ロシュ編
蜜編
サク編
蓮火編
アリエス編
黒編
しのめん編
奏湖編
ちこ編
志津編
タイキ編
ゆん編
なつめ編
卵茶編
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
■ロシュ
みく子の元カレ。
二枚目、頭脳明晰、スポーツ万能で浮気者。
みく子と別れてエリカと付き合いながらも、みく子に未練がある人。
■蜜
みく子の現彼氏。
みく子のアバンギャルドなパーマを見て怒った。
世界を救いたいと思ってる人。
■サク
みく子の初恋の人。
みく子のことだけを考えながらも、人生に絶望してる。
悪魔と契約なんかしちゃってる人。
■蓮火
みく子の知り合い。
路上ライブで知り合い、アバンギャルドなパーマを見て
「とりあえず、そのパーマだけは直せよ!」と路上で叫ぶ人。
■アリエス
みく子と同じ研究室の学生。
先輩には卵茶もいる。
教授にいろんな意味で愛されてる人。
■黒
みく子のチャット友達。
るどんとビリヤードしたりもする。
みく子と実際に会ったことはない人。
■しのめん
みく子の友達。
どう見ても二児以上の父親としか思えない老けた大学生。
色の識別が出来ない人。
■奏湖
みく子の元後輩。
大通りにある24時間営業のマックス・ドックスの元気な店員さん。
みく子のライブポスターをそこら中に貼りつけた人。
■ちこ
みく子のストリート友達。
みく子と同じようにストリートで歌ってる。
昼は喫茶店、夜はダイニングバーじゅごんで働いている人。
■志津
みく子の友達。
「ふろーら・しょうだ」でバイトしてる。
落研で「るど」と漫才コンビを組んでる人。
■タイキ
蓮火の兄。
タクシードライバーをしている。
弟の蓮火のことをいつも考えてる人。
■ゆん
みく子の友達。
普段はたまにメールでやりとりしてる。
みく子のライブのポスターを作った人。
■なつめ
みく子の高校の同級生。
高校時代はみく子の生演奏を聴いたりしてた。
現在は立派に社会人をしている人。
■卵茶
みく子のゼミの先輩。
みく子とはよくメールをする仲。
後輩にはアリエスもいるがどちらからも先輩扱いを受けていない人。
■M線上のアリア CM動画 A巻発売編!
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

六日目:蓮火編 11話

あれから二日後。俺は再び大学に居た。
というか、此処は僕の通っている大学だから、来るのは別に大事件では無いわけだけど。

「みく子は大丈夫。」

そう思ったあの日。チェックの結果を学務課へ提出した後、一度校門まで歩いた。
出来ればみく子の姿を見たかったが、人はやはり多くて、見つけるのは困難だった。

諦めた後、俺は帰るなり寝てしまった。徹夜での仕事明けだから仕方ない。
その次の日にまたバイトをして、今日、大学に来ている。
今日学校に来たのには理由がある。

本館から離れた倉庫。
そこが、軽音サークルに与えられた場所だった。
待てばいいとは言ったものの、仕事が無ければ、ついついみく子の事を考えてしまう。ならば、仕事以外の何かが必要になってくる。
話し相手が必要だ。

一年振りにその扉を開いた。
中には、ミナミとちぃたんがいた。
みく子に感化されて、一度組んでいたバンドのメンバーだ。

「おぉぉ久しぶり!何しとったん?」

こいつらはいつも明るいなぁ。当たり前の答えを返す。

「バイト。」

「一年も?」

「そう、一年も。」

ちぃたんは、何だか全てを見ていたような目で質問してきた。

「本当に?」

何がだ。

「最近何やってたのさ。」

悩んだ末、話してみる。

「実はみく子っていう同級の娘がいてさ。その娘に…」

「ちょ?っと待った!」

ミナミが右手を俺の目の前に勢い良く突き出し、話を止めた。

「その話、長くなる?長くなるなら、マックス・ドックス行こうぜ!」

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

六日目:蓮火編 12話

「フィッシュ・バーガーとバニラ・シェイクください。」
「あたしも♪」
「俺コーラだけでいい。」

注文を済ませ、席に座る。
混み合っているようで、あと、俺達がせっかちなので、全部を揃えて席に持って来て貰うようにした。

「で、そのみく子さんとどうしたって?」

「あぁ…」

俺は、全てを話した。
頑張って、二度も叫んだ事。
ノートン教授の本を読んで、多分大丈夫だと思った事。
よくよく思えば、白い肌についてツッコミを入れたほうが良かったんじゃないかって事。
全てだ。

