ロシュ編
蜜編
サク編
蓮火編
アリエス編
黒編
しのめん編
奏湖編
ちこ編
志津編
タイキ編
ゆん編
なつめ編
卵茶編
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
■ロシュ
みく子の元カレ。
二枚目、頭脳明晰、スポーツ万能で浮気者。
みく子と別れてエリカと付き合いながらも、みく子に未練がある人。
■蜜
みく子の現彼氏。
みく子のアバンギャルドなパーマを見て怒った。
世界を救いたいと思ってる人。
■サク
みく子の初恋の人。
みく子のことだけを考えながらも、人生に絶望してる。
悪魔と契約なんかしちゃってる人。
■蓮火
みく子の知り合い。
路上ライブで知り合い、アバンギャルドなパーマを見て
「とりあえず、そのパーマだけは直せよ!」と路上で叫ぶ人。
■アリエス
みく子と同じ研究室の学生。
先輩には卵茶もいる。
教授にいろんな意味で愛されてる人。
■黒
みく子のチャット友達。
るどんとビリヤードしたりもする。
みく子と実際に会ったことはない人。
■しのめん
みく子の友達。
どう見ても二児以上の父親としか思えない老けた大学生。
色の識別が出来ない人。
■奏湖
みく子の元後輩。
大通りにある24時間営業のマックス・ドックスの元気な店員さん。
みく子のライブポスターをそこら中に貼りつけた人。
■ちこ
みく子のストリート友達。
みく子と同じようにストリートで歌ってる。
昼は喫茶店、夜はダイニングバーじゅごんで働いている人。
■志津
みく子の友達。
「ふろーら・しょうだ」でバイトしてる。
落研で「るど」と漫才コンビを組んでる人。
■タイキ
蓮火の兄。
タクシードライバーをしている。
弟の蓮火のことをいつも考えてる人。
■ゆん
みく子の友達。
普段はたまにメールでやりとりしてる。
みく子のライブのポスターを作った人。
■なつめ
みく子の高校の同級生。
高校時代はみく子の生演奏を聴いたりしてた。
現在は立派に社会人をしている人。
■卵茶
みく子のゼミの先輩。
みく子とはよくメールをする仲。
後輩にはアリエスもいるがどちらからも先輩扱いを受けていない人。
■M線上のアリア CM動画 A巻発売編!
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

