スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

三日目:ちこ編 05話

(みく子・・・何処に居るの?・・・)

雨のしずくが窓を叩いている。

季節外れの台風十八号が近づいております。とかTVで言ってたなぁ。

ぼんやり浮かんだイメージだけをまぶたの裏で追いかける。

みく子 蜜くん 大学ノート 点滅する信号・・・・・・・・

蜘蛛の糸のように張り巡らされた点と線。

めまいを感じてもう一度まぶたを閉じた瞬間 携帯の目覚ましが鳴った。

♪ピッ  

台所でお湯を沸かし 熱い味噌汁を作る。このニ週間のバイトで冷蔵庫の中は空っぽだ。

具なしの味噌汁ほど悲しいモノはないんじゃないか。脳みそを稼動させるには十分か。 



外に出てタクシーを無理やり停車させて乗り込んだ。

「すいません 大通りまでお願いしますっ」

「ふぁはい 大通りですねー」

迷惑極まりない客なんだろうけど 優しそうで安心した。

「とまってくれて助かりました」

「いいんですよー 最近大学生とか若い方を乗せることが多くてー
  この後花屋さんに行くから 丁度よかった」

あぁ ふろーら・しょうだに行くんだ。 こんな雨の中で大変だな。。

タクシーを降りるといつもの路地へと向かった。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

≪三日目:蓮火編 08話 | TOP | 三日目:タイキ編 05話≫


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。