ロシュ編
蜜編
サク編
蓮火編
アリエス編
黒編
しのめん編
奏湖編
ちこ編
志津編
タイキ編
ゆん編
なつめ編
卵茶編
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
■ロシュ
みく子の元カレ。
二枚目、頭脳明晰、スポーツ万能で浮気者。
みく子と別れてエリカと付き合いながらも、みく子に未練がある人。
■蜜
みく子の現彼氏。
みく子のアバンギャルドなパーマを見て怒った。
世界を救いたいと思ってる人。
■サク
みく子の初恋の人。
みく子のことだけを考えながらも、人生に絶望してる。
悪魔と契約なんかしちゃってる人。
■蓮火
みく子の知り合い。
路上ライブで知り合い、アバンギャルドなパーマを見て
「とりあえず、そのパーマだけは直せよ!」と路上で叫ぶ人。
■アリエス
みく子と同じ研究室の学生。
先輩には卵茶もいる。
教授にいろんな意味で愛されてる人。
■黒
みく子のチャット友達。
るどんとビリヤードしたりもする。
みく子と実際に会ったことはない人。
■しのめん
みく子の友達。
どう見ても二児以上の父親としか思えない老けた大学生。
色の識別が出来ない人。
■奏湖
みく子の元後輩。
大通りにある24時間営業のマックス・ドックスの元気な店員さん。
みく子のライブポスターをそこら中に貼りつけた人。
■ちこ
みく子のストリート友達。
みく子と同じようにストリートで歌ってる。
昼は喫茶店、夜はダイニングバーじゅごんで働いている人。
■志津
みく子の友達。
「ふろーら・しょうだ」でバイトしてる。
落研で「るど」と漫才コンビを組んでる人。
■タイキ
蓮火の兄。
タクシードライバーをしている。
弟の蓮火のことをいつも考えてる人。
■ゆん
みく子の友達。
普段はたまにメールでやりとりしてる。
みく子のライブのポスターを作った人。
■なつめ
みく子の高校の同級生。
高校時代はみく子の生演奏を聴いたりしてた。
現在は立派に社会人をしている人。
■卵茶
みく子のゼミの先輩。
みく子とはよくメールをする仲。
後輩にはアリエスもいるがどちらからも先輩扱いを受けていない人。
■M線上のアリア CM動画 A巻発売編!
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

六日目:アリエス編 11話

秋空の公園は人気が少なく
考え事をするには十分な静けさだった。

結局のところ
なにがわかったんだろう。
志津さんから話を聞いてみたのはいいけど
志津さんもよくわかってない様子だったし。
ロシュ君とノートン教授。
そしてみく子ちゃん。
いったいどんなつながりがあるんだろう。
研究室からいなくなるのと関係があるのか。
わからないことを聞きに行ったのに
余計わからないことが増えてしまったような気がする。

ただ
確実なことは一つ。
今夜ライブをするということ。
そこ行けば何かわかるかもしれないということ。
だったら行くしかないじゃないか。
答えはみつからないだろうけど
何か一つでもつかまないと
そうじゃないと気がすまなくなってる。
『みく子』
君が僕を侵食していく。

秋の空は
久しぶりに澄み渡って
輝くような気がした。

ライブまで約三時間。
何も考えずに散歩するには十分すぎる時間だ。
歩き出そう。
物語のヒントを探しに。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

六日目:アリエス編 12話

飲み屋通りに着くとすでに人だかりができていた。
角を曲がったときにはすでにギターの音と歌声が聞こえていた。
遅れを取った。。

みく子ちゃんの周りには数え切れない人が通りを埋め尽くしていた。
それぞれの人が自由なスタイルでみく子ちゃんの歌を聴いていた。
僕は他の人の迷惑にならないようにその最前列からライブを聴くことにした。
曲はラジオで聴いたことがあるような気がした。

「来やがったな、食いしん坊め。」
誰かに声をかけられる。
振り向くと黒い顔。
・・・・。
卵茶か。
「とりあえず、少し静かにしとけ。」
「そんな!先輩に向かってなんて言い種!?」
「いいから。」
「………はい。」
ライブだってのになんでこんなやりとりをしなきゃいけないんだ。

