みく子…!!!)


思考を戻せ、顔を上げろ。
僕は今、何を成し得たくてココにいるんだ?
再度大学ノートを見る。


「彼氏=蜜クン=許せん」


大きく呟いた。
それからゆっくりと大学ノートを鞄にしまいゆっくりと花屋へ。
いや、あの背の高い、みく子を泣かした張本人「蜜クン」の方へ視線を戻した!


「てんちょ?のあほ?」


花屋の中からそう聞こえた。
花屋の前には誰もいない。


「なっ?き、消えた!?」


振り返っても誰もいない。
なんて事だ、みく子の事を考えるあまりに背の高い男を見失ってしまった。

僕は再び大学ノートを鞄から慌しく出すと
「彼氏=蜜クン=許せん」と書かれている部分に矢印を引いて「背が高い」と書き足した。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

二日目:しのめん編 09話

なんだか雲行きが怪しくなってきている。
僕はあれからずっと『ふろーら・しょうだ』がある路地にいる。
ここで待っていればまた「蜜クン」に会えると思ったからだ。

というか、いつまで僕はあの背が高い男のことを「蜜クン」と読んでいるんだろう。
バカバカしい。みく子を泣かせるようなヤツなんだから「ミックン」で充分だ。
僕は得意げに大学ノートを開き修正を加えた。


「蜜クン(ミックン)」


ふん。と大学ノートを閉じた。

そう言えば『ふろーら・しょうだ』からは、忙しそうではあるもののずっと楽しそうな関西弁が聞こえていた。


「志津さん・・・だったっけ。」


元々友達付き合いというものが解らない僕が、みく子を介して沢山の人と友達のようにはなったけれど、その一人一人を僕はあまり覚えてはいない。
「志津さん」もそのうちの一人だとは思う。

でも、なんだろう、何か思い出せそうな気がする。
あれは確か──。



   ※


「みく子?、あんたほんとに顔広いよね」

「そうでもないよー。みんながみんなと繋がってるからだよ」

「そうかもしんまい」

「じゃぁ、私行くね。またね志津ちゃん」


そう言って軽く手を振ってみく子は行ってしまって、僕はその姿をぼーっと見てたんだ。


「ちょっと!そこのおまいさん」


急に声をかけられてオドオドしながら見上げると、そこにはさっきまでみく子と話していた女の子がいた。


「んふー(にやり)」

「な、なんですか?」

「ホの字だねぇい」

「!!!」

「あの子を狙ってるの一人やニ人じゃないんだよー?」

「…」

「ま、精々頑張ってみることだわねぇい!」


バチンと背中を叩いて、その子は誇らしげにどこかへ行った。


「別に君がモテてる訳じゃないのに…」


そう小さく呟いたら、その子が鋭く振り返ったのが印象的だった。


   ※


そうか、あの時僕の背中を叩いた女の子だ。
「志津さん」と言うんだったな。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

二日目:しのめん編 10話

そうか、僕は志津さんとは顔見知りだ。
いや、正確にはこちらが微妙に見知っていないのでなんとも言えないけど。

それでも事態は好転するはず。
なぜなら志津さんは「ミックン」の事を知っている。
彼女に「ミックン」がどこの誰で何をしているのかを聞けば、「ミックン」を見つけるのは容易くなる。

路地裏から少し身を乗り出して花屋の方を見ると、志津さんが店から出てキョロキョロしている。
志津さんが僕の方を見るかどうかの瞬間、この裏通りに一台の車が通りかかった。

志津さんはその車に手を振っている。
車の中で助手席に座っている女の子も手を振っていた。
その女の子は顔を志津さんの方へ向けているので誰なのかは解らなかった。
運転席の男は酷く緊張しているようにも見える。


(どこかで見たことある顔だな…)


思わず「あっ!」と声に出た。


その男は講堂でみく子の隣に座って、みく子が泣いたら連れ出て、タクシーに一緒に乗って行った男だ。

運転席の男が誰なのか解らない。
だけどみく子と、親密な関係である事は確かだ。


(えっと、確かみく子と話をしてた時…
 童貞…・ちょ…ちょちょ…チョイブ!そう!そんな会話してた!)


今、一番みく子に近いのはこの男だろう。

ここにずっと居ても「ミックン」と会えるかどうかは解らない。
志津さんも僕の事は覚えていないかもしれない。


花屋の方から志津さんの視線を感じた。
少しだけ隠れて呼吸を整える。


目を閉じて大きく息を吸い込んで感覚を研ぎ澄ませる。
全部の神経を全開にしていくように
身体の血液をぐるりと回すように。

空を見上げながら目を開く。


「雨が降るまでが勝負になるな」


走り去った車のエンジン音、タイヤと路面の摩擦音
ブレーキ音に、クラッチを切る音、それから排気の臭い。

今感じられる全てを頭に叩き込んで、僕は今通り過ぎて行った車を追いかけた。


「絶対に捕まえてみせるぞ、チョイブの男!」


雨はすぐそこまで来ている。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

| TOP | 次のページ≫


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。