スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

二日目:蓮火編 05話

学内に知り合いは少ない。
数人の教授と、少し話をしたロシュくんくらいだ。
彼等に会えれば、みく子の居場所がもしかしたら解るかも知れない。

もっと知り合いが多ければ。
バイトばかりして、大学に来ていなかった事を少し後悔した。

廊下を曲がると、ゼミの教授に会えた。

「ラッキー!教授、みく子さん、知りません?」

「ラッキー?それでみく子さん?
 あぁ、最近イメージが変わった学生だね。
 彼女なら、もう帰ったよ。あの頭は目立つからね。
 校門から出て行く所がすぐに解る。」

「ありがとうございます!」

何故こんなに必死になってるのか、自分でもよく解らなくなってきていた。みく子に会って、また叫んで、一体何になるんだろう。それとも、別の事を叫ぶつもりなのか。
考えて、考えすぎて、動けなかった。
そんな自分が嫌で、それでみく子の歌に惹かれたんだ。
なら、考えるな。動け!

意を決したように走り出す。
不意に教室から一人の男が出てきてぶつかった。
分厚い本が落ちる音がした。

「すみません!」

必死に叫んで、振り返らずに大学を後にした。
思い当たるところ、と言っても、みく子とはあの路地で話をした事しかないから、近くを走り回るしかない。
大通りを走ったが、居ない。
少し外れて、路地裏へ入った。

『ふろーら・しょうだ』が見えた。
昨日兄が通った路地はここだったようだ。
店長らしき人物が、オロオロして人を待っているようだった。

いつのまにか風が強くなっていて、今にも降り出しそうな空模様。

大通りに戻ると、信号機は赤に変わろうとしていた。
乱れた呼吸を整えながら、立ち止まる。
さて、どうしようか。雨が降れば、きっと今日中には見つからない。
そんな気がした。

不意に、左側から声が聞こえた。

「あれ?蓮火さん?」

アバンギャルドなパーマ。いや、みく子がそこに居た。

「…さんは要らないから。」

「信号待ち?」

「そう、信号待ち。」

「じゃ、私も!」

みく子が、隣に立った。
いざ本人を目の前にすると、本当に何を言っていいか解らなくなった。
俯いた俺の耳に街の雑音が響く。

「また、歌えそう?」

しまった、と思った。
俺が言った言葉は、何もかも聞き出そうとするような意味を持っている。
そんな気がしたからだ。

「ううん。まだ。」

彼女の答えがそれだけだった事に少し安心した。

「ただね。」

そこからの声は、静かに、しかし固い意志を持っているようだった。

「あれから、きちんと会って話をしたの。」

「良かった…え?どっちと会ったの?彼?元彼?」

「ふふ。ヒミツだよ。それで…。」

「それで?」

「もう、決めたわ。」

信号が青に変わった。

「そうか。良かったね。」

動こうとしない俺に、みく子が尋ねる。

「渡らないの?」

「それでもまだ歌えないの?」

質問を質問で返す。
遠くで、車のクラクションが鳴った。
その時、一瞬だったけど、雑音が消えた気がした。
小さなみく子の声がクリアに響く。

「これから、いや、明日になるかも知れない。
 もっと先になるかも知れない。
 いつになるかは解らないけど、取り戻しに行くわ。」

青信号は点滅に変わった。

「行くね。」

みく子は、横断歩道を渡り、向こう側の路地へ入った。
まだ後姿は見える。
信号が赤に変わった後、みく子が振り向いた。
手を振っているのが見える。
止まっていた車が動き出し、辺りが雑音で満たされていく。

「あ、忘れてた。」

そう呟いた時、信号が赤から、もう一度青に変わった。
信号待ちの車が止まり、もう一度俺とみく子の間の障害物が無くなる。

「もう一回言っとくぞ!」

ありったけの声で叫びながら、手を振り返す。

「とりあえず、そのパーマだけは直せよ!」

このニ度目の叫びはみく子の心に届いただろうか。
本当に伝えたかったのがこの言葉なのかは解らない。
俺自身、この叫びに込めたモノが解らない。
だけど、みく子は微笑んで路地の先へ進んでいった。
それだけで充分な気がした。

みく子が進んでいった方向をしばらく眺めた後、もうすべき事が無いような気がして、家に帰る事にした。
家に着いたら兄貴に電話しよう。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

≪二日目:ロシュ編 05話 | TOP | 二日目:蓮火編 06話≫


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。