「手ぇ出したとかじゃないのか。」

つまんねぇ、と、ミナミはそう言いたそうだ。
続けて、俺にこう質問してきた。

「で?ずっと待つの?」

「そのつもりだよ?」

「そのみく子さんが歌いだすのを?」

「うん。あ、ちょっとトイレ行ってくる。」

席を立ち、トイレに入る。鏡を見ながら呟く。

「今更、そんな決意が揺らぐような事言うなよなぁ。」

両頬を叩きながら、席に戻った。
再度、俺は話し出した。

「それでさ、彼女が歌いだすまでバイトと大学の往復だろうし、俺もう一回バンドを…って聞いてる?ねぇ聞いてる?二人とも。」

二人は、ポカンと口を空けて壁を見ている。
つまり、俺の背後。

「どうした?」

振り向いた。
そこにはポスターが貼ってあった。

「STREET LIVE、Goodbye,orange-girl…。
 orange-girl…?みく子?もしかしてみく子?」

ミナミとちぃたんは、「多分そうじゃないか」と、俺の質問に答えた。

「この日付!今日じゃん!」

思わず口に出た。というか、俺はここで叫んだ。
携帯電話を取り出す。最近、よく携帯電話を使うが、そこはもう気にするな。丁度良く、兄貴は客を乗せていなかったらしい。ここから近いから、走れば多分、間に合うんだけど。
きっと兄貴も、多少なりみく子に関わったから、聴きたいんじゃないかって思ったんだ。

「みく子が、多分だけど歌うみたいなんだ。
 今大通りのマックスなんだけどさ。
 今から兄貴も来ない?
 あ…うん。そう。この近辺に人を送り続けてるんだ。
 おっけい、忙しいんだね。」

兄貴は、「俺の分も聴いてきて。」というと、電話を切った。
余りの行動に、ミナミとちぃたんは驚いている。

「で、行くの?」

ミナミがそう言うと同時に、俺は席を立とうとした。

「お待たせしました。」

注文の品が来た。

「いい!コレ君にあげる!」

バイトの女の子にそう言うと、俺は店を出てポスターに書いてあった路地へ向かった。女の子は、「あたしそろそろ上がりなのに、仕事増やさないでよ!」と言いたげな表情だった。

ミナミとちぃたんも、俺の後を付いて来てくれた。

路地に着く。みく子はいない。だけど、大勢の人が其処にいた。
まだ始まってないんだな、と、それだけ確認出来て、安心した。
冷静に人だかりをチェックする。

「…あれ?ロシュくん。」

「…蓮火くん。」

良かった。彼は俺を憶えてくれていたようだ。
隣に、彼女を連れている。

「二人でライブ、見に?」

ロシュくんは笑いながら、「そうだよ。」と答えた。

ロシュくんとみく子の間に、何か…と尋ねようとして、止めた。
うん。きっと、答えは出てるから。

じゃぁ、と軽く挨拶をして、ミナミとちぃたんの元へ戻る。
緊張しながらも、三人で雑談。まだ、始まらないらしい。
雑談でかなりの時間が経った。
人は、少しずつだけど増え続けている。
よく見ると、さっきのマックス・ドックスの女の子も来てた。
「ごめんよ?。」と心の中で三回呟いた。

周囲がざわつく。
誰だか解らない男の人と、一緒に女の子。
女の子は、みく子だった。

笑顔を振り撒きながら、人だかりの中心部へ向かうみく子。
座って、ギターケースを開き、ギターを取り出した。

六弦から、チューニングを始める。

「まだ??」

誰かが叫んだ。

「ごめん。あとちょっと待って。こう…パーマの角度が。」

右手でごめんねのポーズをしながら、申し訳なさそうにみく子が言うと、何人かが大爆笑した。俺もその一人だったが。

一弦までチューニングが終わり、ゆっくりと息を吐いたみく子は空を見上げた。
そのまま、右手で空を指差した。

辺りがシン…と静まり返る。

右手をギターに、目線を人だかりに戻すと、ゆっくりとみく子はこう言った。

「集まってくれてありがとう。
 それじゃあ、今夜の始まりの歌、いきますよ?」

あの小悪魔的な笑みの後、その声は、澄んで空に溶けた。

「一曲目…オレンジ」

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

六日目:蓮火編 13話

熱狂したライブの全てを、俺はいつも思い出せない。
かなりの曲数の中でも、インパクトの強かったものしか。

一曲目「オレンジ」が終わった後、拍手の中で、彼女は観客の誰かを見た気がした。
ニ曲目、曲名は何だったかな。
そう、確かロシュくんが近付いて何か話してたっけ。

そして三曲目「幼なじみ」。

攻撃的だった声は、以前の、オレンジ色の髪をしていた頃の声に近かったと思う。だけど。

「だけど何か…。」

みく子と目が合った。
俺は近付いて、最前列に座る。

「四曲目…Shout」

内容を、俺は良く知っていた。
知っている筈だ。忘れる訳が無い。

みく子の指を見つめながら聴いていた。
弦を弾いて、リズムを刻む。たまに、ギターのボディを叩いてリズムを取る。
弾き語り特有の、声にリンクしたギターの音色。
その音色に乗って、響く声。

曲が終わった後の拍手の中。
みく子に尋ねる。

「これ、俺の事?」

みく子は、「さぁね?」という顔をして、笑った。
俺は財布から八千三百二十円を取り出し、ギターケースに入れた。

「何これ?」

今度は、俺が「さぁね?」という顔を返した。

「だけど、この声は…」

「うん。だから、最後まで聴いてね?」

みく子のその言葉を聞いた後、最前列の席を空けた。
ミナミとちぃたんの前に戻り、続きを聴く事にした。

その後、五曲目が終わったところで、関西弁の女の子がみく子に抱きついて、六曲目。「モノクロ」を歌い終わったところで、みく子は再度空を見上げた。

みく子の額に、汗が光る。
でも、もしかしてみく子。
前の声に似せて歌ってる?