卵茶は研究室の先輩。
ラフな感じで話ができる人だ。
変に絡まれたときは冷たくあしらうのが基本。

二曲目が終わる。
「よう。」
「おう。久しぶり。」
改めて声をかけられる。
「最近どうよ?…ってな話する場じゃねぇわな。」
「まぁね。」
「ん?…とりあえず、そうだな。
 別に世間話する場面じゃねぇし、俺向こうでまったり聞くし。
 帰る前には一度声かけるわ。」
「おう。…つうか、なんで居んの?」
「ヒ・ミ・ツ☆」
面倒くさいやつだ。
「………うん、で?」
「…いやまあ、気にすんな。気になるなら後で言うし。」

『幼なじみ』

みく子ちゃんが次の曲のタイトルをよく通る声で言う。
みく子ちゃんの方を向くと卵茶はどこかに行こうとしていた。
「…なあ、このライブ…」
(まだなにかあるのか)
「…このライブ、しっかり聞けよな。みく子にとって、多分すげぇ特別だからさ。」
(そんなことわかってる)
うなずくと卵茶の姿が見えなくなっていた。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

六日目:アリエス編 13話

何曲目だろうか。
すでにこの空間に魅せられた僕は
ただただ
みく子ちゃんの歌声に聴き入るだけだった。
一つひとつの歌は
ここにいる誰かを歌っているようで
ここにはいない誰かを歌っているようで
きっと
みく子ちゃんにはその誰かがきちんと見えてるんだと思う。
僕には見えないけど。

前のほうから女性が出てきた。
まだライブの途中だというのに。
ただ気になったのはその人の顔が涙で濡れていたということ。
それは悲しみの涙ではなく喜びの涙で。
きっとさっきの歌はこの人の歌なんだろう。

「私っていう人間はね。一人じゃ生まれないんだよ。
 人と人の間に生きてこそ人間だから。
 今日という日を迎えられたのも
 これから生きていくのも
 これまで出会った人や
 今日ここに集まってくれたみんなや
 まだ見ぬ明日に出逢うみんなが支えてくれるから。
 だから私は私でいられる気がするんだ。
 そんなみんなに感謝をこめて歌います。
 
 『紡ぐ』
 
 ♪キミの糸とキミの糸を
 紡ぎできるわたし
 ここまでこれたのは
 見えない支えがあったから
 今度はわたしが
 あなたを支えたい♪
 
なんとなく一人で生きていけると思ってた。
そばに人が居ることで救われることはあるけど
自分をつくってきたのってなんだったんだろう。
自分は自分だけど
もしかしたら自分をつくってくれたのは周りの人間かもしれない。
卒業研究も一人でやってきたけど
この前の中間発表も何か意図があったのかもしれない。
もう一度紡ぎなおす必要があるかな。
自分と周りとの関係を。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

六日目:アリエス編 14話

ライブが終わった後
しばらくその場を離れることができなかった。
余韻というかその場の空気に触れていたかったし
何よりみんながその場を
みく子ちゃんと一緒にいることを選んだから。

ライブのことを思い出しながらボーっとしていると
人ごみの中から卵茶が出てきた。
卒業してからだから一年くらい会ってないことになる。
職場の様子や対して変わらない大学の話をした。
久しぶりに会ったからといって実のある話をしないところがこの先輩のいいところ。
「またな」
そう言ってまた人ごみの中に戻っていった。

卵茶の姿が見えなくなったのを確認して広場を後にする。
後ろではみく子ちゃんの声が聞こえた。
きっとみく子ちゃんが何かを始めたんだろうけど
自分には他にすることがある気がしたんだ。

数日後。
教授の言っていた「笠原さん、うちの研究室から居なくなっちゃうかもね。」は現実のものとなろうとしていた。
元々人の出入りがいいとは言いがたい研究室だけど
みく子ちゃんの机からは完全にモノが無くなっていた。

誰もみく子ちゃんがそこに居たなんて話をしなかった。
初めから何もなかったかのように。
それがなんか寂しい気がした。
確かにバラバラだったけど
同じ場所に居たはずなんだから。
「そういえばさぁ」
悠太に話しかける。
まずはこの部屋にいる人と人を紡ぐことから始めよう。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

≪前のページ | TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。