ロシュ編
蜜編
サク編
蓮火編
アリエス編
黒編
しのめん編
奏湖編
ちこ編
志津編
タイキ編
ゆん編
なつめ編
卵茶編
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
■ロシュ
みく子の元カレ。
二枚目、頭脳明晰、スポーツ万能で浮気者。
みく子と別れてエリカと付き合いながらも、みく子に未練がある人。
■蜜
みく子の現彼氏。
みく子のアバンギャルドなパーマを見て怒った。
世界を救いたいと思ってる人。
■サク
みく子の初恋の人。
みく子のことだけを考えながらも、人生に絶望してる。
悪魔と契約なんかしちゃってる人。
■蓮火
みく子の知り合い。
路上ライブで知り合い、アバンギャルドなパーマを見て
「とりあえず、そのパーマだけは直せよ!」と路上で叫ぶ人。
■アリエス
みく子と同じ研究室の学生。
先輩には卵茶もいる。
教授にいろんな意味で愛されてる人。
■黒
みく子のチャット友達。
るどんとビリヤードしたりもする。
みく子と実際に会ったことはない人。
■しのめん
みく子の友達。
どう見ても二児以上の父親としか思えない老けた大学生。
色の識別が出来ない人。
■奏湖
みく子の元後輩。
大通りにある24時間営業のマックス・ドックスの元気な店員さん。
みく子のライブポスターをそこら中に貼りつけた人。
■ちこ
みく子のストリート友達。
みく子と同じようにストリートで歌ってる。
昼は喫茶店、夜はダイニングバーじゅごんで働いている人。
■志津
みく子の友達。
「ふろーら・しょうだ」でバイトしてる。
落研で「るど」と漫才コンビを組んでる人。
■タイキ
蓮火の兄。
タクシードライバーをしている。
弟の蓮火のことをいつも考えてる人。
■ゆん
みく子の友達。
普段はたまにメールでやりとりしてる。
みく子のライブのポスターを作った人。
■なつめ
みく子の高校の同級生。
高校時代はみく子の生演奏を聴いたりしてた。
現在は立派に社会人をしている人。
■卵茶
みく子のゼミの先輩。
みく子とはよくメールをする仲。
後輩にはアリエスもいるがどちらからも先輩扱いを受けていない人。
■M線上のアリア CM動画 A巻発売編!
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

四日目:奏湖編 11話

その日の夜。
自動ドアの開く音に反応して「いらっしゃいませ?」とスマイルで迎えると、お客様はエリカだった。

「っ!エリカぁ!」
エリカも気付いたようで「あ、かなこぉ?!」と笑顔を向けてくれた。

こそこそと注文を受けるフリをして話し出す。
「昨日はいけなくてごめんね。」

「いいのいいの。バイトじゃしょうがないよ。」

「あ?ぁ、セレブなパーティ行きたかったなぁ」

「ふふっ。また今度ね。」

昨日はエリカの知り合いのパーティがあったらしい。
お誘いいただいたのだが、先にココの仕事が入っていたので、お断りしたのだった。

「かなこのドレス姿、見たかったなぁ」

「えっ!ドレスなんて持ってませんから(笑)」

元気そうに話してはいるが、少し落ち込んでいるのがわかる。
また彼氏と喧嘩でもしたのかな・・・?

エリカは「なんかねー、エリカ人を待たなきゃいけないらしいのね?」と、ストロベリー・シェイクを注文して席に座った。


しばらくして、自動ドアの開く音に反応して「いらっしゃいませ?」とスマイルで迎えると、お客様はイケメンさんだった。

ぼ?っと目で追っていると、店の一番奥の席の方へと早歩きで向かっていった。

「エリカ!」
とそのイケメンさんは声を掛けた。
んをっ!?エリカの待ち合わせの人!?あの様子だと彼氏かなぁ。

「ロシュ!」
後姿のエリカは振り返る。
ろしゅ?だいぶ変わった名前しているなぁ。
あ、でも良く見るとハーフっぽい。

そして、エリカは立ち上がって
エリカの鼻とロシュさんの鼻がぶつかりそうな距離まで駆け寄って、彼の胸に両手の平を添えた。
彼はエリカの腰に両手を回している。


・ ・・あ、あの、お店の中で、そんな(汗)


こっぱずかしくて見てられませーん!!と思った瞬間、ニ人はチュッとキスをした。


きゃああ!!こっちが赤面するわッ!


