スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

二日目:志津編 01話

記録的な暑さが、突然秋に摩り替わった頃、彼女は大変身していた。
溌溂としたオレンジのストレートヘアが揺れていたのは、つい二、三日前のことだ。

「お志津・・・」

聴きなれた声に振り返って、私は息を呑んだ。

「み、みく子?」

綺麗なストレートヘアは、白っちゃけたパーマで見る影もない。
いや、それよりも、鈴木その子も真っ青の真っ白い顔!

「どうしたの?」

やっとの思いで言葉を引き摺り出してはみたものの、どうかしたと聞いたところで仕方が無いのだけれど。

「別に・・・」

歯切れの悪い返事が返ってくる。

「あの、お志津。私、暫くバイト休むので、店長に伝えて・・・」

はぁ?
おいおい、そんなこと自分で連絡せんかいっ。

「あぁ、そぅ・・・」

心とは裏腹に請け負ってしまった。

みく子は、それだけ言うとペコリと頭を下げて、さっさと行ってしまった。
ぽかんと見送っていると、少し離れた所で待っていた男前の男子と一緒にどこかに行っちゃった。。。

って、おーいっ!

何?あの親しげな雰囲気は?
みく子って、確か蜜くんと付き合ってたよね?
蜜くんも男前だったよね?
でも、さっきの男子は別の人だったわよねぃっ。

なんで、あんな女がモテるのよっ。
鈴木その子も裸足で逃げ出すような、真っ白お化けじゃないのよっ。

これは・・・・・事件かも?

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

≪二日目:アリエス編 02話 | TOP | 二日目:ロシュ編 04話≫


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。