その後の曲を、「いい曲だね」なんて三人で話しながら聴いて、十二曲目。

「次はデュエットでいきまっす♪」

ギターケースを持った女の子が手招きで呼ばれ、みく子の隣に座った。
確かこの路地で歌ってた女の子だ。
その曲が終わった後、二人はハイタッチをして、みく子はまた一人で歌いだした。

十三曲目が終わった後、マックスの女の子が紙袋を渡し、みく子の目が輝いた。

そして、ライブは終わりを迎えようとしていた。

十四曲目の前。
ペットボトルの水を飲んだ後、みく子は、深呼吸をして終わりを告げる。

「次で、最後の曲です。」

残念そうな「えー?」という声と、拍手。
少し困った顔をしたみく子は話を続けた。

「今日、私が本当に聴いて欲しいのは、この歌です。
 曲名は…」

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

六日目:蓮火編 14話

「   」

みく子は曲名を、空に向かって言い放った。
アコースティックギターに、みく子の指が触れる。
今日、最後の 。
歌声が、路地の空に溶けていく。

みく子の姿は、未だアバンギャルドなパーマで、肌は   白いままだ。
俺の叫びの甲斐は、やっぱ 無かったのかも知れない。

でも、今、空に溶けていく声。
それは、最初にみく子の肩を掴んだ夜の、あの攻撃的な声では無かった。
オレンジ色の髪の毛を揺らしていた時の声とも違う。
何ていうか、もっと、悟ってるっていうか、大きく皆を包むような。
例えば、それは人に合わせて色を変えてしまうような。

「なんか、すごいね。」

横に並んできて、ちぃたんがそう言った。

「生まれ変わった。」

俺がボソっとそう言うと、今度はミナミが並んできてこう言った。

「リニューアルしたっちゅー事か?」

その言葉を聞いて、俺は笑った。
正にその通りだ。

なんだ、結局、本質は変わらない だな。

みく子の歌 は、やっぱり周りを優しく包み込んでいる。

「変わる事は、悪い事なのか ?」

変わらないものは、きっとあるんだろう。

「  同じように歌えるかなぁ。」

ちょっと変わったけど、前よりもっと凄い声で歌えてる。

「へへっ。」

俺は、いつの間にか微笑んでいた。

最後の歌は、程なく終了した。

「どうもありがと 。」

そのみく子の言葉を聞いて、僕は振り返り、歩き出した。

「お、おい。最後に挨拶くらいしていかんの?」

ミナミとちぃたんが、そう言って俺の後を付いてきた。

「いいんだ。もう、俺、胸いっぱいだから!
 じゃ、またな。」

ミナミとちぃたんと別れ、家路に着いた。
路地から出て、人気の無い道路へ。

今回のみく子に関して、兄貴に随分協力してもらったな。
今度呑む時は、俺が奢ろう。バイト代が入ったら。

そういえば兄貴、俺が小学校ニ年生になるまでは、俺のほうが出来なかったのに。
何で立場が逆転したんだろう。

黒猫が、前方から歩いてくる。
今は何だか気分がいい。
微笑みながら黒猫を眺める。
黒猫と、目が合った。

「変  事は、 い なのかな?」

みく子の言葉を思い出す。

「悪い事じゃない。その存在意義さえ、見失わなければ。」

すれ違い、俺はまた前方を向いて歩き始めた。
その時、正に前方を向いた瞬間。

俺の後頭部に、手の感触があった。

「そ?さ。変わる事は悪い事じゃないんだよ?蓮火くん。」

「…誰だ?」

体が、動かない。

「誰だ、とはつれないな。もう十五年の付き合いじゃないか。」

「何を言っている?」

暗い海の底から、話しかけてくるような声。

「まぁ、お前は契約時の年齢が低かったからな。
 願いが漠然として大きすぎた。
 こちらも、願い相応のリスクを君に課した訳だが…。
 俺の事を忘れているのも、それは契約だ。
 ただ、俺に関しての記憶は、無くなるでなく、忘れる、だ。
 思い出せるだろう?」

「契約?金なら無いぞ!」

「余りに美味しそうなので、先に味見させて貰ったよ。
 だが、まだあの願いの分だけの報酬を得ていないのだよ。
 君が願いを叶える為に支払う記憶は、分割払いだからね。」

思い出した!

「そうか、お前は、あ!あく!まぁあ゛」

「イエス、お前達が求める限り、俺はその名で呼ばれるのさ。
 それじゃあ、いただきます。」

みく子、一つだけ言い忘れてた。

例えば、何の行動もせずに、何もかも上手くいくと思う事。
ただ、文句だけを垂れ流しながら、良い方向に変われと願う事。

それは、きっと悪い事だ。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

≪前のページ | TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。