っと、仕事仕事!!(汗)
ユリさんから「コレ、十三番ね!」と商品を渡された。
「十三番でお待ち方?!ギガマックスバーガーでお待ちの方??」
ん??ニ階かな??

エリカとロシュさんが手を繋いでこちらに向かってくる。お帰りのご様子だ。

エリカが繋いでいる反対側の手を振りながら
「じゃあね、かなこ。頑張ってね」
と囁く。
「エリカもがんばってね」
何はともあれ、上手くいったようで良かったよ。


「はーい!十三番。ここだよー!十三番はオレしかいないよー!」
と変な黒い服を着たオッサンが返事をしてきた。

「大変お待たせいたしましたぁー」とギガマックスを渡し、番号札を受け取った。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

五日目:奏湖編 12話

昨日は遅くまで働いて、深夜に帰宅。

今日は一日休み。
フと、紺色のアルバムが目の隅に映る。

手にとって開いてみる。

そこには、大学に入ってから今まで自分で撮った写真が貼ってある。



あ、みく子さんだ。

オレンジ色の髪を揺らしながら歌うみく子さん。

寄って撮ったものもあれば、遠巻きに聴衆の中に写って居るものもある。

おもいのほか、かなり枚数がある。



いつも人の輪の中心に居るみく子さんは、私の憧れだった。
明るくて、キレイで、誰からも好かれる。
そんなみく子さんに、私はなりたかった。


みく子さんを見ていると、苦しくなる時がある。
「あぁ、私はこんな風にはなれないんだ」と。
手を伸ばしても伸ばしても、届かない。
まるで叶わない恋のように。






アルバムのページを捲ると、自分で撮った風景写真。

活動的ではなかった自分が、カメラを持つことで外へ一歩踏み出すことが出来るようになった。

みく子さんと出会ったニ年前より、少しは成長したのかな?

私は私でいいんだって、少しだけ思えるようになった。
みく子さんにならなくていいんだって。



再び、みく子さんの写真。


明日は、ライブだ。
久しぶりにみく子さんの歌が聴ける。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

六日目:奏湖編 13話

みく子さんのライブ当日も、私はバイトだった。
もっと早く教えてくれれば休みをとっておいたのに。

ポスターに書いてある時間なら、間に合うみたい。よかった。


自動ドアが開く。
「いらっしゃいませ?♪」

三人グループのお客様。

「フィッシュ・バーガーとバニラ・シェイクください。」
「あたしも♪」
「俺コーラだけでいい。」

なんだかフィッシュ・バーガーって人気商品だなぁと思いつつも、お会計をする。
全部を揃えて席に持っていくことになった。


次々に来るお客様の注文に応えていると、奥の席で何か叫んでいる?
「・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・く子?
十月X日!今日じゃん!」

ん?みく子さんのポスターを見てる??

丁度その席の注文品が揃ったので、様子を窺いに持っていこう。

「お待たせしました。」

「いい!コレ君にあげる!」

三人組はすごい勢いで席を立ち、出て行ってしまった・・・。
もぅ、あたしそろそろ上がりなのに、仕事増やさないでよね!


すごすごとカウンターに入ると、ユリさんが「奏湖、もうあがっていいよ」と言った。

「え?あと十分くらいありますけど・・・」

「人件費削減。それにアンタ、今日なんか予定あるんでしょ?」

「・・・はい。ありがとうございますッ!」

そこから猛ダッシュで私服に着替えた。
あ、みく子さんへの差し入れ用意しないと。


さっきのお客様の残り物だけど、手を付けてないし、いいよね?

急いで紙袋に入れる。


「お先に失礼しますっ!お疲れ様でしたっ!」
ユリさんに声をかけると右手を上げて応えてくれた。


いつもの、あの飲み屋通り。
人だかりはもう、出来ていた。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

六日目:奏湖編 14話

紙袋の端を強く握る。

此処は路地のはずなのに、ライヴハウスにでも来ているような緊張感。
私なんでこんなに緊張してるんだろう?


