スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

二日目:ちこ編 04話

やっとチーフ代理も今日でラスト一日。

突然の予約やらで忙しくてみく子に会いに行く事も出来なかったけど、約束は守れそうだ。

今日の行動は必死で考えた。 途中で抜け出して、とにかくみく子に会いに行くんだ。

まだ居ない時間かもしれないけど、じっとみく子からの連絡をまっているよりましだもの。

「神田くん、三十分だけちょっと抜けるね。うまく言っといて」

高校生だけどしっかりした仕事で安心して任せられる男の子だ。

誰にも言わないで抜けるのはヤバイだろうと思い、神田くんだけにはいい訳をしといた。

一度だけうなずくと 小さく手を振ってくれた。


ダッシュでいつもの場所へ向かう。

まだ明るいうちにここを通るのは初めてかもしれない。

ふろーら・しょうだの前を通りすぎようとするとにぎやかな声が聞こえた。

「てんちょ?のあほ?」

「なんや?今頃判ったんかいな。それ・・・・・・・」

そういえばみく子のバイト先の志津さんも関西の言葉とか言ってたなぁ
とにかく楽しいところなんだって話してくれたっけ。
ここだったりして? こんな近くにいたら逆にすごいぞ。


細い路地を入りいつもの場所へ。 やっぱり居ない・・・

周囲を見渡してみても 知ってる顔はなかった。

タイムリミットが迫っている。

急に薄暗くなった道をまたダッシュで戻っていく。


ふろーら・しょうだへ続く通りを今度は店へと向かって走っていると
大学ノートを広げてブツブツとなにか話している男の人が見えた。

「、、つクン、、、許せん 背が高い っと。。」

つくん。。何が許せんのだろうか? 恋敵か? 
それにしてもお父さんっぽい大学生だなぁ。。。

大学ノートには、みく子が通う大学と同じロゴが入っている。

そういえば みく子も同じノートを持っていたっけ。
ちょっとおしゃれ目でいいな と思っていた物だった。



そーーっと店に戻り、すまんっ と手を合わせると 神田君は優しく笑ってくれた。

閉店二十分前にはチーフも出張から戻り、ご褒美にガーベラの花を一本もらった。

このガーベラはみく子のオレンジ色の髪を思い出すなぁ。

結局、みく子に会えず 約束をすっぽかした事になってしまった、。

チーフ代理も任務遂行できたし、明日、またみく子を探して謝ろう。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

≪二日目:しのめん編 08話 | TOP | 二日目:蜜編 現在 09話≫


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。