ロシュ編
蜜編
サク編
蓮火編
アリエス編
黒編
しのめん編
奏湖編
ちこ編
志津編
タイキ編
ゆん編
なつめ編
卵茶編
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
■ロシュ
みく子の元カレ。
二枚目、頭脳明晰、スポーツ万能で浮気者。
みく子と別れてエリカと付き合いながらも、みく子に未練がある人。
■蜜
みく子の現彼氏。
みく子のアバンギャルドなパーマを見て怒った。
世界を救いたいと思ってる人。
■サク
みく子の初恋の人。
みく子のことだけを考えながらも、人生に絶望してる。
悪魔と契約なんかしちゃってる人。
■蓮火
みく子の知り合い。
路上ライブで知り合い、アバンギャルドなパーマを見て
「とりあえず、そのパーマだけは直せよ!」と路上で叫ぶ人。
■アリエス
みく子と同じ研究室の学生。
先輩には卵茶もいる。
教授にいろんな意味で愛されてる人。
■黒
みく子のチャット友達。
るどんとビリヤードしたりもする。
みく子と実際に会ったことはない人。
■しのめん
みく子の友達。
どう見ても二児以上の父親としか思えない老けた大学生。
色の識別が出来ない人。
■奏湖
みく子の元後輩。
大通りにある24時間営業のマックス・ドックスの元気な店員さん。
みく子のライブポスターをそこら中に貼りつけた人。
■ちこ
みく子のストリート友達。
みく子と同じようにストリートで歌ってる。
昼は喫茶店、夜はダイニングバーじゅごんで働いている人。
■志津
みく子の友達。
「ふろーら・しょうだ」でバイトしてる。
落研で「るど」と漫才コンビを組んでる人。
■タイキ
蓮火の兄。
タクシードライバーをしている。
弟の蓮火のことをいつも考えてる人。
■ゆん
みく子の友達。
普段はたまにメールでやりとりしてる。
みく子のライブのポスターを作った人。
■なつめ
みく子の高校の同級生。
高校時代はみく子の生演奏を聴いたりしてた。
現在は立派に社会人をしている人。
■卵茶
みく子のゼミの先輩。
みく子とはよくメールをする仲。
後輩にはアリエスもいるがどちらからも先輩扱いを受けていない人。
■M線上のアリア CM動画 A巻発売編!
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

六日目:ちこ編 11話

じゅごんに着くと、もう昼過ぎなのに中は真っ暗。

「あーれ?」

合鍵を使って中に入ると事務所に明かりが見えた。

中を覗くとチーフの姿。 躊躇なく声をかけると、声にならない声で固まってしまった。

「ぅわぁああああああ!!!」 〇・五秒遅れの叫び声。

「うわぁー!じゃないですよ。どうしたんですかチーフ。」

「あぁぁ ちこか どーしたってお前こそどーした。」

若干まだ震え気味の声。よほどびっくりしたんだろう。。

「あぁ、昨日ギター忘れちゃって。それもニ本。」

ぷっ と失礼な笑いかただ。 

「で、あたしの質問の返答は?」

あぁ、と言って黙ってしまう。

「なんかあったんですか? 今日休業しちゃってるし。チーフらしくないですよ?」

どんなに話しかけても上の空というか生返事というか。。。

「んもぉ、、あたし帰りますよ?」

「・・・・・・・・・」

ふぅ。。溜息を吐き出して立ち上がろうとすると、チーフが口を開いた。

「なぁ、変化し続けることは難しいことだよなぁ」

独り言の様につぶやいた声。 どこかで聞いた事のある台詞。

「んー・・チーフの考えてる事はよくわかんないけど、変化することは悪い事ばかりじゃないと思いますよ。新しい何かが見えることだってあるし、変わっていく事のほうが大切だと思うなら、、」

聞いているのかいないのか分からなかったが、ここに居るのは違う気がして
そっと扉を閉め じゅごんを後にした。

扉を見ると一枚の張り紙。

:::大変急なお知らせですが暫く休業いたします。店主:::

みえなかった・・・・・・・

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

六日目:ちこ編 12話

ギターをニ本もってじゅごんを出ると夕方だった。 楽器屋に寄って帰らなくちゃな。

ぼやーっと考えながらえっちらおっちら歩いていると駐車場にポスターを発見した。

十月X日 みく子路上ライブ決定!! 

