スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

三日目:蜜編 発生 03話

その年の夏は、妙は暑かった。
毎日、早く過ぎ去ってしまえば良いのに、と思いながら過ごした。
桐子は薄手の白い半袖シャツを着て、施設内の林を歩きながら、隣を歩く僕を見た。
少し日焼けした肌に汗を浮かべていた。

「結婚しようと思うんだ」

数日前に、桐子が呟いた時、僕は何と応えたか。
多分「へぇ」だとか「ふぅん」だとか、その類の感嘆詞で片付けたはずだ。
その対象が自分であるとは思わなかったし、他の誰かを思い浮かべた訳でも無かった。

「……誰と?」
「ノートン博士と」
「へぇ……」

半年前の夜。
琴乃が結婚した冬の夜。
桐子は結婚に対して猜疑的な言葉を並べた。

ところが今、桐子は結婚しようとしている。
胃の奥が音も無く沈み、それが嫉妬である事を知るまで、時間はかからなかった。
ノートン博士? 僕の前に姿を現した事は無いが、此処で二年以上も暮らしていれば、何度か見かけた事はある。あの小難しそうな男。博士と呼ばれる割に、意外と若い男。

きっと、まだ二十代半ば。
容姿は若く、きっと大学生と言われたら信じてしまう。
そのくせ、眉間のシワだけが妙に印象的で、爬虫類のようにも見える。
「何が良いんだ、あんな男の?」と言いそうになって、僕は思わず言葉を飲み込んだ。

「なぁ、どうして結婚しようと……?」
「……ん?」

林の天井から木漏れ日が差して、それは桐子に降り注いでいた。
桐子の欠片を拾い上げるように差すそれは、桐子の目だとか、唇だとか、腕だとか、胸だとか、それから細いラインを描く脚だとかを、ほとんど夢幻的に照らしていた。桐子は問には答えなかった。ただ木漏れ日が差さない部分、その影になった腹の部分を、掌で優しく撫でるようにして、立っていた。(命が宿っているのか。)無論、それは声にならなかった。


【M線上のアリア】 発生/03


現世代が永遠に生き続ければ良い。
命を次世代に託さずに、現世代だけで構成される世の中を構築すれば良い。
半年前の冬の日、桐子は確かに、そう呟いた。

ところが現在、桐子は腹に子を宿し、ノートン博士と結婚しようとしている。
命を、次世代に託そうとしている。
それが僕には理解出来なかった。否、理解したく無かった。
僕は、僕にとっての永遠が終わってしまう事を、認めてしまいたくなかったのだ。

日本は変わっていく。この先、急激に変わっていくだろう。全てが変わっていく世の中で、変わらないものがあっても別に良い。この毎日が繰り返される事に、何の不満も無い。金は欲しいが、今のところ必要ない。研究は何処まで進んでいるのだろう? 検体と呼ばれるものの、検体らしい事は特にしていない。点滴と採血と運動。それだけだ。

その世界から、桐子だけが、存在しなくなる。
その世界には、桐子が存在するからこそ、僕は何の不満も感じなかったのだ。

「結婚したら、此処はどうするの?」
「……そうね、光クンの面倒を見るのは、他の人の役目になるわね」
「あ、そ」

日本男児たるもの、歯を食いしばって耐え忍べ、とは誰の教えだったか。
別に誰に教えられた訳でも無いだろう。誰に教えられずとも、日本男児とはそういうものだと、日本中の誰もが知っていた。武士は食わねど高楊枝。追うな。焦るな。弱音を見せるな。

空中戦。
ゼロ戦が素早く旋回して、背後からの射撃。
爆発。落下。炎上。
どうして生き残ってしまったのだろう?

林を抜けると、僕達は小高い丘の上に立った。
空。川。畑。遠くに海。
太陽は真上から、ゆっくりと傾き始めている。
そこからは世界の全てが見渡せるような気がしていた。

「結婚するんだな」

だけれど此処は、あくまでも敷地の一部だった。
桐子は僕の言葉に反応せず、僕も桐子に何かを求めようとはしなかった。
只、この瞬間、自らの手で何かを壊すような真似は、もうするべきでは無いと知っていた。

風が吹いていた。
暑すぎる夏の風が、小高い丘の表面を、通り抜けようとしていた。
風が吹いていた。

一ヵ月後、桐子は施設から居なくなった。
さらに一ヵ月後、桐子とノートン博士は結婚し、その数ヵ月後、桐子は出産した。
それはまるで、桐子と琴乃の世代を受け継いでいくような、男児と女児の双子だった。
その古いスピーカーから流れる館内放送を、僕は自室のベッドで点滴を打ちながら聞いた。

僕が研究施設に来てから、三年半の季節が流れていた。

そろそろ人体実験が始まろうとしていた。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

≪三日目:蜜編 発生 02話 | TOP | 三日目:蜜編 発生 04話≫


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。