スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

六日目:志津編 10話

みく子にハグハグされた一昨日から、毎日学食でネタ繰りしてる。
なかなか書けないものだな。
落研の部室では、もっと書けない。
いらんネタが飛び交ってる。
つられてどうしようもなくなる。

シングルタスク。。。


ネタは不十分だけど、呼吸を合わす為もあってネタ合わせをすることにした。
その時間が取れたと、るどんちゃんがさっきメールをくれた。
兎に角、毎日少しでもやってないと、素人なだけに息を合わせるのが難しい。
普通の会話でも合うといえば合うのだけれど、ネタとして持続するのはなかなかしんどい。

学食を出て、図書館棟に行く。
図書館の中では静寂が。
図書館の外にも静寂が。

「志津さぁ?ん!」

破れた。

手を振りながら走ってくるるどんの後ろ、ずっと離れたところを見慣れない黒いジャケットのおっさんが自転車で通り過ぎたような。。。

「どないしたん?」

「ん、いや」

るどんも振り返ってみるけれど、何も見なかったらしい。

「では、早速、ネタ合わせしよか」

「こないだのんで、いいの?」

「うん、取り敢えずあれでやろ。新しいのを初見でやるの、しんどいで」

「新しいの、出来たん?」

「もうちょっとっ」

「じゃ、コピー待ちということで」


二人して鞄から、練習用の台本をがさごそ出して、図書館棟の壁に向かってネタ合わせ開始。
と思ったら。

「今日は、むこう向いてやってみる?」

るどんの勇気ある提案に乗っかることにする。
そう、お客さんは、壁じゃない。



るどん・志津「はいっ、こんにちは?!キャッツ・ポゥです?」

る「そうそう、志津さん。るど、ずっと疑問やってんけど、キャッツ・ポゥて、なんなん?」

し「えっ?猫の手やけど・・・」(猫の手でにゃうにゃう)

る「あー!忙しい時に借りるやつ!」

し「そうそう。そやから、忙しいときは『にゃんにゃこ舞い』て言うやん?」(両猫の手でにゃうにゃう)

る「・・・それは『猫の手も借りたい』と『てんてこ舞い』を合体させただけやんかぁ」

し「感じ出てると思わへん?」

る「そーですかー?」

し「ほんで、年寄りが無理したら『年寄りの鼻水』やし」

る「こっちが洟出そうやわ」

し「桃栗三年、ネタ八年」

る「大学卒業してしまうやんか」

し「留年したら八年まで居れるよ」

る「居らんでよろし」

し「んで八年もおったら“時は兼成”言われてなぁ」

る「誰やねんな」

し「そら徳川家の…」

………

そこで、まばらに見てた学生の一人が会釈して離脱を試みた。
ので、捕まえてみた。

「あ!あ?あ?、お兄さん!!」

め、迷惑そうな顔するにゃっ。

「すいません、良かったら…なんですけど、少しだけうちらに付き合って貰えませんか?お客さん役で見てもらいたいんですぅ」

学内では、基本、標準語の私は関西弁とのバイリンガル。
が、しかし、お兄さんは更に迷惑そうな顔になる。
そんなの平気なんだからねっ。
ま、負けないんだからねっ。

「…いや、悪い。待ち合わせしてるんだ。そろそろ時間でね」

時計を見ながら、素っ気無い返事。
ちょんぼり。。。

「そおですか、残念です…」

用事のある人を捕まえておくことは出来ない。
待ち合わせなら、知らない相手を待たせることにもなる。
そういうことは、しちゃダメダメ。

「ごめんね」

お兄さんは悪いと思ったのか、謝りながら歩きかけると振り返った。

「…なぁ、君ら学祭でソレ、やるの?」

『へ?えぇ、まぁ』

コンビのコンビたる所以は、この息や。

「うん、いや、最近は余裕もあるし、折角だから見に来ても良いかも…と思」

『ホンマですか!?』

皆まで聞かずに被せるっ。

「やったやんか、志津さん!お客ひとりゲットやで!!」

逃しますかいね。

「いや、まあ予定が合えば、だけ」

「い?え!お兄さん、こ?なったら来てもらわな!!」

るどん、ナイスやっ。
私も、売り込んでおこう。

「あれですよ、お兄さん。今日のは練習用のネタですから…本番はもっと面白いですよ?。見ないと損ですよ?」

「わぁかった。見に来るよ」

苦笑しながら降参のポーズ。
陥落。
よっしゃっ。

「じゃあ、あとは次回のお楽しみということで…ね」

来ると言ったからには、さっさと待ち合わせに行って戴かねばっ。
背中を押してあげる。

「志津さん、新しいネタ、上げてね」

るどん、愛してるよ。(涙目再び)

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

≪六日目:卵茶編 03話 | TOP | 六日目:卵茶編 04話≫


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。