スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

一日目:アリエス編 01話

僕は真面目に研究するタイプじゃない。
とりあえず卒業できればいいんじゃないかとも思ってる。
だから迷うこともなく談笑しているグループに交じることにした。

グループのメンツっていうのはだいたい傾向が似る。
つまり、ココにいるやつらは僕と同じように夏休みを満喫してきたタイプなのだ。
大学生活も残り半年だというのに。
いや、残り半年だからか。
働き始めたら遊べないじゃないか。
そんな考えがまず頭の中心を担っている。
内定が決まっているからいいものを卒業できなかったらなんて考えないのが素晴らしい。
(もちろん僕もだが)

「そういえばさぁ。
 あの一番奥に座ってる子誰?あんな子、ココにいたか?」
そう僕は尋ねた。
「あぁ、みく子ちゃんらしいよ。」
「らしい?」
「俺も最初は誰かと思ったんだよ。
 そんで始めましてって声かけたらみく子ちゃんでさ。」
「詳しいことは聞いてないけど、夏休み明けて別人って感じ。」
「まじめだったけど、前以上って感じだな。」
「たしかに。」
「そういえばさぁ、やっと箱買ったんだけど・・・。」
悠太が次のネタをふった。

結局のところ
奥に座ってる子がみく子ちゃんだということしかわからなかった。
ただ
夏休み明けだというのにあの白さはおかしいと思う。
個人的には軽く焼けてるくらいが健康的でいいと思うのだが。
彼氏とうまくいってないのかな。
いや、関係ないか・・・。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

≪一日目:ロシュ編 02話 | TOP | 一日目:サク編 01話≫


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。