スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

六日目:ゆん編 08話

あの日みく子は私のポスターを見て
久しぶりの満開の笑顔で喜んでくれた。
自分で貼り付けに行くと言って聞かなくて
大量のポスターを両手に抱えて帰って行った。
そのポスターが貼られているのを私は今
マックスの前で目撃している。
店の至る所に貼ってあってやりすぎ感は否めない。
だが、目を引くのは確かだ。今日何人が集まるだろう。
そう、今日。
今日がみく子の最後の、ライブである。


飲み屋通りに着くと、もう既にライブは始まっていた。
人だかりが出来ていて、遠くからは
みく子を確認することはできない。
でもみく子の声は、思いは聞こえてきた。
彼女は力強く、そこに生きていた。


一曲一曲歌い上げていくみく子。
例を見ない一体感が路地を包む中、みく子が高らかに言った。

「次の曲はラブ☆コバ。
 聞いて下さい」

ポップな曲調でケンコバについて歌う。
随分と今までの流れと変わったけれど
私にはちゃんと伝わったよ、みく子。
彼女が繰り返すメッセージは

「どんなに変わったって
 ずっとあなたが好きよ」

変わるのはいけないことじゃない。
変わらないものなんてないのだから。
みんなが怖いのは変わることじゃなくて
あなたを失うことなのよ、みく子。

ずっと大好きだから。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

≪六日目:アリエス編 13話 | TOP | 六日目:サク編 17話≫


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。