え?  X日。。 携帯を開いて日にちを確認する。

ぬぁ!今日じゃないかっ!! おまけに開始時間三十分前っ!!

何がなんだか分からない。チーフにしろみく子にしろ どーなってんだ?

いちいち理由なんて考えている場合じゃない。 みく子が歌うのだとしたら観に行かなくちゃ!!!!

あたしの足は あの路地へと向かって走り出した。

狭い道を曲がったところで誰かにぶつかりそうになる。

「あぁぁああっぶねぇ!」

「ぁ、ちこ??!!」

ん? 誰だ君は。。その向こうが見えそうなアバンギャルドパーマはどーした?

目線おろして行くとこれまたまっちろなお顔。。。。。。ん?

「みっ みく子!?!?!?」

「えへへー」

えへへじゃない。目が痛いぞみく子。 乱視だから余計に光って見えるのか。。

聞きたい事は山ほどあったのに言葉にならない。

「ぁ、ちこ偉い。」 ギターを指差して満面の笑み。

「ん?・・・あぁ!みく子これから歌うんだよねっ!」

うんうんとこれまた満面の笑みで微笑みかけてくる。 怖い。

「みく子手ぶらだけどさ、もしや・・ このギターを狙ってる?」  恐る恐る聞いてみる。

「ビンゴ!!!!」 

「ビンゴじゃないっ!歌うのが決まってるのになんで・・・」

ギターをみく子に渡しながら話すと途中で遮られた。

「あぁ!もうみんな待ってるかも!ちこもちゃんと後できてね!?」

人懐っこい小悪魔的な笑顔でギターを奪うと路地へ向かって歩き出す。

「ぁ」後ろに人が。。。みく子にびっくりさせられっぱなしで気づかなかった。

「こんにちは。」
「こんにちは。ごめんなさい。びっくりして気づくの遅くなっちゃって」

今更ないい訳。。申し訳ありません? 冷や汗が出る。

「いや、良いんです。それじゃ。」

みく子の友達だろう。前を行くみく子が「早く!卵茶くん!」と呼んでいる。

何かが吹っ切れたのだろうか。 みく子の後姿は眩しかった。

ふぅ。直前にみく子の顔もみれたし、楽器屋さんに寄ってからでも十分間に合うだろう。

ちょっと寄り道をしながらみく子のライブへ向かった。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

六日目:ちこ編 13話

通りから離れた場所でもみく子の歌声は聞こえていた。

以前とは違った声色。より透明な真っ直ぐな 包み込む声。

この何週間かで ぃや、何日かでかもしれないけれど、みく子の中で何かが変わった。

変化する事への恐怖から 変化する事を受け入れたような 芯のある声。

あぁ。。そうか。 

みく子の周りにはたくさんの人垣が出来ていた。

端の空いている場所を見つけ 覗きこむと

「次はデュエットでいきまっす♪」

はしゃぐような声と共に、みく子の視線とぶつかる。

あたし・・・・か?

自分の鼻に指先を向け、みく子に無言で問いかけると 

うん!と勢い良くうなずいて手招きする。


えぇぇぇえええ。。 打ち合わせもしてないし なんの準備も・・・

周りの人たちもざわついてこちらに視線を向けてくれる。

こりゃ やるっきゃないですね♪ 

腹をくくったあたしは、みく子の隣へと一歩足を踏み出した。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

六日目:ちこ編 14話

ギターを取り出しているとみく子がいたずら小僧のような顔で近づいてきた。

「ずっと前に作った曲、覚えてる?」 

偶然、こないだの掃除で見つけた紙切れの曲だ。ポケットからその紙切れを取り出し、みく子に見せる。

いままで見た中で最高のみく子の笑顔がそこにあった。

「了解♪ ・・・ みく子、ありがとうね。」 

みく子を抱きしめるとなぜか視界がぼやけた。

「ちこ、、うん。 ありがとう。」 

お互いにうなずき、前に向き直ると、ニ本のギターが音を響かせた。



♪?