三日目:黒編 11話

僕は、来賓客全員が会場に入ったのを確認すると

ドアを静かに開き

そっと会場にはいり

また静かにドアを閉めた


会場内は

わいわいと楽しげな声

楽しげな音楽

それに加えて

綺麗に束ねられた花

そして一際目立つ

水彩画


色鮮やかな音や花や絵

そして空気

色々なモノが材料となって

パーティを盛り上げる



ここでは色々な人間模様が見える。


スパリゾートのご令嬢とオペラ歌手の姉妹は
音楽に耳を傾けながら
花を見ていた

絵になる二人だ


ノートン教授は
薄紫のロングドレスをきた叶姉妹の妹のような人とダンスを楽しみ

っていうか、じーさん若いなおいっ


叶姉妹の姉っぽいほうはというと
斉藤氏とお酒を楽しんでいた。

っていうかオヤジには目が行ってないなアレ


同じバイトのバーテンダーのヨシノリさんは
クールにシェイカーを振っている。


かっけぇなぁ

あっ
叶姉妹の姉っぽい人に
何か紙のようなものを渡されてる。

やらしっやらしっ


かたや向こうの方で
エリカちゃんを含める三人で談笑

しかし、綺麗な人多いなここ。


夫人は水彩画家の女性と
絵についてなにやら話している。

ビジネスの話か?・・・


僕は人間ウォッチングをしながら

違った見方でパーティを楽しんだ。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

三日目:黒編 12話

周りの雰囲気が落ち着いてきた。

もうじきパーティが終わりを告げるだろう。

時計を見て再確認する。


僕は、またシャキッと姿勢を正し

ドアの前に立った。


斉藤氏はかなり酔ってる様子で
夫人が変わりに終わりの挨拶をした。

「皆様、お楽しみいただけたでしょうか?
 そろそろ夜も更けてまいりましたので・・・・」

楽しげな雰囲気が
ゆっくりと静まり返り

来賓客が帰宅の準備をしだす。



「本日は誠にありがとうございました。
 足元にお気をつけて下さいませ。」

僕は静かにドアを開き
お決まりの挨拶を言って深くお辞儀をした。


来賓客は
パーティの余韻と騒がしさと一緒にパーティ会場を後にした。



中には桃ニャさんと斉藤夫妻
そしてエリカちゃんとノートン教授が残っていた。


桃ニャさんが斉藤氏を連れて部屋の方に向かい

夫人とエリカちゃんと教授の三人は
なにやら話しをしていた。


しばらくして
リムジンが会場の前につくと

エリカちゃんと教授の二人は
やってきたリムジンに向って帰っていく。


帰り際エリカちゃんが可愛らしい笑顔を向けてくれた。


それに釣られてこちらもニコリと笑ってしまった。



後片付けが終わり
服を着替えた僕は夫人から給料を受け取った。

「今日は、ありがとう。
 次も頼みたいものね。」

「いえ、こちらこそありがとうございます!」

パーティが上手くいったせいか夫人もご機嫌だ。


桃ニャさんはしばらく後片付けがあるらしく
まだ残っていたので

「あっ桃ニャさん!
 今日はご苦労様でした!」

「あっ黒さ?ん
 おつかれさまぁ?
 気をつけて帰ってねぇ?」

なにやら桃ニャさんもご機嫌みたいだった。


台風が通りすぎ

雲間から

月が夜道を照らしていた。


充実した疲れと共に

僕は家路についた。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

四日目:黒編 13話

翌朝

僕は寝ぼけ眼でタバコに火をつけ

パソコンに電源を入れた。


タバコを吸い終えると

寝ぼけた頭を叩き起こすように

シャワーを浴びた。


服を着てパソコンをみた。

新着メールを知らせるランプが点滅している。

誰からだろうか。

新着メールニ件
**********************************************
送信者:依里
To:黒
Cc:
件名:たすけてッ!笑
内容
パソコンがぁ?
ってぃぅか、プリンターが大変な事になったぁ笑

急いで連絡頂戴ッ!

**********************************************

妹からかよ。

めんどくせぇな。

つーか電話してk・・・

電源切ってたわ。



もう1件はと。。。

*********************************************************
送信者:みく子
To:黒
Cc:
件名:ライブライブ!
内容
黒ちゃん!
明後日、みく子ライブするんだぁ!

大通りのマックスにポスターまで貼ってもらっちゃった!(笑)

みく子がんばるよー!

もしこれる距離なら、来てね!

*********************************************************

大通りの。

あっこか。


僕は、空腹を満たすついでに

みく子のライブポスターが貼ってあるマックスへ向かった。



「いらっしゃいませーっ!
 こちらでお召し上がりですか?」

「イートインで。」

「かしこまりました。
 ご注文をどうぞー。」

「フィッシュバーガーセット
 ドリンクはアイスコーヒーで。」

「フィッシュバーガーセットですね!
 かしこまりましたっ!」

僕は商品を貰って

ポスター前の席を確保した。


カシャッ

僕は、席を確保すると
すぐさまポスターを携帯のカメラで撮った。

そして
フィッシュバーガーとポテトを堪能して

マックスを後にした。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

六日目:黒編 14話

今日は、みく子のライブの日


僕はゆっくりと仕度をして

ライブ会場である場所へ向った。



途中、コーヒー店でホット・ラテを頼んで

飲みながらゆっくりと歩いた。


遠目でも会場に人だかりができていているのが判る。

みく子の声らしき音もかすかに聞こえた。

近づくにつれてその音はどんどん大きくなり

僕は、音の波に襲われた。


みく子の音が響き渡る中

何曲目かの唄が終わりみく子が口を開いた。

「次の曲は、ここには来てないかもしれないけど
 インターネットで知り合った
 私の大切な相談相手の為の曲・・・かな?(笑)
 
 その人に届く事を祈って唄いたいと思います。

 曲名は【NET】」



言い終えるとみく子はギターを手にし唄い始めた。


歌詞までは覚えていないが

あるフレーズだけは覚えている。

♪?

手と手を繋いで大きな輪になろう

やがてその輪は網目のように

世界に広がるNetwork

私達を繋げるもう一つの世界

?♪




みく子は唄い終わると一言だけ言葉を漏らした

「届いたかな・・・」


ちゃんと届いてるよ、みく子。

そう言って名乗りでようと思ったけど

僕はそれをしなかった。



僕にちゃんと届いてるから

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

六日目:黒編 15話

【NET】から何曲が終わっただろうか

みく子が何曲目かを唄い終わると

ペットボトルに手を伸ばし

喉を潤した。


「ふーう。」

と深呼吸をして

「次で、最後の曲です。

 今日、私が本当に聴いて欲しいのは、この歌です。
 曲名は…

 【アリア】」


ミク子は曲名を、空に向って力いっぱいに言い放った。

静かにギターの弦に、みく子の指が触れる。


やがて、ギターの音とみく子の声が一つの音になり

会場に響き渡った。


その音は

会場の人という人

すべてを繋ぎ

一つの世界をつくり

その音で、僕らを優しく包み込んだ。


周りは何人か涙する者もいた。


僕も泣いていた。


みく子は唄い終えると

「どうもありがとう。みんな、ありがとう。」

皆に感謝の言葉を言った。



その後、皆から拍手喝采だった。



僕も涙を拭くことを忘れ

ただただ拍手をしていた。


長いようで短かった

ライブが終わった。




ライブの日を境に、みく子はネット上に顔を出さなくなった。


みく子を通じて

僕らは一つに繋がった。


みく子は、僕らを繋げる為に存在したのだと思えた


そんな気がした。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

≪前のページ | TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。