スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

三日目:黒編 09話

支給された服に着替えて鏡を見る。

誰これえええええええええええええええええええ

俺だ。



「さぁ、仕事だ」

気持ちを入れ替えて広間に向った。

広間で桃ニャさんと屋敷の住人らしき人に声をかけられた。

「あっ黒さん!
 こちら斉藤夫人ですぅ。」

「はじめまして、今日はがんばってちょうだいね。」

夫人と聞かされて僕は慌てて挨拶をした。

「あっはいっ
 精一杯頑張らせていただきます!」

「では、私は着替えさせていただきますわ。
 それでは、桃ニャ
 後は宜しくね。」

「はぃっかしこまりましたぁ」

一言言い終えると夫人は奥へと向った。

僕は桃ニャから説明を受けると

開始の三十分前まで休憩をとるべく

タバコを吸って気持ちを落ち着かした。


「ドアマンか。
 扉の前でお客様のお迎えねぇ・・・

 こんな豪邸の客だ。
 どんな人たちがくるんだろーか。」

そんな事を考えている間に

三十分前になった。

「そろそろ行くか。」

僕は、扉の前で姿勢よく待ち構えた。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

≪三日目:蜜編 現在 36話 | TOP | 三日目:蜜編 現在 37話≫


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。