落ちてゆく夕日 眺めていると  こぼれた雫 空へ昇って行くよ
どこに居ても必ず 繋がっていると  信じあう気持ち 譲りたくないよ

変わらない 忘れないなんて  ウソばっかりの世の中で
変えられない 動けないそんな  理屈なんて聞きたくない

枯れた緑が舞い落ちるこの街で 勇気を示し 手を挙げて進め
(乾いた風が吹くこの街のどこかで手と手つないで進め)
決心はそれぞれの物語(ストーリー)の中
(Ah???全ては繋がり また) 
導き出した答え 時を越えて届け 全てが繋がり また解けて行く
全てが繋がるとき 笑顔は訪れる       
          



顔を見合わせると みく子は澄んだ笑顔だった。


みく子とハイタッチ 前を向いて一礼し、ギターケースを持ち上げ、人垣の中へ向かう。

今になってひどく恥ずかしくなってきた。

みく子を囲む人たちからほんの少し離れた場所に移動した。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

六日目:ちこ編 15話

こんなたくさんの人の前で歌ったのなんて初めてで
心臓はまだバクバクしてるし 頭の中も軽くパニクっている。

へなへなと座りこむと煙草を取り出し火をつけた。

ふーぅ  深呼吸するように煙を吸っては吐き出す。

みく子の歌は続いている。

少し躊躇してから携帯を取り出し、指が覚えている番号と通話ボタンを押す。

トゥルルル・・・ トゥルルル・・・  「はい」

何年かぶりに聞くちょっとよそ行きの声。

「もしもし??どなた様ですか?」

「お父さん、ちこだよ。」

驚く空気が耳元に伝わってくる。

「久しぶり、、、ごめん、連絡ずっとしなくって」

「ほんとだ。まったぐおめぇは。。まぁいいさ、どーしだんだぁ?」

呆れてるのか怒ってるのか。。でもこの訛りが懐かしくてくすぐったい。

「実はさ、大学一年半前に辞めててさ、、、、」

どこから話して言いのか 何が言いたいのか自分でも分からない。

「あぁ 大学辞めたのなんちゃ とぉーっくに知ってるど」
(大学辞めたのなんてもう知ってるよ)

「ぇ?」

「おめぇのやりそなことだもんな。  んだけんども、おめぇのことだから、なぁんかみっけだら連絡よごすど思って、とおちゃん待ってだんだぁ」
(お前のやりそうなことだもんな。 だけど、お前の事だから、なにか見つけたら連絡くれると思って お父さん待ってたんだよ)

「お父さん。。」

「おめぇは おめぇの好きなごとさいっしょけんめがんばんだよ。おかぁさんだって心配さしてんだど? んだがらな、たまには電話よこせなぁ」
(お前はお前の好きな事を一生懸命頑張っていったらいいんだよ。お母さんも心配してるんだよ? だからね、たまには電話くれよな)