周囲がざわつく。
知らない男の人と、一緒に女の人。
女の人は、みく子さんだった。

笑顔を振り撒きながら、人だかりの中心部へ向かっていく。
男の人からギターケースを受け取り、そこからギターを取り出した。

ゆっくりと、チューニングを始める。

「まだ??」

誰かが叫んだ。

「ごめん。あとちょっと待って。
 こう…パーマの角度が。」

右手でごめんねのポーズをしながら、申し訳なさそうにみく子さんが答えると、何人かが大爆笑した。

チューニングが終わり、ゆっくりと息を吐いてみく子さんは空を見上げた。
そのまま、右手で空を指差した。

辺りがシン…と静まり返る。

右手をギターに、目線を人だかりに戻すと、ゆっくりと言った。

「集まってくれてありがとう。
 それじゃあ、今夜の始まりの歌、いきますよ?」

あの小悪魔的な笑みの後、その声は、澄んで空に溶けた。

「1曲目…オレンジ」






緊張していた心に、馴染んでいくメロディだった。
温かく、強く、優しい。
私に大切な人が出来たら、こんな気持ちで向かい合いたい。
こんな気持ちで、隣に居たい。


「次はデュエットでいきまっす♪」

あ、私ほうけていたみたい。
今は何曲目なんだろう?

爪先立ちで奥を見ると、ちこさんがみく子さんの隣でギターの準備をしている。
おお!デュエット!

きっとみく子さんの声と、ちこさんの声はピッタリだ。
ニ人の歌を聴いたことがある私だから、期待が膨らむ。

ニ人がお互いにうなずき、前に向き直ると、ニ本のギターが音を響かせた。





うん、ハモりの部分もすごくキレイで、歌詞も素敵。
やっぱり思ったとおりだったなぁ。

全力で拍手!
っと、そうだ、コレ渡さなきゃ。フィッシュ・バーガーとバニラ・シェイク!


「ちょっ・・・・・・と、すみません。」

前の方を空けてもらって進み出る。

足元を見ていた私が顔を上げると、みく子さんがこっちを見ている。

あ、と思った瞬間、みく子さんが
「じゃあー、次は『バニラ・フィッシュ』って曲をやろうと思いまーす。」

みく子さんは、笑っているのにすぐ泣き出してしまうような表情で私を見た。
私を見たんだ、と思う。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

六日目:奏湖編 15話

『バニラ・フィッシュ』



深い 深い 深い 海の底

白い 白い 白い サカナがいる

いつも一人ぼっち 身を潜めて 紛れようとしている

そんなキミが気になってしょうがなかったんだよ


深い 深い 深い 海の底

甘い 甘い 甘い 香りがする

キミは自分で気付いていないようで

目を伏せて 黙ったまま じっとしている


ガラス玉のような 気泡のあいだ

涙は海に溶けてしまうけれど

水底に沈むキミに いつでも潜って 寄り添っていたいと思う



遠くで見守っているよ     バニラ・フィッシュ

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

六日目:奏湖編 16話

静かに曲が終わる。


私は目をいっぱいに開きながらフィッシュ・バーガーとバニラ・シェイクが入った紙袋をみく子さんに渡す。

出来るだけ下は向かないように、瞬きをしないように。

紙袋を渡すと、いつもみたいにみく子さんは目を輝かす。

「ホントいつも、ありがとうね、カナちゃん」

不意に私の目から、涙がこぼれた。


あれ、なんで泣いてるんだろう、私。

でも何故かもう、みく子さんには会えないような気がした。

私の憧れている、みく子さん。



私は何も言えずに、震える口元を押さえて人垣の後方へ下がった。

「次で、最後の曲です。」

残念そうな「えー?」という声と、拍手。

「今日、私が本当に聴いて欲しいのは、この歌です。
 曲名は…」


涙を拭い、みく子さんの方へ向き直ると、最後のコール。



「アリア」



空に伸び行く音―――

力強いのに儚くて、いっそう胸を締め付けられる。
漂う花の香りと夜気が、生まれる音を遠くまで運んでいく。



もう、みく子さんとは会えないんだろう。
それはどこか確信めいた予感で。


彼女に憧れ、何か自分にはないものかと探し回って、やっと思えたこと。

私は、私の心が見つけた風景を写真に残したい。


鞄から、いつも使っているカメラを取り出す。

そして最後の曲を歌うみく子さんに、静かにシャッターを切る。



たった一枚。

その写真は、私のアルバムの最後に貼られている。

書┃籍┃化┃第┃一┃弾┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ブログじゃ読めないおまけページが盛り沢山!M線上のアリア A巻 購入はコチラから!★
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ランキング参加中!感想の代わりにお願いします。

≪前のページ | TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。