スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

五日目:蜜編 現在 70話

只、僕は其の光を浴び、其の光は僕を包んだ。
暗雲の切れ間から太陽が差すように、目の前に存在する深い靄が、一瞬にして晴れていくのを感じた。血液は波打ち、表皮は逆立ち、今、此処に居る存在理由が、全身に浸透して往く。

「"M2"! 早く"D"を渡しなさい! この女が死んでしまうわよ!」

喚声。シノブが僕を見ている。
残念ながら"D"は、そういうモノでは無い。
僕は歩き始める。カヨリさんが目だけを動かして、僕を見る。
キヒロは切先から身軽に跳躍すると、僕の頭部めがけて攻撃を仕掛けた。

「……辞めろよ、もう全て解ったんだ」


【M線上のアリア】 現在/70


――ギィンッ。
金属音が響いて、次の瞬間、キヒロは地面に投げ出された。
「……蜜くん!?」
払った右腕を軽く振ると、そのまま僕はシノブの元へと近付いた。

「蜜……お、前……何してん、だ」
「……"M2"?」

トンッ――爪先で軽く地面を蹴る。半瞬、シノブの懐へ。「何!?」
「……君のカラダは"SNAKE"には耐えられない。今すぐ辞めた方が良いよ」
シノブの指に触れる。「ギャッ!」焦げる音。否、蒸発音。液体状だったシノブの指が、見る見る元の肉体に戻る。「……何をしている! 手を離せ!」喚き始めるシノブを、僕は見詰める。

「不自然なんだ、生物が元のカタチを放棄するなんて」

同化していた首と指が、乖離する。「……ガハッ!」
潜水者のような呼吸音を発しながら、デンコさんが地面に倒れ込む。
「……デンコさん、息はゆっくり吸い込んで。慌てるとチアノーゼになるからね」
「……蜜……一体、お前に何が、起こった?」
「何も起こってないよ、只――」

思い出した。全てを。ヴィンセントと交わした契約を。
霧島桐子の事を。笠原未来呼の事を。僕が燈山光だった事を。
全身に張り巡らされた完全なるテロメラーゼ"D"の存在と、その意味を。

「只、全てを受け入れただけだ」

シノブが苦悶の表情を浮かべ、背後でキヒロが立ち上がる気配を感じた。
「"M2"……あなたを処分しないと、私達が処分される」
「……それはニコラの意志か?」
「処分……処分……処分……処分……"M2"ヲ処分スル」
「……辞めろよ、もう本当に無駄だから」

シノブが跳ぶ。呼応するようにキヒロが低く、這うように接近する。
見える。全て見えている。止まっているようだ。前後からの攻撃。だが届かない。
瞬間、既に、僕はより高く跳び、より素早く落下を始めている。「……分解しちゃうよ」
上空からシノブの左頬に膝。そのまま落下しながら、キヒロに向けて、全身を打ち下ろす。
派手な濁音。衝突音。アスファルトが破壊される音。着地。

破れたメイド服。二人は動かない。
「……蜜くん?」
「殺したのか?」
同時に、別々の台詞で、カヨリさんとデンコさんが僕に問う。

「……殺してないよ、只、一部を分解して、停止させた」
「蜜……お前、何で、そんな――」急変を? と問いたかったのだろうデンコさんは途中で呼吸を乱すと、言葉を詰まらせた。代わりにカヨリさんが問いかける。
「蜜くん……これは一体、どういう事?」

オレンジ色の世界は、更に角度を下げて、静かになった。
校舎の影が僕等を飲み込もうとしている。
「早く此処を離れた方がいいよ、学生達に見られると面倒だから」
「……何だか別人みたいだぞ、君」
「いや……」別人では無い。「何処に行くべきかを思い出しただけだよ」

暗闇に飲み込まれないように、僕等は走った。
二人のメイド服を放置しておくのは本意ではないが、すぐに回収されるはずだ。
「此処で分かれましょう」商店街の最初の角が見えて来た場所で、僕は言った。
「もしかしたら、お店には戻らない方が良いかもしれない」
「大丈夫よ、だってデンコちゃん、強いんだから」
「いや、そうかもしれないけど……」
「ああ、アタシ達なら大丈夫だよ、それより君、早く行けよ」
デンコさんは笑いながら、僕の額を拳で小突いた。

「追いかけるんだろ?」
「あの真黒な車を」

背中を向け、走る。太陽は沈もうとしているが、まだ沈んではいない。
世界がオレンジ色に染められる、一瞬。全てが暗闇に飲み込まれる寸前、刹那。
「君が何者だったとしても、別にいいや。アタシが知ってる蜜は、やっぱり蜜だから」
記憶を貼り付けて、記憶へ。また掘り返し、新たな記憶へ。その印象と造形へ。

些細な言葉に、全身が救われる。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

≪五日目:蜜編 過去 19話 | TOP | 五日目:蜜編 現在 71話≫


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。