全部ばれてた。。

うん、うん とうなずくことしか出来なくて笑い飛ばされた。
それでも、どこまでも優しい口調でお父さんは語りかけてくれた。


この街に来たのは全てから逃げ出したかったからで、大学進学もただの口実に過ぎなかった。

この街に住んで、たくさんの人と出会い、すれ違い、笑い。。。

そぅ  みく子に教えてもらったように、受け入れたり変化を楽しんだり新しいことにチャレンジしたり。

あたしも変化しなくちゃ 今を楽しまなくちゃいけないって。

言葉が溢れて言葉にならなくて 涙が止まらない。

「ありがとぅ お父さん」

涙声でそぅ言うと また笑い飛ばされた。

「これから大事な用事があるんだ。 また電話するね。」

電話を切ると みく子は最後の曲を歌い始めていた。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

六日目:ちこ編 16話

みく子の 澄んだ力強い声 最後の曲が響いている。 もぅ大丈夫。

「さてっとぉ!もう一人、大丈夫じゃない人のとこにでも行きますかー!」

勢いを付けて立ち上がると、あたしはみく子の歌声を背に 歩き出す。

飲み屋通りを抜ける手前で 大きな拍手が聞こえた。

後ろを振り返り、心の中で拍手を送ると、歩く速度を速める。




何時間か前と同じ動作で 鞄から鍵を取り出し、奥の部屋へ向かう。

暗くなった事務所の中で、これまた何時間か前と同じ姿勢のチーフ。

「チーフ? 電気付けますよー?」

ニ回程瞬いて、ぼんやりと蛍光灯が部屋を浮かび上がらせた。

「おぉーちこかぁ また忘れ物か?」

眩しさで目を細めるチーフ。明らかにおかしい。

「いや、何にも食べてないんじゃないかと思って、差し入れ。」

途中のコンビニで買ってきた袋を、目の前で揺らす。

「おぉ さんきゅ。何買ってきてくれたんだ?」

「おでん!冷めないうちに食べましょー♪」

お皿を用意して対面に座る。

『いただきまーす』

熱々の湯気がチーフのめがねを曇らせる。

「あぁあああ!! あたしのちくわぶっっ!!」

「ぇ?これおまえのだったの? てかこんなに大量に。。。」

「だって、食べたい物全部入れたらこーなっちゃったんですもの?」

「ですもの?じゃない。」 冷たくあしらわれた。。でも。

やっと体温が戻ってきたチーフにちょっと安心する。

「俺、 ここ辞めようと思って。」

突然 核心を突いて来た。

努めて落ち着いた口調でチーフは続ける。

「オーナーとも何度も話し合いを持ったんだけどな、。ここ、たたむことになった。」

そんな噂はちょっと耳にしていた。新店舗開店と同時にここはなくなちゃうんじゃないかって。

「みんなに迷惑かけちゃうな、ごめんなぁ・・・」

そう言うと ぬるくなったちくわぶの残りを口に入れた。

「だから、それあたしのちくわぶっ」

「おまえはっ 人の話を聞いてなかったのか? こんな大事な話をしてるっていうn・・」

「聞いてたよ? でもさ、一緒に落ち込んでもしかたないじゃん?」

呆れ顔のチーフ。 かまわず続ける。

「ならさ、チーフがオーナーになっちゃえば?」

「はぁ? やっぱお前バカだろ? 店一個持つのにどれだけかかるか知ってて言ってんのか?」

「バカかどうかは置いといて、チーフだって本当は続けたかったんでしょ?この仕事。」

「まぁ、、な。」 

あたしにはわかる。どれだけチーフがこのじゅごんを大事に思っていたかを。

それから自分がどれだけじゅごんを好きだったかも。

「だからさ、あたしも手伝うからさ、一緒に。」

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

六日目:ちこ編 17話

突然口からこぼれた言葉に、自分でさえびっくりした。

でも、言葉にしたら それが当たり前のような気がする。

「お前 大学は?歌は?」
 
「大学はもうとっくに辞めてるし、歌はいつでも歌えるよ」 

一瞬呆気にとられた顔をしたくせに、すぐに納得したような表情に変わる。

「やっぱ お前 バカだわぁー」
「おまえ、それって愛の告白みたいじゃん」

途中からチーフが面白がっているのが手に取るように見える。

大笑いの後、急に真面目な顔になって少し考えると、まっすぐあたしを見た。

「お前と店かぁ それもいいかもな。やっぱこの仕事好きだし、なぁ?ちこ?」

「はい?」

「俺と一緒に新しい店、やってくれるか?」

「それ、愛の告白?」

「ばぁか」


それからチーフと、新しい店についてやこれからの計画を遅くまで話した。




人も街も、いつかは変わってしまうかもしれない。 間違いも犯してしまうかもしれない。

それでも、一番大切なのは 前に進むことだって 思うんだ。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

≪前のページ | TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。